どうもーhosyymoです。

天気のいい日、つい外で遊ぼうかなって考えたりしますよね!
『よし、今日は子供と一緒に外で遊ぶぞ~』なんて、切り出したものの

  • どこに行こうかな?
  • 何が楽しいのかな?

なんて躓(つまづ)いてしまうこともありますよね?

また、家を出たものの何も持たずに来てしまった。ということもあります。
そんな時に、つまらなかったで終わらせない方法があれば
試してみたくありませんか?

今回の記事では、手ぶらでも子供を喜ばせることができる外での遊びをまとめてみました!

参考にしてください!



子供が興味のあることを知ろう!見つけよう!

まずは、ここが大切です!
子供は、ほんの些細なことから興味っていうのは湧いてくるものです。

普段から、小さいことでもいいので声をかけていくのも大切です。
一般的に子供が好きであろうことをするのも間違いではありませんが、
子供にもそれぞれ、好きなことはあります。

  • 見つけることを楽しむ遊び
  • 動くことを楽しむ遊び
  • 触れて楽しむ遊び
  • 聞いて楽しむ遊び
  • 書いて楽しむ遊び

等があります。

これらは、聞いたり経験させたりしないと気づけないものです!
そうすることで、大人にも常に新しい発見があるでしょう。

もし、何を聞けばいいのか分からなければ、こんなことから始めてみてください!

  • 好きな色は何?→〇色!→その色はどんなものがあるのか見つけに行こう!
  • 外にはいろんな生き物がいるよ!探しに行こう!
  • カッコイイ車あったら教えて!
  • 車のナンバー全部足したらいくつ?
  • 葉っぱにはどんな形があるのかな?
  • 飛行機ってみたい?どれくらい大きいのかな?見に行こう!
  • この鳴き声って、何かな~?
  • 雲の形って何に見える?

こんなことを聞いて、興味を持つようなことがあれば、
それに関連することには興味を持ちだします。

※知っているからって、
いきなり難しいことをしゃべりだすと
興味をなくす原因にもなるので注意です!
子供に寄り添いながら、新しい発見を楽しみましょう!
意外と親のほうが気づくことが多かったりします!

無駄な出費を抑えるのも大切!

最初から外で遊ぶおもちゃを買いそろえて、遊びに行く方もいると思います。
もしくは、これから買おうとしてる方もいると思います。

どこに行くのかで、揃えるものは決めましょう!
公園に、たくさんの遊具がある場合などは、
持って行って後悔することにもなります!
遊具で満足してしまうからです!

何かを持っていくのは、その遊びをやりたいといった時にします。
やみくもにただ持っていってしまうと
ただの荷物になるからです。

おもちゃを買ってみたものの、最初の日だけ夢中になって、
次の日からは、全然興味がないなんてこともよくあることですね( ;∀;)

なので、余計なものは買わずにその分、貯金しましょう!
そして出かけるときは、いろんな新しい場所へ遠出をして、
子供の経験を増やすようにすることをおススメします!

子供と手ぶらで遊ぶ外遊びのオススメはこれ!

見つけることを楽しむ遊び

  1. 宝探し
    小さいお子さんがいる場合におススメする遊びです!
    親が、近くで子供を見守りながら遊べるからです。遊び方はこちらヒントを与えます!

    • 私は虫です
    • 触ると丸くなります
    • 土の中などにたくさんいます
    • 丸いことから,ある食べ物の名前が付いています

    答えはダンゴムシですね!
    それを見つけるゲームです。

    それは、難しいといった場合は、

    • 最初に何か見せます
    • これを、近くに隠します
    • ヒントを与えながら見つけさせます
    • 見つけたら今度は交代します

    これも、同じゲームになります。

    想像力や聞く力を養えるゲームとなりますので、会話も必然と増えます!
    関係をよくするためにもオススメのゲームです!

  2. かくれんぼ
    子供遊びの見つけるゲームでは、王道の遊びになります。隠れる人と、見つける人(鬼)に分かれます。

    • 時間を決めます。(100秒以内)
    • 鬼は目隠しをして数えます
    • 鬼は時間がたったら、『もういいかい?』と聞きます
    • 隠れる側が『まーだだよ』ときたら、また、鬼は数え直します(20秒)
    • 隠れる側が『もういいよ』となったら、見つけ出します。
      ※声の聞こえるところをよく探します。

    鬼に見つけられるスリルをも味わえる遊びですね。

    この遊びは、ある程度、子供が大きくなったらできる遊びです!

    デメリットとしては、会話が減ります。
    孤立する時間が多いからです!
    なので、子供から目を離せないうちはあまりおススメは出来ません!

動くことを楽しむ遊び

  1. 遊具のある公園に行く
    これは、間違いありません!
    遊ぶものが、もともと揃っているところに行くのですから
    もちろん何も必要ありません!
    手ぶらでもOKです。※危ないところや1人では出来ないところもあるので気を付けましょう。また、ほかの子に迷惑をかけないようしっかりとみてあげましょう!
  2. 追いかけっこ
    子供の体力がある限り、一番体力の消耗が早い遊びです。
    鬼が、追いかけて捕まえる遊びです。※道路などで行う場合は、飛び出し事故の原因とともなるので、
    注意を払って行いましょう!

触れて楽しむ遊び

植物や動物・昆虫などに触れに行くのがオススメです!

  • 葉っぱや花びらの手触り、表と裏の違い等
  • 散歩している犬や猫とのふれあい
  • 昆虫を捕まえに行く

これらをすることで、身近なものに興味が沸くようになります!

聞いて楽しむ遊び

音を聴いて、何か当てる遊びがオススメです!

鳥の鳴き声を聴いて、なんの鳥?とかきいてみます。
回答は名前ではなくても、答えることができたら褒めてあげましょう!

車の音を聞いて、後ろからくる車が大きい車か、小さい車か、バイクか、などを当てるゲームです!
子供だけで遊ぶ時の、危険予知の練習にもなりますのでオススメです!

書いて楽しむ遊び

砂場・土・道路に好きなことを書かせる遊びです!
道路ならチョーク、砂場や土では木の棒などを使用します。

顔や文字、創作の絵なんでも大丈夫です。
アパートや借家で家を汚したくない人には、特にオススメします!
枠もないので、すごい芸術作品が生まれるかもしれません。

書き終わったら、
写真に収めるだけで記録に残り、片づける場所もとりません!

せっかくのいい作品なのに、捨てるのはもったいないし
片づける場所もないんだよな~なんてことありますもんね!

まとめ

子供といざ遊ぶってなると、悩むことも多いと思います!
とりあえず遊ぼうだと、楽しめないで終わる場合もあります。

ちょっとしたことで、子供は喜ぶことが多くあります!
子供の喜ぶことを、見つけて知って、
せっかくの天気のいい日を、記憶に残る最高の日にしていきましょう!

※熱い時期は、最低でもタオルや飲み物は持参できるようにしましょうね。

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございます。
以上hosyymoでした!(^^)!