野球阪神・西勇輝投手の経歴(成績)は?年俸はいくらもらってる?オリックス入団からの年俸推移についても調べてみました!

プロ野球の選手の中では、『1億円プレーヤー』はかなりのステイタスです!

知名度・成績・貢献度・タイトルの有無など、加味されるポイントは
たくさんありますが、わたし個人の意見としては、
選手の将来性』も大きなウエイトを占めているように感じます(*^▽^*)

現在のNPBのチームの中にはたくさんの『1億円プレーヤー』がいますが、
その中でも、今回は、2019年に阪神タイガースに移籍した、
西勇輝』投手にスポットを当てていきますね(*^▽^*)

この記事では、西勇輝投手の
・経歴と成績
・現在の年棒額
・オリックス~阪神入団~現在までの年棒額の推移
・阪神タイガース・西勇輝投手のプロフィール

をご紹介します(*^▽^*)



阪神・西勇輝投手の経歴(成績)は?

西勇輝投手は、高卒後の2009年にオリックスバッファローズに入団してから
現在まで、11年間活躍しています(*^▽^*)

そんな西勇輝投手の経歴(成績)を一覧表にしてみました!

所属球団 登板数 勝敗 勝率 イニング数 防御率
2009年 オリックスバッファローズ 3 0勝0敗 0.000 4 0.00
2010年 オリックスバッファローズ 18 0勝0敗 0.000 31.2 3.41
2011年 オリックスバッファローズ 25 10勝7敗 0.588 130.2 3.03
2012年 オリックスバッファローズ 19 8勝3敗 0.727 123 2.78
2013年 オリックスバッファローズ 28 9勝8敗 0.529 166 3.63
2014年 オリックスバッファローズ 24 12勝10敗 0.545 156 3.29
2015年 オリックスバッファローズ 24 10勝6敗 0.625 162.2 2.38
2016年 オリックスバッファローズ 26 10勝12敗 0.455 165.1 4.14
2017年 オリックスバッファローズ 17 5勝6敗 0.455 117.2 3.44
2018年 オリックスバッファローズ 25 10勝13敗 0.435 162.1 3.60
2019年 阪神タイガース 26 10勝8敗 0.566 172.1 2.92

高卒のルーキーイヤーと2年目は勝ち星こそありませんが、順調に登板回数・
投球イニング数を重ね、3年目にはプロ入り後初の2桁勝利を記録しています!

西勇輝投手の投球フォームは、『スリークォーター』と呼ばれる
アンダースローとサイドスローの中間から球を投げるという
独特のフォームから、球速141㎞/hをアベレージとする球速を誇ります(*^▽^*)

球種は、シュート・スライダー・カーブ・チェンジアップ・フォークがあり、特に
『シュート』は高く評価されています!

内角を強気で攻めるスタイルのため、やや与死球が多いのが気になりますが…(*_*)


阪神・西勇輝投手の年俸はいくらもらってる?

オリックスからFA権を使って他球団と交渉していた西投手ですが、
2018年にオリックスから提示されていた年棒額はサンケイスポーツの記事によると、
4年8億の複数年契約ということでした。

阪神タイガースの提示した年棒額は、4年10億の複数年契約。

東スポによれば、2019年末の契約更改では年棒2億円+出来高制で
契約更改したとの報道がありましたが、産経オンラインのニュースによると、
契約額は2億円という報道がありました。

『出来高給』というのは、所属の球団や、ポジションによっても査定項目は
変わりますが、
投手で言えば、
・勝敗
・勝率
・奪三振の数
・獲得のタイトル

などが大きく関係していると思います。

なぜこのような言い方になるかというと、
・シーズン中に〇勝したら○○万円
・シーズン中に三振を〇〇個取ったら○○万円
というように
明確に決まっていないからです。

『出来高給』はあくまでも、『球団が考える成績以上の成績』を記録することが
前提になっているように感じます。

年棒額はあくまでも推測でしかありませんが、今年の西勇輝投手の成績次第では
2億円+MAX出来高給になるかもしれませんよ(*^▽^*)


阪神・西勇輝投手のオリックス入団からの年俸推移についても調べてみました!

※実際のニュースとも関連付けて説明していきます!
そうすると本当だと分かりやすいですね!

西勇輝投手 年度別年棒額の推移表
  所属球団 勝敗 勝率  年棒額 増減額
2009年 オリックスバッファローズ 0勝0敗 0.000 500万円 △▼ナシ
2010年 オリックスバッファローズ 0勝0敗 0.000 600万円 △100万円
2011年 オリックスバッファローズ 10勝7敗 0.588 1300万円 △700万円
2012年 オリックスバッファローズ 8勝3敗 0.727 3000万円 △1700万円
2013年 オリックスバッファローズ 9勝8敗 0.529 4600万円 △1600万円
2014年 オリックスバッファローズ 12勝10敗 0.545 5500万円 △900万円
2015年 オリックスバッファローズ 10勝6敗 0.625 9500万円 △4000万円
2016年 オリックスバッファローズ 10勝12敗 0.455 1億2000万円 △2500万円
2017年 オリックスバッファローズ 5勝6敗 0.455 1億3000万円 △1000万円
2018年 オリックスバッファローズ 10勝13敗 0.435 1億2000万円 ▼1000万円
2019年 阪神タイガース 10勝8敗 0.566 2億円 △8000万円

この一覧表でわかるのは、西勇輝投手は、順当に成績を残したため、それに伴って
年棒額で球団から評価されていた、ということの表れだと思います(*^▽^*)

ちなみに2009・2010年に関しては、年棒額に対するニュースがほとんど見つけられませんでした(-_-)

これが2011年になると、開幕4連勝や、
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/05/09/kiji/K20110509000782950.html

プロ初勝利を手にしています(*^▽^*)
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/04/18/kiji/K20110418000649460.html

2011年はプロ入り後初の2桁勝利・勝率も.588と、かなりの好成績でした!
そのため2011年の年末の契約更改では、前年度から+700万円の大幅UPを
獲得しています!

2012年の契約更改では、+1700万円のUPでした。
年間の成績もありますが、一番の要因は、絶対これでしょう(*^^*)

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/08/kiji/K20121008004285710.html?feature=related
自身初のノーヒットノーラン!!初完封!!

・2017年の契約更改時のコメント
https://www.buffaloes.co.jp/team/contract/2017/1204.html

・2019年の契約更改時のロングインタビュー
https://hanshintigers.jp/news/topics/info_6627.html


阪神・西勇輝投手のプロフィール

この投稿をInstagramで見る

 

本日29歳迎えました。 これからも 人生を楽しめるように行きたいです。 28歳はすごく濃い一年でしたけど 29歳の1年も すごく充実した年にしたいです。 これからも 変わらず応援 よろしくお願いします🥺 p.s 12月6日の トークショーはゲストくるから たくさんの応募する人多いかもですけど 4日は 僕だけですけど その日はその日しか 味わえない 凄いことがありますし 6日には ないことなので 是非応募してくださいね。😉 凄いことは来た人しかチャンスありません 内容は内緒です。 では。

西勇輝(@16_nishiyuki_official)がシェアした投稿 –

西勇輝投手のプロフィール
生年月日:1990年11月10日生まれの29歳。
出身地:三重県三重郡菰野町出身
2008年のドラフト会議でオリックスバッファローズから3巡目で指名されて入団
身長/体重:181㎝・80㎏
右投げ・右打ち

プライベートでは2016年に一般女性と結婚していたことを公にしています(*^▽^*)

2019年のドラフトで阪神タイガースに1位指名された西純也選手は、遠縁にあたります。


まとめ

今年は東京オリンピックも開催予定になっていて、野球も正式種目となっているので、
たくさんの選手の活躍が期待されていますね(*^▽^*)
その中でも、先発投手として最も期待されているのが『西勇輝投手』だと思います!

レギュラーシーズンでも大活躍している西勇輝投手ですから、
オリンピックでも大きな期待が寄せられています!

みなさん!!全力で応援しましょう(*’ω’*)