最近、学校が休校になって家の中で過ごすことが多いお子さんがたくさんいると思います。

そんな方におすすめのTwitterで配信している動画があるんですよ。

Tリーグの日本ペイントマレッツが「ミニ卓球講座」を動画配信しています。

地域によっては施設も使えなくなって運動不足の方や卓球がしたくてもできない、なんて方におすすめです。

そこで今回は

  • 家でできる「ミニ卓球講座」の配信はいつまで?
  • ミニ卓球講座の第1回目から2回目の動画や内容は?

について紹介していきます。

私も卓球経験者として、「ミニ卓球講座」を視聴してみようと思います。

 



家でできる「ミニ卓球講座」の配信はいつまで?

 

「ミニ卓球講座」の更新時期は不定期で春休みまで配信する予定です。

「春休みまで」とは、入学式の前日4月5日ごろかと思います。

後ほど記入してありますが、三原監督は春休みが終わってもトレーニング動画の配信などを続けていきたいと語っていました。

このミニ卓球講座は三原孝博監督がみずから講師をしています。

 

右の方が三原孝博監督です ↓

この投稿をInstagramで見る

 

📸今日のベストショット📸 . #Tリーグ 2ndシーズンを前に、📍品川プリンスメインタワーで、Tリーグ主催の開幕前記者会見が開かれました‼️ . そこで、Tリーグ男子の #琉球アスティーダ の #張一博 監督が、ライバルチームは❓の質問に「(Tリーグ)女子の人気を奪いたい」と回答😆 . 会見後、「お互い頑張っていこう」と張監督と肩を組む #三原孝博 監督の一枚‼️ . 記者会見の様子や、イケメン登場のスペシャルコラボ動画は、#日本ペイントマレッツ の公式Twitter(@NPHD_Mallets)をチェック✔️✔️✔️ . #卓球 #張監督しゃがんでくれてる

日本ペイントマレッツ(@nphd_mallets)がシェアした投稿 –

三原孝博監督は女子日本代表やJOCエリートアカデミーなどで指導経験があり、現在は日本ペイントマレッツの監督に就任しています。

ちなみにJOCエリートアカデミーとは、年少の競技者が将来的にオリンピックをはじめとする国際競技大会に手活躍できるよう、一貫して育成するために日本オリンピック協会が設置した組織です。

このような実績のある方から、動画を通して卓球を学ぶことができるんです。

これってとてもラッキーなことではないでしょうか?

卓球好きの方ならこんなチャンス逃す手はないです。

 

卓球男子

 

ミニ卓球動画の内容は、先ほどお伝えしたように三原監督みずからが実演やアドバイスを行っています。

自宅にいながら、動画を活用した自主練習ができるように配信をしています。

三原監督は春休みが終わっても、トレーニング動画の配信などを続けていきたいと語っていました。

それでは動画の内容について紹介しますね。



 

ミニ卓球講座の第1回目から2回目の動画や内容は?

 

それではミニ卓球講座の動画を紹介していきますよ。

第一回目の内容は「キーワードはボール6個」と称して多球練習について説明しています。

第一回目のチャレンジは「片手でボール6個をつかむ」です。

この練習は、日本や世界のトップの選手が日々行っている練習なんだそうです。

普通ならボールを一個ずつ持ち、打っていく練習をしそうなものですが三原監督は言います、これでは多球の練習にならないそうです。

確かにボールを一個ずつ持って、打っていく流れでは時間がかかりますよね。

キーワードにあるように、球を一個ではなく6個つかんだ状態で連続して打ち続けています。

 

第2回目の内容はサーブの練習です。

第2回目のチャレンジは「下回転のサーブでボールをまっすぐ引き戻す」です。

下回転のサーブについての説明で、卓球台がなくてもできる練習方法を紹介しています。

動画では三原監督が下回転で切って、約2メートルくらい先の床に飛ばしたボールが、スルスルと自分のところに戻ってきていました。

私は卓球経験者でこの練習をしていたことがあり、この行為がとってもすごいのがわかります。

思わず「すげえ」とつぶやいてしまいました。

 

3月14日現在は番外編も紹介されています。

番外編のチャレンジは「ラケットを作ってみる」です。

ダンボールで挑戦!自分だけのラケット作りが紹介されていました。

用意するものはダンボール、はさみ、ボンド、ラバー代用品(100均の鍋敷きなどでも可能)です。

これなら卓球をしたことがないお子さんでも、親子で楽しめるのではないでしょうか?

となみに、段ボールの卓球ラケット大丈夫?と思っていましたが、ラバーは本物を使っていたので結構本格的にできそうですね。

 

卓球動画

 

ちなみに、ミニ卓球講座は、特にこんな人に視聴していただきたいですね。

  • 休校になって家の中で過ごすことの多い児童
  • 卓球大会に参加できずにウズウズしている学生
  • 運動不足の中高年層 ← 私はここかなぁ(笑)


 

まとめ

 

今回の記事では家でできる「ミニ卓球講座」の配信について、動画の内容を紹介しました。

  • 「ミニ卓球講座」の配信は春休みまで継続する予定
  • Twitterの動画配信内容
    第一回目「片手でボール6個をつかむ」
    第2回目「下回転のサーブでボールをまっすぐ引き戻す」
    番外編は「ラケットを作ってみる」

動画の内容も、そんなに長くないので飽きずに最後まで視聴できる内容でした。

何かと暗くなる話題が多いですが、少しでも前向きに「ミニ卓球講座」を企画してくれることに頭が下がる重いですね。
わたしも早速ダンボールでラケット作りに取り組もうと思っています。

三原監督はその後もトレーニング動画の配信などを続けていきたいと語っていました。