現在、東京都の知事選挙が、6月18日に告示となり、主となる5名の候補に注目が集まる中、それぞれの立候補者達が戦いを開始しました。

政策の論点は主に新型の感染症の対策に言及し、各立候補者の視点で東京都の課題に持論を展開、支持者に対しアピールをはかり、さらなる支持拡大に奮闘しています。

その中でも、都知事選へ立候補した「れいわ新撰組」の代表を務める山本太郎氏が盛り上がっています!

山本太郎氏の動機については、政界に入った理由は、

  • 困っている人を政治の力でなんとかしたい
  • 困っている人を救っていきたい

と語っています。

「誰も失業させない、誰も倒産させない。東京都知事ならそれができる」
そのチャンスがこの東京都知事選と捉えて、立候補した事を明かしています。

日頃から、「総理大臣を目指している」と主張している山本太郎氏は、来たる衆院選が迫る中ではあるが、今の自分に何が出来るかを考え都民の皆さんの力になりたいと演説しています!

山本太郎氏は都知事選に当選して、東京を救って行きたいと本気で断言しています!

本当に大丈夫なのか?
どんな公約でどんな世間の反応があるのでしょうか?

この記事では、

  • 山本太郎の都知事選の公約は?
  • 山本太郎の街頭演説や記者会見の動画を集めてみました!
  • 山本太郎の都知事選立候補について世間の声は?

で調査してみましたので、ご紹介していきます!



山本太郎の都知事選の公約は?

緊急政策と題して大きく8つの公約を掲げています。

  1. 東京オリンピック・パラリンピック中止。
    →1年後の開催は困難であり、国民の安全を優先する観点で中止を主張しています。
  2. 総額15兆円で、国民の感染症での損失を徹底的に底上げ。
    →コロナ第2波がくれば、
    ●東京都の都民全員に10万円をもう一度給付する
    ●授業料の免除や企業や事業主へ前年度からのマイナス分補填を全額行う
    とかなり手厚い内容になっています。
  3. 都の職員3000人増員ロスジェネ・感染症失業者に職を。
    →失職した人達を再雇用し安定的に働ける環境作りを主張しています。
  4. 低廉な家賃で利用できる住宅を確保「住まいは権利!」を東京から。
    →東京都の住宅の空き部屋を有効活用し、安い家賃で提供できる事を主張しています。
  5. PCR検査・隔離・入院体制を拡充 都立病院の独立行政法人化は中止。
    →感染症の感染リスクの高い職種や関係者に順位をつけ、優先的に検査が受け安くする事と入院・検査体制を良くする事を主張しています。
  6. 都圏直下地震・大水害から都民を守る。
    →防災庁という東京都独自の機関を設置し。専門的に防災に取り組んでいく事を主張しています。
  7. 障がい者のことは障がい者で決める東京。
    →個々のニーズや障害がい者各人にあった介護を保障していく事を主張しています。
  8. 保健所・特養の増設 介護・保健所の処遇大幅改善。
    →待機児童・高齢者をなくす為に、施設の人員を増員し、関係職の給与の保障を全国的に平均な水準までにする事を主張しています。

特に強く主張しているのが東京五輪中止と15兆円の都債を使っての大きな経済対策になっています。

感染症の影響で苦しんでいる人達と直接の関わりで感じた事や現東京都に対して対応の悪さなどを具体的な数字と経験談で感情的に訴えています。

次は、記者会見の動画と街頭演説の動画をご紹介します。



山本太郎の街頭演説や記者会見の動画を集めてみました!

・街頭演説動画
→6月18日 第一声

→6月19日12:00

→6月20日15:00

→6月21日19:00

●記者会見動画

山本太郎氏は、以下のような振り切った政策を打ち出しています。

  • オリンピックやパラリンピック東京大会の中止
  • 第2波がくれば、都民全員に10万円を給付する
  • 学費無料

それらの財源は15兆円もの都債(地方債)の発行でまかなうとの公約内容で感染症を災害に認定する事で実現が可能との事でした。
しかも総務省にも確認済みと折り紙付きの制作となっていましたが、一部専門家からは否定的な意見もあります。

では、世間の山本太郎に対しての声はどうなんでしょうか?



山本太郎の都知事選立候補について世間の声は?

なんと!立憲民主を離党された須藤元気さんより応援のメッセージが‥
応援演説中の風景でワンショット

・地上波の報道は一切ないにもかかわらず、すごい観衆ですね!半信半疑で赴いたのか、たまたま街頭演説に出くわしたのかはわかりませんが、本人の話を直接聞いて納得できた方のツイートですね!

女性の声

確かに勢いは伝わりますよね。

熱いっていうのはよくわかります!!若いしね!!

情熱はすごい伝わりますね!!熱量がすごい。

男性の声

学費免除はめちゃめちゃありがたいですね。

第二波のあとも都知事になったら一律給付金10万円。これはぜひ実現してほしい。

話題性ががあって人が集まるからなんですかね・・


男性と女性をくらべると、やはり男性のツイートを多くみかけました。

男性と女性では、視点は全然違うので内容も違いがでてますね!

もちろん一定数は批判の意見もありました!

これからどんどん、盛り上がっていく印象を強く感じました。



まとめ

以下で記事の内容をまとめてみました。

  • 山本太郎の都知事選の公約は?
    →大きく8つの公約をかかげているが
    特に強く主張しているのは東京五輪の中止と15兆円の大規模な経済対策。
  • 山本太郎の街頭演説や記者会見の動画を集めてみました!
    →各回を見ても、まったく公約の内容はブレずに堂々と演説をしている姿は流石の一言です!
  • 山本太郎の都知事選立候補について世間の声は?
    →賛否両論ではありますが、山本太郎の話を直接、聞いた人は応援したくなるとTwitter上ではたくさん確認できました。

東京都知事選はこれから益々、盛り上がってきそうです。
現職の小池知事や新しく結成されたホリエモン新党という党は3名候補者を擁立して都知事選に臨んでいるようです!

投票にいく際は、有権者の声を形にしてくれる候補なのか自分でしっかりと政策を聞き、人を見て確認してみてくださいね。