2019年8月4日(日)フジテレビ系列の「ミライモンスター」に、水泳の大内紗雪選が出演しました。

大内紗雪選手は、高校2年生の時にジャパンオープン優勝という快挙をされた選手です。
父親が水泳のコーチで最新のトレーニング方法を用いて、日々練習に励んでいます。
ドルトムントの香川真司選手も同じトレーニングをしているんだとか。
今後は、世界選手権と東京オリンピックへ出場してメダル獲得を目指しています。

今回は大内紗雪選手のトレーニング方法や出身中学や高校と大学、プロフィーついて調査します!



大内紗雪選手のトレーニングは香川真司と同じだと話題!

高校生新聞ONLINEやヤフーニュースなどからの情報です。

大内紗雪選手は、父であり水泳コーチの大内克泰さんに指導を受けています。
お父さんは身長2m以上あるとネットでも話題の方です。

そのお父さんがライフキネティックマスタートレーナーであり、水泳のトレーニングにも「ライフキネティック」取り入れています。
「ライフキネティック」はドイツで生まれたトレーニング方法で、サッカーチーム「ドルトムント」で香川真司も同じトレーニングを受けていたんだそうです!

「ライフキネティック」とはどんなトレーニング方法なのかというと、「運動と脳トレを組み合わせたエクササイズ」になります。
運動をしながら、同時に計算などの脳トレをします。
そうすることで脳が活性化されるそうです。

「ライフキネティック」は、脳の神経細胞を刺激して新しい脳のつながりを作り出します。
そして、脳の眠っている能力を活性化させることが目的になります。
このつながりことを「シナプス」といい、この「シナプス」がたくさん増えるほど、脳の能力、柔軟性、処理速度が高くなります。
「ライフキネティック」のトレーニングを行うことで、ストレスが軽くなり、集中力が高まり、認知機能を向上させる効果があるのです。

子どもから高齢者まで、「ライフキネティック」の効果は期待されていて、子供の成長に有効で、高齢者の認知症予防にも効果が見られています。

プロスポーツ選手も「ライフキネティック」のトレーニングを行う人が増えていて、サッカーなどチーム練習で行うそうです。
複数の人達と楽しみながら行うことで、より感情や情動の刺激になり脳も活性化されます。
脳の活性化により、認知機能や運動機能の向上し、運動パフォーマンスが向上するのです。

大内紗雪さんはクロールの選手なので、手と足が別々の動きをするのに「ライフキネティック」が大いに役に立つというのです。
水泳では3つの効果が期待されます。

・水中での姿勢の維持
・力のコントロール
・水をつかめる感覚

同時課題を行い、失敗を繰り返すことで、脳がパニックを起こします。
そのパニックを起こすことで、脳は神経を繋げてパニックを起こさないように努力していくそうです。
脳が刺激を受けて脳に活性化が生まれることで、脳が体全体にスムーズな司令を送ることで、運動パフォーマンスが向上するのです。

娘のために父の大内克泰さんがライフキネティックマスタートレーナーを取得したそうです。
親子2人3脚でトレーニングをして、東京オリンピックでメダル獲得を目指しているんですね。


動画の3:00頃から父の大内克泰さんが「ライフキネティック」の効果についてを説明してくれています。



大内紗雪選手の出身中学は?

ヤフーニュースなどからの情報です。

大内紗雪選手の出身中学は、藤沢市立明治中学校になります。

立命中学校には水泳部がないので、「ダンロップスポーツクラブ藤沢」に所属して、父の大内克泰さん指導の元で練習に励んだようです。

中学時代に数々の記録を残しています。

中学1年
(2014年)
・50メートル自由形:27秒41 29位
中学2年
(2015年)
・50メートル自由形:25秒90 優勝
・100メートル自由形:57秒21 優勝
中学3年
(2016年)
・50メートル自由形:25秒48 優勝
・100メートル自由形:56秒10 優勝

余談ですが藤沢市立明治中学校出身は、芸能人の出身が多いことでも有名です。
ジャニーズの中居正広さんと今井翼さん、RIP SLYMEのFUMIYAさんとSUさん、セイン・カミュさんです。

中居正広さん

今井翼さん

RIP SLYMEのFUMIYAさん

RIP SLYMEのSUさん

 

セイン・カミュさん



大内紗雪選手の通っていた高校は?

高校生新聞ONLINEやヤフーニュースなどからの情報です。

2020年3月まで通っていたのは、日本大学藤沢高等学校です。
野球部やサッカー部など、スポーツの強豪校としても有名ですね 。

同級生には、全国JO杯春季大会で萩野公介が持っていた短水路中学記録を8年ぶり更新した栁川大樹選手も通っています。

 

高校での大内紗雪さんの成績

高校1年
(2018年)
・日本選手権:50メートル自由形:25秒41 2位
・日本選手権:100メートル自由形:55秒33 4位
高校2年
(2018年)
・日本選手権:50メートル自由形:25秒40 4位
・日本選手権:100メートル自由形:55秒94 8位
・ジャパンオープン:女子50m自由形:25秒25 3位
・インターハイ:50メートル自由形:25秒33 優勝
・インターハイ:100メートル自由形:55秒59 優勝
高校3年
(2019年)
・日本選手権:50メートル自由形:25秒37 4位
・日本選手権:100メートル自由形:55秒24 6位
・ジャパンオープン:女子50m自由形:25秒70 7位
・インターハイ:50メートル自由形:25秒28 優勝
・インターハイ:100メートル自由形:55秒74 優勝

 

『藤沢市立明治中学校』と『日本大学藤沢高等学校』の場所を紹介します。



大内紗雪選手の大学の進路は?

大内紗雪選手の大学の進路についてですが、ツイッターに情報がありました。

新潟医療福祉大学へ2020年4月から通うようです。

新潟医療福祉大学の先輩である、深澤舞選手が「第95回 日本学生選手権水泳競技大会」の女子200m平泳ぎで優勝しています。
新潟医療福祉大学職員の水沼尚輝選手も「第95回 日本選手権水泳競技大会」男子100メートルバタフライで初優勝という成績を残しています。

新潟医療福祉大学が水泳部が強い大学なんですね!!

NSGグループの新潟医療福祉大学の在校生、深澤 舞 選手(健康スポーツ学科3年/栃木県立黒磯南高校出身)が、2019年9月6日(金)~8日(日)に、東京辰巳国際水泳場にて行われた「第95回 日本学生選手権水泳競技大会」に出場。8日(日)に行われた女子200m平泳ぎで優勝いたしました。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000177.000032951.html

4月8日(月)、東京辰巳国際水泳場で開催された「第95回 日本選手権水泳競技大会」決勝にて、新潟医療福祉大学職員・水沼尚輝選手が男子100メートルバタフライで初優勝しました。

引用:https://www.nsg.gr.jp/blog/

『新潟医療福祉大学』の場所を紹介します。

大内紗雪選手のプロフィール

大内紗雪さんのプロフィールを紹介します。

情報元:高校生新聞ONLINEなど

名前 大内 紗雪(おおうち さゆき)
年齢 2002年1月5日:18歳
出身 神奈川県藤沢市
学歴 藤沢市立明治中学校 卒業
日本大学藤沢高等学校 卒業
新潟医療福祉大学 1年生(2020年4月時点)
競技 水泳
得意種目 自由形50m・100m
所属
ダンロップSC
身長 162cm
体重 52kg


大内紗雪選手と北島康介さんが激似!!

大内紗雪選手とオリンピック金メダリストの北島康介さん、この二人ってとても似ていませんか?

これは大内紗雪選手も金メダル獲得しそうですよね!!!!

雰囲気がそっくりです!

どうですか?
二人はとっても似てますよね!!

二人は兄妹???



まとめ

今回は、大内紗雪選手のトレーニング方法や出身中学や高校と大学、プロフィールついて調べてみました。

個人的な意見で申し訳ないですが、大内紗雪さんは北島康介とそっくりだと思います。
大物選手になる予感しかしません。
コーチであるお父さんと一緒に、東京オリンピック出場の夢を果たしてほしいですね。

東京オリンピックで絶対金メダルを取って下さい!
応援させていただきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!