菅田将暉さんと小松菜奈さんw主演の映画「糸」が2020年8月21日(金)から公開されています。

実は私も先日映画を観に行って来ました!
中島みゆきさんの楽曲「糸」と壮大な美しい自然が、この映画を盛り立てていましたよ。

北海道や沖縄、シンガポールと、たくさんのロケ地があって、美しい画像を見ているだけでも楽しめる作品でした。

そこで今回は

  • 映画「糸」のロケ地・北海道や沖縄の場所はどこ?
  • 映画「糸」の花火が上がったラストシーンの撮影場所はどこ?

について紹介していきます。
これから映画「糸」を観に行く予定の方は、特に記事をチャックしてみて下さい。



映画「糸」のロケ地・北海道や沖縄の場所はどこ?

映画「糸」は、平成生まれの2人・高橋漣と園田葵が長い年月をかけて時代に翻弄されます。

中学生の初恋から31歳まで運命の糸が絡まり、そして最終的に運命の相手に届く素敵な物語となっています。その中でも、ロケ地の美しさは印象的でした。

そんなロケ地を、紹介していきますね。

チーズ工房NEEDS

高橋漣役の菅田将暉さんが働いていたチーズ工房。
帯広の東隣にある幕別町の、市街地から外れた農村地帯にあります。

「チーズ工房NEEDS」内での撮影風景です。

チーズ工房でのシーンです。

すすきの0番地路地裏

中学時代に漣と葵が再会するシーンが撮影された「すすきの0番地路地裏」

高橋漣と園田葵子の子役が出演していたロケ地です。
この画像は子役の南出凌嘉君です ↓



函館空港

搭乗客と見送りに来た人がガラス越しにお互いを見ながら受話器で会話できる「もしもしコーナー」
漣と葵も、ここで最後のお別れをしました。

函館空港です。

富良野・ラベンダー畑「ファーム富田」

映画のCMに使われていた画像です。

富良野のラベンダー畑はこのバックに使っていました。



深川市立病院

深川市立病院です。
榮倉奈々さんの出産シーンに使われました。
菅田将暉も来ていたみたいですね。

さて、ここからはシンガポールと沖縄のロケ地を紹介します。

葵役の小松菜奈さんが、シンガポールで企業するストーリー。
山本美月さんと高杉真宇さんが出会うシーンで、シンガポール空港です。

沖縄・古宇離島近辺
小松菜奈さんと斎藤工さんが、沖縄に移住するシーンです。

美しいロケ地がたくさんありました。
今後も分かり次第、ロケ地の追記をしていきます。



映画「糸」の花火が上がったラストシーンの撮影場所はどこ?

映画「糸」のラストシーンは、一番感動しました。

津軽海峡フェリー函館ターミナルで、大勢の人の中から漣と葵がお互いを探し合うシーン。
出会い、抱きしめ、花火が上がる・・という感動のシーンでした。

ここで、漣と葵が再開して抱き合うシーンで花火が上がります。
めっちゃ素敵でしたよ。

沖縄の海が綺麗で観光に行きたくなりましたよ。



まとめ

映画「糸」は週末観客動員ランキングで、第1位(8/22~23)になりました!(興行通信社調べ)

私も、この映画を観て、めっちゃ感動して泣いてしまいました。

撮影された北海道上富良野町がロケ地MAPを作成されたそうです。
ロケ地のほかに上富良野町の肥沃な大地が生み出す人気の北海道グルメなども掲載しているとのこと。
観光で訪れる時は、ロケ地MAPを活用したいですね。

映画のストーリーも面白かったのですが、とにかく美しいロケ地に魅了された私でした(笑)