東京オリンピックの新種目となった、バスケの3×3(スリーエックススリー)

バスケと言えばアメリカなので、やはりアメリカ代表の選手が気になる人も多いのではないでしょうか。

しかし、実はアメリカのバスケ3×3は、5人制と比べるとそこまで目立っていません。

アメリカはバスケが強い!というイメージはありますが、3×3に関してのみで言うのなら、そこまでではないのが現状なのです。

どうしても、5人制バスケのインパクトに負けてしまっている印象ですね。

そこでここでは、よりバスケの3×3を盛り上げるためにも、アメリカの代表選手についてご紹介していきたいと思います!

バスケ3×3のアメリカ代表メンバーは、一体誰なのでしょうか。



東京オリンピック2020・バスケ3×3のアメリカ代表メンバーは誰?

東京オリンピック2020のバスケ3×3のアメリカ代表メンバーですが、現時点ではまだ決まっていません。

そもそもアメリカは、現時点ではまだ3×3の東京オリンピックの出場権すら獲得していないのです‥!

バスケ大国アメリカに限って‥と思った人もいると思いますが(何を隠そう、私もその1人です(笑))、アメリカのバスケ3×3は、5人制バスケと比べるとそこまで目立つ活躍をしていないというのが現状。

現時点で男子はセルビア、ロシア、中国、日本が3×3のオリンピック出場権を獲得していますので、アメリカは【2020年3月18日~22日】にインドで行われる予選に出場することになります。

20チーム中、上位3位に入ればオリンピックの出場権を獲得することができますよ!

東京オリンピックの出場権すら獲得していない今の時点で、オリンピックの代表メンバーが決まっているはずもありませんよね。

とはいえ、あのアメリカですからね~。

おそらく予選を通過して、オリンピックに出場してくることでしょう!!

※予選に関する最新情報はこちらから確認出来ます!

 公益財団法人日本バスケットボール協会公式サイト

日本バスケットボール協会のサイトですが、日本は女子が予選からの参加となるため、こちらに予選の情報が追加されていくはずです。

代表メンバーについてはまだ未定なのですが、参考までにW杯の代表メンバーをご紹介しておきます。

キャニオン・バリー

デイモン・ハフマン

ロビー・ヒューメル
ロビー・ヒューメル選手の写真

カリーム・マドックス

W杯へは、この4名で出場しました!

バスケの3×3はプロ選手でなくても代表入りすることができるので、Wikipediaにも紹介されておらず‥。



 

東京オリンピック2020・バスケ3×3のアメリカ代表メンバーにNBA選手はいる?

まだオリンピックのアメリカ代表メンバーは決まっていませんが、先ほど「W杯の代表メンバー」として紹介したロビー・ヒューメル選手は、元NBA選手です。

また、アメリカには3×3のプロリーグである「BIG3」がありますので、そちらで活躍している選手がオリンピックのアメリカ代表として出場する可能性も、十分にあるのではないでしょうか。

アメリカの3人制バスケBIG3」でMVPを獲得したジョー・ジョンソン選手も、気になるところです。

<ジョー・ジョンソン選手>

【 ジョー・ジョンソン選手の写真はこちら↓ 】

【 プロフィール 】

  • 生年月日:1981年6月29日
  • 身長/体重:201cm/107kg

ただ、ジョンソン選手は38歳 なので、年齢的に東京オリンピックの代表選手に選ばれる可能性は低いかもしれません。

とはいえ、直近のBIG3のMVPですからね~。

東京オリンピックの代表に選ばれる可能性も、あるのではないでしょうか。

※BIG3に関する情報はこちらが参考になります!
→BIG3公式サイトありませんでした



 

東京オリンピック2020・バスケ3×3のアメリカ代表メンバーの注目選手を紹介!

東京オリンピックバスケ3×3のアメリカ代表メンバーは、何度も言いますがまだ決まっていません。

3×3はエントリーできるのが4名と少ないので、選ぶのも難しそうですよね。

しかも5人制バスケほど情報がないので、もしかすると素晴らしい選手が埋もれてしまっている可能性も‥。

そんな中、私が注目したいのは、やはり元NBAのロビー・ヒューメル選手です!

身長206cm、体重99kgのロビー・ヒューメル選手は、1989年3月8日生まれの30歳。

オリンピックが開会する頃には31歳ですが、年齢的にも、まだまだ暴れてくれるでしょう。

実際、直近のワールドカップのアメリカ代表メンバーですしね♪



 

東京オリンピック2020・バスケ3×3のアメリカ代表メンバーの監督やコーチは誰?

東京オリンピック2020バスケ3×3のアメリカ代表の監督やコーチはまだ決まっていません

そもそも3×3は、5人制バスケのように監督が指示を出したり、交代を示唆するようなことはありません。

なんていうか、5人制バスケとは役割がちょっと違うような気がするんですよね。

試合も最大10分間と短いですし、21点KO式であるところも、5人制バスケとは大幅に違いますし。

だからこそ、3×3の監督は選手たちの心の支えになるような人がいいのかな?と思ったり。

監督やコーチに関する情報は全くないのですが、私がアメリカ代表の監督として期待したいのが、アレン・アイバーソン氏

<アレン・アイバーソン>

【 アレン・アイバーソン氏の写真はこちら↓ 】


【 プロフィール 】

  • 生年月日:1975年6月7日
  • 身長/体重:183cm/74.8kg
  • 経歴:元NBA選手、4回得点王、2001年MVP

アレン・アイバーソン氏は、なんと元NBAのMVPなんです!
NBAでは4回も得点王に輝いたこともありますし、実績は申し分ないでしょう。

最初はアメリカ代表選手として呼ばれることも考えたのですが、オリンピック時に45歳という年齢を考慮すると、選手としての召集は難しいのかな‥と。

それでも、3×3ではかなりの実績を兼ね備えた方なので、オリンピックでは監督として参加する!という可能性もあり得ますよね?

こちらのニュースに、アレン・アイバーソン氏と3×3の関連性が記載されていますよ~!

バスケ情報専門サイト「バスケットボールキング」

あくまでも私個人の予想なのですが、まずはオリンピック出場に向けて、アメリカ代表は予選を頑張ってほしいと思います♪



 

バスケ3×3の過去の試合の視聴で予習したい!

オリンピックが始まる前に、バスケ3×3の試合を視聴しておきましょう!

今回はアメリカ代表ということで、アメリカのプロリーグ「BIG3」の試合動画を載せておきます。

5人制バスケと比べて、3×3は迫力がありますよね!

コートが狭い分、選手たちの動きがダイナミックで激しくて、見ごたえ十分です!

まとめ

東京オリンピック2020のバスケ3×3、アメリカ代表メンバーについて紹介しました。

現時点では、まだアメリカ代表のメンバーに関する詳しい情報を見つけることができませんでしたが、徐々に決まってくるのを待ちたいと思います!

どんな選手が選ばれても、あのアメリカの代表ですから、凄い選手であることに間違いないでしょう。

分かりましたら追記していきますね!

オリンピックの舞台でアメリカ代表の3×3が見られるよう、3月18日から始まるオリンピックの予選にも注目していきましょう。