2020年4月7日(水)に政府が7都府県を対象に行った「緊急事態宣言」。
東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡が対象となり、宣言の効力は2020年5月6日までとなります。

今回の緊急事態宣言で対象区域に入らなかった愛知県は2020年4月9日、緊急事態宣言の対象区域入りを政府に求めたことを明らかにしました。

 

一体いつから愛知県も緊急事態宣言の対象区域に入るの?

そもそもなんで、政府の緊急事態宣言の対象区域から外れたの?
っていうか、愛知県大村知事の会見見てると「シーシー」言ってるの気になる(>_<)

そこで今回は愛知県の「緊急事態宣言」について、

  • 愛知県が県独自の「緊急事態宣言」を発令するのはいつ?
  • 愛知県が政府の緊急事態宣言の対象に入らなかった理由は?
  • 愛知県大村知事の4月9日の「シーシー」会見動画をご紹介!

という内容でご紹介していきたいと思います。



愛知県が県独自の「緊急事態宣言」を発令するのはいつ?

愛知県が県独自の「緊急事態宣言」を発令するのはいつなのか?

愛知県大村知事は2020年4月9日(木)の会見で、県独自の「緊急事態宣言」を発出時期を

2020年4月10日(金)の午後1時

と発表しました。

政府の緊急事態宣言の対象区域入りを要請しているとともに、合わせて愛知県独自の緊急事態宣言を発出する意向を示しました。

これにより、「国と県のダブルで対応できるのではないか。」というのが県の方針になります。

緊急事態宣言が発出されれば、

  • 不要不急の外出はすべて自粛
  • 日常生活に支障が出ないようにする
  • 県として封じ込めをしていく
  • 県民に一段と協力要請

などの内容について、現在よりもより具体的な方針が示されることになりますので、県の発表に要注目です。

 

 



 

 

愛知県が政府の緊急事態宣言の対象に入らなかった理由は?

愛知県が政府の緊急事態宣言の対象に入らなかった理由について、4月7日(火)の参院議院運営委員会では以下の2点を挙げています。

  • 感染者数は確かに多いが倍増するスピードは遅い。
  • 感染経路が分からない人の割合も比較的低い。

7日の参院議院運営委員会では、新型コロナ対応を担当する西村康稔経済再生相が愛知県が対象地区になっていないことを問われ、「感染者数は確かに多いが倍増するスピードは遅い。また、感染経路が分からない人の割合も比較的低く、今回指定しなくてもいいと判断した」と答弁した。

引用元:朝日新聞デジタル

 

 



 

 

愛知県大村知事の4月9日の「シーシー」会見動画をご紹介!

愛知県大村知事の発言している様子を見ると、合間合間に「シーシー」と聞こえてきて内容よりもそっちのほうが気になってしまったので、今回の愛知県緊急事態宣言に関する動画を例にご紹介します。↓

 

この「シーシー」に対するツイッターの反応も以下にご紹介します。

 

 

 

 

 

 



 

 

愛知県「緊急事態宣言」のまとめ

今回は愛知県の「緊急事態宣言」について、

  • 愛知県が県独自の「緊急事態宣言」を発令するのはいつ?
  • 愛知県が政府の緊急事態宣言の対象に入らなかった理由は?
  • 愛知県大村知事の4月9日の「シーシー」会見動画をご紹介!

という内容でご紹介しました。

新たな情報が入り次第、追記してまいります。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。