東京都知事選の告示を2020年6月15日に控え、15人が立候補を表明しています。

現職の小池知事も再選を目指して立候補することを表明している他、注目の堀江貴文(ほりえたかふみ)こと「ホリエモン」が出馬するのか気になるところですね。
堀江貴文氏の出馬判断について、告示直前の17日になるとの見通しを示しています。

そんなホリエモンについて、メンタリスト DaiGoがYoutubeで熱く語っていました。

そこで今回は

  • メンタリスト DaiGoの「都知事選」ホリエモンが負けても得する3つの理由まとめ!
  • 「都知事選」ホリエモン新党に出馬する可能性は?

について紹介していきます。

ホリエモンが仮に東京都知事になったら、政治に興味のない若者も少しは興味を示すようになるかもしれませんね。



メンタリスト DaiGoの「都知事選」ホリエモンが負けても得する3つの理由まとめ!

それではメンタリスト DaiGoがYoutubeで「都知事選」にホリエモンが負けても得する3つの理由について語っているので紹介していきます。

ご存知の方が多いと思いますが、メンタリスト DaiGoは外資系企業の研修やコンサルなどを行う傍ら、YouTuberでもあります。私はDaiGoが好きでYoutubeのチャンネル登録をしています。
そこで語っていたホリエモンの都知事選についてシェアしていきますよ。

「ホリエモンさん都知事選に出て!」とファンが多いですね ↓

ホリエモンはすでに都知事選を断念しているとの声もありますが、DaiGoの「都知事選」にホリエモンが負けても得する3つの理由について以下のように語っていました。

賛否両論マーケティングでホリエモンは都知事選で非常に得をします。
反対する人も賛成する人もYoutubeでは1アクセスです。
そのことを踏まえ、以下の理由について考えていきましょう。



① 堀江アンチが資金源になる。

経済的に社会が混乱した状況になると、政治に興味のなかった人のフォロワーが入って来る

出馬しなくても出馬の手前まで発言していればお金もかからないし、フォロワーも増える

出馬するのかしないのか中途半端にしておくと、どちらも分からない確定していない情報に興味を持つ

② メディアやトレンドを一定期間占有できる

  • 経済に安心していると、一般大衆は政治に関心を持たない
  • コロナの影響で経済が不安で、政治に興味を持つ人が増えている
  • それによって、アクセスやトレンドを一定期間占有することができる
  • 政治系の意見を発信をする著名人をメディアが取り上げる
  • 当選しようと思っていないのだったらかなり合理的

③ 失うものがない

  • 堀江さんが出馬する最大のリスクは、都知事に当選すること
  • 自由なライフスタイルを持っているのに、それを捨ててまで都知事になるとは思えない
  • 逆に勝利するリスクはある

この3つが「都知事選」ホリエモンが負けても得する3つの理由です。
さすがホリエモンだと思いました。



「都知事選」ホリエモン新党に出馬する可能性は?

ここまでのDaiGoのホリエモンを考察した内容が面白かったですね。
的確で確かにと思っちゃいました。

果たして、ホリエモンは東京都知事選に出馬するのでしょうか。

先程のDaiGoのYoutubeでは混乱している世の中だけに、ホリエモンが都知事選に勝つ可能性は分からないと言っています。
SNSでフォロワーを増やすだけの作戦かもしれませんね。

ホリエモンの出馬判断について、告示直前の6月17日になるとの見通しなので、もう少し様子を見てみることにしましょう。
それにしても、ホリエモンやDaiGoの才能は素晴らしいですね。

増々ファンが多くなってくると思います。

こちらが「堀江貴文」さんの負けても得な理由3つの理由」↓



まとめ

メンタリスト DaiGoの「都知事選」ホリエモンが負けても得する3つの理由まとめ!新党に出馬する可能性について紹介しました。

「都知事選」ホリエモンが負けても得する3つの理由

  • 堀江アンチが資金源になる。
  • メディアやトレンドを一定期間占有できる
  • 失うものがない

都知事選に出馬するかどうかの可能性はないと思いますが、今後のホリエモンの様子を見てみることしましよう。
東京から地方に良い流れがを作って欲しいと思っています。