洋服の青山が、これから始まる本格的な夏に向けて「保冷剤入りマスク」の販売を決めました。

保冷剤入りマスク、暑い夏には必需品となりそうですが、だからこそ争奪戦になりそうな予感…。

ここでは、洋服の青山が販売する「保冷剤入りマスク」について、詳しく紹介していきたいと思います。

暑い夏でもマスク必須の現代だからこそ、気になる保冷剤入りマスク!

一体どんなマスクなのか、重さはどのくらいなのか、どこで買えるのかなど、調べてみました。



洋服の青山の保冷剤入りマスクとは?

洋服の青山の保冷剤入りマスクは、文字通り「内側のポケットに保冷剤を入れることのできる」マスクのこと。

夏場のマスクは、蒸れて本当に辛いですよね。

そんな暑さを少しでも軽減するため、保冷剤を入れて使用することができます。

保冷剤を入れると-10度くらいの冷却効果があり、その効果は30分ほど続きます。

もちろん、その他にも魅力的なポイントがたくさん!

  • 長時間に渡って高い抗菌、抗ウイルス効果を発揮する
  • 汗などのニオイを軽減する、消臭効果
  • 汚れを防ぐ効果
  • 静電気によって付着した花粉やほこりなどを落としやすくする効果

マスクは毎日使うものだからこそ、抗菌や抗ウイルス効果などが続くのはありがたいですね。

洋服の青山の保冷剤入りマスクは、もちろん洗って何度でも使うことが可能です。

マスクの大きさは【ふつう】【やや小さめ】の2種類で、通常のカラーは白、ネイビー、グレー、ライトグレーの4つがありますが、抽選販売の対象となっているのは「白」のみです。



洋服の青山の保冷剤入りマスクは重い?

洋服の青山の保冷剤入りマスク、夏にはとても魅力的ですが、気になるのはその「重さ」ですよね。

普段は布1枚のマスクを使っているわけですから、そこに保冷剤が入ればそれなりに重くなるわけですが…。

重くて疲れて使えないのでは、せっかくの保冷剤入りマスクも意味がありません。

洋服の青山の保冷剤入りマスクの重さはというと、保冷剤が10グラム。

その10グラムの保冷剤が2つ入っているので、いつも使っているマスクよりも20グラム重くなる感じですね。

また紐の形状によっては耳に負担がかかりそうなので、マスクの形状によっても変わってきますよね。

慣れてしまえば気にならない程度の重さですが、最初のうちは「重い」と感じる人もいるかもしれません。

洋服の青山の保冷剤入りマスクは、どこで買える?

洋服の青山の保冷剤入りマスクは、7月11日から店頭にて販売する予定でしたが、販売前から予想以上の反響。

販売当日の通販の混乱を防ぐため、【抽選販売】に変更になりました。

受付は洋服の青山の通販サイト。

洋服の青山通販サイトはこちら

抽選は全部で3回行われ、第1回目の抽選受付は【7月9日(木)10時~7月13日(月)23時59分】までです。

先着ではないので、慌てずに申し込んでくださいね。

計3回の抽選で、合計17,000枚のマスクを販売するそうです。

ちなみに価格は790円です。


洋服の青山の保冷剤入りマスクの口コミを調査

それでは最後に、洋服の青山の保冷剤入りマスクの口コミをご紹介します。

保冷剤入りマスクが気になっている人は多いようです。


確かに冷たいのが30分というのは、やや短い、物足りないと感じてしまうかもしれません。

保冷剤入りなんて重いのでは?という口コミもありました。

やはり保冷剤入りマスクが気になっている人は多いようですね!

ただ、冷たいのが30分では短すぎるという意見もありました。

何度も使えるとはいえ、外に長時間いるときなどは確かに30分では短いかもしれませんね。


洋服の青山だけではない!保冷剤入マスクを紹介

洋服の青山以外にも保冷剤入りマスクが販売されているので紹介します。

 

 

 

 



保冷剤入りマスクの重量は重い?まとめ

洋服の青山が販売する、保冷剤入りマスクについてご紹介しました。

これからくる夏に備えて、保冷剤入りマスクをゲットしておくのもいいかもしれませんね。

保冷剤を入れなければ、1年を通して使えるというところも魅力的です。

私も、ためしに抽選販売に申し込んでみようと思います。