ただでさえ暑いのマスクで夏を過ごすなんてうんざりです。
マスクをしながら暑い夏を乗り切る方法はないのでしょうか?

そんなときに涼しい風を送ってくれる「首かけ扇風機」というものがあります。
熱のマスクの熱中症対策に「首かけ扇風機」を上手く活用しましょう!

マスクにプラスひとアイテムで、今年の夏を乗り切りましょう!

>>>楽天で「首かけ扇風機」の検索結果はこちら!

今回は、
・ 首かけ扇風機は夏のマスクの熱中症対策ができる?
・子供が首かけ扇風機を学校へつけて行くのはあり?

この内容について調べました。



首かけ扇風機は夏のマスクの熱中症対策ができる?

首かけ扇風機は夏のマスクの熱中症対策ができるのでしょうか?

35℃以上の気温の中で使用するのは危険という意見もあります。
熱い空気の中で使うとドライアーの熱風を顔や首にかけるのと同じになるのです。
しかも汗だけ乾いて、直射日光が当たることで危険が増す可能性もあり、脱水症状を引き起こすこともあります。

「汗は蒸発するときに、体から熱を奪い、体温を下げる役目をします。だが、高い外気温のなかで扇風機だけを使うと、熱を奪う前に汗だけが乾き、体温は上がったままになる。脱水症状を引き起こし、重症化すれば命の危険もあります」

引用:https://dot.asahi.com/wa/2019082800075.html?page=1

 

では首かけ扇風機を上手く使って、熱中症対策として役立たせるにはどうしたら良いのでしょうか?
それには、水を霧吹きで首や顔にかけると良いそうです。
マスクに少し水をかければ、首かけ扇風機で風を送ることで涼し風が温度を下げてくれます。

水を霧状に噴射するスプレーボトルやぬれタオルを一緒に使うことが重要だという。ぬらした肌から水分が熱を奪って蒸発してくれるからだ。液体を噴射するタイプの化粧水の空き瓶に、水を入れて持ち歩くのもおススメだ。

引用:https://dot.asahi.com/wa/2019082800075.html?page=2

首かけ扇風機を上手く活用すれば、熱中症対策になるということですね。



子供が首かけ扇風機を学校へつけて行くのはあり?

マスクをさせて暑い夏の学校へ行かせるのは、親として不安だと思います。
少しでも快適に授業を受けたり、通学ができるように首かけ扇風機をつけて学校へ行かせたいですよね。

 

こんな時だからこそ、熱中症対策グッズとして首かけ扇風機を認めてほしいですね。

 

ハンズフリーだから、勉強中も不便なしです。

https://twitter.com/sIDz77TZtVj9Kaa/status/1267296701057925120

 

エアコンがないときには首かけ扇風機がかなり役立ちそうですね。

https://twitter.com/h15ECtSwTkDew02/status/1269189846490202112

 

首かけ扇風機を学校へつけていくのは、難しいかもしれませんが子供の健康を守るために学校へ問い合わせをすることは大切だと思います。



まとめ

今回は、
・ 首かけ扇風機は夏のマスクの熱中症対策ができる?
・子供が首かけ扇風機を学校へつけて行くのはあり?

この内容について調べました。

首かけ扇風機は使い方を間違えると危険な場合があります。
霧吹きで水を顔や首にかけることで、首かけ扇風機は熱中症対策に役立ちます。

今年の夏の熱中症対策として首かけ扇風機の購入を検討してみてくださいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

マスクにプラスひとアイテムで、今年の夏を乗り切りましょう!

>>>楽天で「首かけ扇風機」の検索結果はこちら!