シャープは自身のWebサイトで2020年4月21日(火)から不織布マスク「MA-1050」の販売をスタートしました。

シャープという圧倒的な知名度と信頼からか、公式サイト「SHARP COCORO LIFE」はアクセス集中によりサイトにつながりにくい状況が続いています。

それにより、シャープのIoT家電の不具合が発生しているというのだから穏やかではありません。

 

そこで今回はシャープのマスクの販売でIoT家電が使えない件について、

  • シャープのマスクの販売でIoT家電が使えない?Twitterの反応もご紹介!
  • IoT家電とは?
  • シャープのマスクの販売でIoT家電の使えない機能は何?
  • 復旧のめどはいつ頃?

という内容でご紹介していきたいと思います。

マスク関連の記事はこちら↓

 



シャープのマスクの販売でIoT家電が使えない?Twitterの反応もご紹介!

”シャープのマスクの販売でIoT家電が使えない!”

シャープのマスク買いたさにネットを調べていたら、こんな情報が飛び込んできました。

「一体なぜ?」

そう疑問に思いさらに調べてみると、どうやらマスクを販売するシャープのサイト「SHARP COCORO LIFE」とIoTアプリで導入されている「COCORO ID」のログインサイトのプラットフォーム(データセンター)が同じだったために、「SHARP COCORO LIFE」のサーバーダウンによりIoTアプリケーションがログイン情報を認証できない事態が発生し、IoT家電の一部の機能に影響が出ているようなのです。

わかりやすい図解のツイートをご紹介↓

 

シャープ広報もJ-CASTニュースの取材に対し、「マスク販売の影響が出ている可能性がある」と回答し、その可能性について示唆しています。

シャープ広報はJ-CASTニュースの取材に、事象は把握しているとし、原因は「マスク販売の影響が出ている可能性がある」と話す。

引用元:J-CASTニュース

 

これに対するTwitterの反応をご紹介します。

 

「目の付け所がシャープ」じゃないって、座布団1枚!↓

 

 

便利な時代になったがゆえの弊害ですね↓

 

自動調理なべ「ホットクック」のアプリも使えなくなっているようです↓

 

 



 

 

IoT家電とは?

そもそもIoT家電って何?という方もおられると思うので、IoT家電についてご紹介します。

 

「IoT家電」とは

IoTは、Internet of Thingsの略(日本語でモノのインターネット)で、様々なモノがインターネットに接続され、互いに情報交換をするモノのネットワークのこと。

このネットワークを使った便利な家電が、どんどん世の中に出てきています。

各家電は、スマートフォンに専用アプリをインストールすることで、スマートフォンをリモコン代わりに家電を操作したり、家電の運転状況やデータをスマートフォンで管理・確認したり出来るようになります。

今は、スマートフォンによって操作する家電が多いですが、今後はモノとモノが繋がっていくIoT家電が増えていくことが予想されます。

引用元:ビックカメラ.com

スマートフォンをリモコン代わりにできるだけでなく、外出先からでもスマートフォンから冷蔵庫の中身をチェックできたりエアコンのスイッチを入れられるなど、IoT家電にはとっても便利な機能が備わっています。

IoT家電の接続方法についてもご紹介します。

IoT家電の接続方法は?

大きく分けてWi-Fi接続とBluetooth接続の2種類があります。

Wi-Fi接続は、Wi-Fiホームネットワークを使用して、屋外から屋内のIoT家電を操作する場合の接続方法として多く採用されています。

一方、Bluetoothで接続するIoT家電は、家電と家電を近距離(数メートル)で接続する方法となります。

Wi-Fiは、一度設定すれば後は自動で接続されるのに対し、Bluetoothは、接続の際にその都度設定をする必要があります。
引用元:ビックカメラ.com

外部からIoT家電を操作するには主にWi-Fi接続が利用されているということですね。

 

 



 

 

シャープのマスクの販売でIoT家電の使えない機能は何?

今回のシャープのマスクの販売の弊害で使えなくなったIoT家電の機能についてですが、IoT家電の特徴である

「スマートフォンに専用アプリをインストールすることで、スマートフォンをリモコン代わりに家電を操作したり、家電の運転状況やデータをスマートフォンで管理・確認したりする」

という機能全般が使えなくなっているようです。

なお、リモコンや直接機器を操作する分には家電の動作に問題はないのでご安心を。

 

要するに、「IoT家電」としては使えないけど、「普通の家電」としては使えるということですね。

 

 



 

 

復旧のめどはいつ頃?

いったい、シャープのIoT家電のサーバーはいつ頃復旧するのでしょうか?

今回のIoT家電の一部の機能が使えなくなっている不具合について、シャープは2020年4月21日時点で詳細を調査中だそうです。

シャープのサーバーがダウンしている現在、復旧のめどは立っていないそうなので新たな情報をただ待つしかありません。

シャープは21日10時からマスクを同社のサイトで販売しており、11時時点ではアクセス殺到のためか、閲覧できなくなっている。

詳細については調査中で、復旧のめどは立っていないという。

引用元:J-CASTニュース

 

COCORO PLUS (スマート家電関連)
cocoroplus.jp.sharp

COCORO MEMBERS (会員サイト)
cocoromembers.jp.sharp

 

 



 

 

シャープのマスクの販売でIoT家電が使えない件のまとめ

今回はシャープのマスクの販売でIoT家電が使えない件について、

  • シャープのマスクの販売でIoT家電が使えない?Twitterの反応もご紹介!
  • IoT家電とは?
  • シャープのマスクの販売でIoT家電の使えない機能は何?
  • 復旧のめどはいつ頃?

という内容でご紹介しました。

シャープのマスクに購入希望者が殺到したがゆえの、IoT家電の一部の機能が使えないという今回の問題もそうですが、感染拡大の混乱は一体、いつになったら収束されるのでしょうか。

新たな感染症の出現は太古の昔から続いていることなのに、なんで今回はここまで世界中をパニックに陥れてしまったのか・・・

やはり便利な世の中になったがゆえなのか・・

こんな時代だからこそ、「改めて一人一人が自分の行動や思考について考えろ!」と神様が言っているのか・・・

引きこもりを余儀なくされているためか色々考えさせられます。

1日も早くみんなが安心してどこにでも出かけられる世の中に戻りますように。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。