東京オリンピックで金メダルをとるために、夢に向かって突き進むのはボクサーの堤駿斗選手です。

ロンドン・オリンピックで村田諒太選手がミドル級で金メダルをとったこともきっかけだったそうです。
オリンピックで金メダルをとり、プロボクサーの世界チャンピオンになると決意しました!

高校生のころに高校6冠と世界ユース選手権優勝を果たした堤駿斗選手は、「史上最強の高校生」といわれました。
ボクシング界の期待の新星堤駿斗選手を紹介します!

今回は、
・堤駿斗(つつみはやと)のイケメン画像を紹介
・堤駿斗の出身中学の戦績は?
・堤駿斗の出身高校の戦績は?
・堤駿斗の通っている大学の戦績は?
・堤駿斗の兄弟を紹介
・堤駿斗は彼女がいる?
・堤駿斗のプロフィールと戦績まとめ

この内容について調査しました!



堤駿斗(つつみはやと)のイケメン画像を紹介!

堤駿斗選手のイケメン画像を紹介します!

井上尚弥選手からは
「日本で一番反応がいい。スパーリングをしていて一瞬も気が抜けない。」
と世界チャンピオンから絶賛されています!

ボクシングに打ち込む真剣な目がカッコいい!!


スポーツ選手が練習に打ち込む姿って良いですね!

決めポーズで勝利を喜ぶ駿斗選手が素敵です!

練習で磨かれた左パンチが炸裂するぞ!

ボクシング姿がやっぱり一番カッコいいですね!!

堤駿斗の出身中学と戦績は?

堤駿斗選手の出身中学は、千葉市立椿森中学校です

空手を習う 駿斗選手は小さい頃から空手を習っていて、小学校1年の時に「2006年:千葉県空手道選手権少年団体戦」に出場して準優勝の実力がありました。
その時に一緒に小学6年生の兄の堤勇斗さんも出場しています。
※情報元:http://kyokushinchiba.nobody.jp/page029.html
ボクシングへ転向 兄が先にボクシングに転向しており、その影響で小学校5年生から駿斗選手はボクシングを始めています。

堤は小学生5年生のときに兄の勇斗の影響で極真空手からボクシングに転向した。中学時代は地元千葉の本多ジムで練習を積み、すっかりのめり込んだ。

引用:https://4years.asahi.com/article/12608380

中学の戦績 ・U-15全国大会 優勝
・アンダージュニア全国大会 優勝
・第1回全日本アンダージュニアボクシング王座決定戦 優勝

など、中学時代から数々のタイトルを獲得しています。
体幹トレーニング

堤駿斗選手が中学時代から好成績を収めてきた要因は、体幹トレーニングそうです。
身体の安定性を上げる体幹の筋肉を鍛えることが、ステップやパンチの技術に結びつきます。
さらに練習でひたすらサンドバックやミット打ちを繰り返すことで、腹筋や背筋、上腕の筋肉を鍛え上げ、パンチ力を上げてきました。

中学生の頃からひたむきに努力をしてきたんですね!

中学⽣の頃から特に体の内側の筋⾁を鍛える体幹トレーニングに取り組んできました。上半⾝
だけでなく下半⾝のインナーマッスルを鍛えることも⼤事です。外側の筋⾁は普通の筋トレで
ついてくるんですけど、内側の筋⾁は、ゆっくりした動きで静⽌するような特別な体幹トレー
ニングをしないと付かないんです。

引用:https://www.nhk.or.jp/sports-story/detail/20190918_4038.html

【中学時代の堤駿斗選手の写真】

中学3年生のころの写真を発見!
このころはまだ細身ですが、オリンピック候補として注目されていました。
右側が堤駿斗選手です。

【千葉市立椿森中学校の場所と写真】



堤駿斗の出身高校と戦績は?

堤駿斗選手の出身高校は千葉県の習志野市立習志野高校です。

※情報元:
https://www.nhk.or.jp/sports-story/detail/20190918_4038.html

https://news.livedoor.com/article/detail/13447188/

世界ユース選手権優勝 高校時代の堤駿斗選手の戦績も凄いです!
2016年に世界ユース選手権を日本人初制覇を成し遂げたんです。
これは世界3階級制覇をした井上尚弥選手もない遂げられなかった偉業なんです!!
高校6冠獲得 さらに高校時代には井上尚弥選手と同じく、インターハイ・国体・選抜大会とボクシング大会で高校6冠のタイトルを獲得しています。
高校時代から左ジャブの精度のレベルが高く、確実にポイントを獲得できます。
さらにその左のパンチ力を高めて左ボディでダウンを奪えるということも可能になってきました。
高校時代の挫折 高校1年のインターハイ・世界ジュニア選手権など3回の敗戦も経験していて、体調不良で国体に出られなかったこともありました。
悔しさも経験したことが、駿斗選手の成長に結びついているんですね。

「1年のインターハイは決勝で負けて、2年の国体は体調不良で出場できなかった。いいことばかりじゃなかったので、すごく意味のある高校時代を送れました」

引用:https://www.nikkansports.com/battle/news/201710090000527.html

【高校時代の堤駿斗選手の写真】

【習志野高校の場所と写真】


習志野高校ボクシング部のOBには、世界チャンピオンの選手が3人もいます!

・粟生隆寛(WBCフェザー級、スーパーフェザー級)


・木村悠(WBCライトフライ級)

・岩佐亮佑(現IBFスーパーバンタム級)

この3人が、習志野高校出身でプロボクシングの世界王座を獲得しています。

堤駿斗の通っている大学の戦績は?

堤駿斗選手は、現在東洋大学2年生として在学中(2020年3月)です。

※情報元:http://www.tlarock.jp/cliant/hayato-tsutsumi.html

大学の戦績 大学生になってもそのボクシングセンスは衰えず、
・山根杯(バンタム級)
・全⽇本選⼿権57キロ級
・コンスタンチン・コロトコフ記念国際トーナメント(フェザー級)

など、数々の大会で優勝しています。
階級 堤駿斗選手は、バンダム級(56kg)でオリンピックを目指していましたが、男子ボクシングは10階級から8階級に減らされてしまい、フェザー級(57kg)での出場に余儀なくされてしまいました。
大学時代の挫折 階級変更の影響もあってか、2020年3月4日に行われた東京五輪アジア・オセアニア予選では、まさかのフィリピンのイアン・クラーク・バウチス選手に1回戦敗退を喫してしまいます。
しかし、5月にフランスのパリで行われる世界最終予選で成績を残せばオリンピック出場の可能性は残っている。

階級を上げて筋力量UPが図れるので、更にパワーを着けた左ジャブと左ボディでオリンピック出場を決めて欲しいです!

【東洋大学の堤駿斗選手の写真】
右側の表書上を持ったのが堤駿斗選手です。

この投稿をInstagramで見る

全日本選手権優勝しました。 応援ありがとうございました! サポートしてくれた古殿ありがとう😊

堤 駿斗 Hayato Tsutsumi(@hayato2238810)がシェアした投稿 –

東洋大学ボクシング部の集合写真です。
大学日本一と最優秀選手賞おめでとうございます!
前列左から3番目が堤駿斗選手です。


【東洋大学の場所と写真】



堤駿斗の兄弟を紹介!

堤駿斗選手は3人兄弟で次男になります。

3兄弟とも幼少期から空手をやっていて、ボクシングに転向しています。
父親の直樹さんはボクシングの経験はありませんが、息子たちが強くなるために自宅にボクシングの練習部屋を作りました。
一緒にボクシングジムへ通って、トレーナーの指導方法や他の選手の練習を独学で学んだそうです。

父親の愛情いっぱいに育った駿斗選手の兄弟を紹介します。

左から、長男勇斗さん、3男麗斗さん、次男駿斗選手です。
3人ともイケメンです!!

兄の堤勇斗さんもボクシング経験者?

駿斗選手には5つ上の兄である勇斗さんがいます。

※情報元:http://www.kcnet.ne.jp/~kyk/nyushousha.htm
http://kyokushinchiba.nobody.jp/page029.html

空手を習う 勇斗さんは幼少期から空手を始めて、小学校の5年生のときに『第5回全山梨空手道選手権大会 極真風林火山カップ』 で3位になったことがあります。
勇斗さんが小学校5年生、駿斗選手が小学校1年生のころに一緒に出場した「千葉県空手道選手権少年団体戦」では準優勝という成績を一緒に残しています。
ボクシングへ転向 兄の勇斗さんは、15歳のころに空手からボクシングへと転向され、千葉県立犢橋高校へ入学しました。
犢橋高校にはボクシング部はないため本多ボクシングジムでボクシングをしていたようです。

今日紹介する今月本多ファミリーの仲間入りした、堤勇斗君。4月に高校入学する15歳。
ボクシング初めて3回目、そんなぁーー嘘でしょう?
今関君とマスしています。
極真会館の世界J3位の選手だったそうで。勇斗君が言うには“空手はプロがないのでボクシングがやりたくて強いボクシングがしたいんです。!
いい目してるなぁ~

引用:https://boxingzuki.exblog.jp/

拓殖大学へ進学 大学は拓殖大学へ進学してボクシング部に入部されました。
※情報元:https://ameblo.jp/takudai-boxing/entry-11504704923.html

現在はボクシングを続けているかは不明ですが、空手とボクシングの実力者です。
きっと父親とともに駿斗選手のサポートをしていると思います。


【千葉県空手道選手権少年団体戦の写真】
一番左が勇斗さんで、右から3番目が駿斗選手だと思います。

勇斗さんの拓殖大学入学された時にボクシング部新入部員と一緒に撮った写真です。
左から2番めが堤勇斗さんです!

堤駿斗の弟の堤麗斗もボクシングが凄い!

駿斗選手には3つ下に弟の麗斗さんがいます。

※情報元:
https://the-ans.jp/bukatsu/inter-high/68423/
https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2019/12/17/kiji/20191216s00021000542000c.html

空手を習う 麗斗さんも幼少期から空手を始め、『第8回全山梨空手道選手権大会 極真風林火山カップ』では、幼年の部で準優勝をしています。
7歳の頃に空手の国際チャンピオンになっているんです。
小さい頃から格闘家の潜在能力が垣間見えますね。
ボクシングへ転向 そして麗斗さんは兄である駿斗選手に憧れて小学校5年生の時にボクシングを始めました。
すでにすごい成績を残していて、中学の頃にはU-15では4連覇しています。
高校時代の戦績 高校は兄の駿斗選手と同じ習志野高校に進学し、高校1年生の時からインターハイ優勝を果たしています。
既に高校4冠を獲得しており、2019年11月にはアジアユース選手権(モンゴル)で金メダルを獲得しました。
日本初のアジアユース制覇を兄弟で成し遂げたのです。
麗斗さんは「兄も高2の時にアジアを獲っていたのでよかった」と喜んでいました。
ボクシング技術 麗斗さんは、フィジカルの強さにも定評があり、踏み込みの速さとフェイントの旨さがあり、相手の懐に入る技術は一級品です。

兄以上ボクシングセンスがあるともいわれていて、東京五輪後に予定されている世界ユース選手権の金メダルを目標にしています。
そして2024年のパリ五輪へ出場して、兄弟揃ってのオリンピック金メダル獲得を夢に描いています!!

左上の写真は駿斗選手と麗斗さんのツーショットです。
兄弟でアマチュアボクシングの年間表彰を受けました。



堤駿斗は彼女がいる?

堤駿斗は彼女がいるか気になりますね!

いろいろ調べましたが、彼女がいるという情報はありませんでした。

2017年の高校3年生のインタビューで、「友達の女の子から「頑張ってね」とかメッセージが来ることもあるんですけど、今は男友達から言われたほうが頑張る気になれる」と言っています。
高3でボクシング一筋とは頭が下がります。
このころは彼女どころじゃなかったようですね。

うーん……。もてたくない、と言ったらうそになっちゃいますけど(笑)。大会前とかにTwitterで友達の女の子から「頑張ってね」とかメッセージが来ることもあるんですけど、今は男友達から言われたほうが頑張る気になれるというか(笑)。なので、今はあまりそこまで気にはしてないです。

引用:2017年8月8日https://news.livedoor.com/article/detail/13447188/

では大学生になってからはどうでしょうか?
最近のツイッターを見てみると乃木坂46のツイートやリツイートをチョクチョクしております。

もしかしてオリンピックで金メダルを手に入れた暁には、乃木坂46の誰かを彼女にしようと思っているとか!!
金メダルがとれたら、アイドルだって落とせる可能性ありますよね。

堤駿斗選手も普通にアイドル好きの男の子ってことで、ほのぼのしますなぁ。
乃木坂46を追いかけてるってことは、彼女はいないかもしれませんね。

ツイートをして生田絵梨花さんの誕生祭を盛り上げています!


西野七瀬の卒コン画像をツイートしています!



堤駿斗選手のプロフィールと戦績まとめ

堤駿斗選手ののプロフィールと戦績を紹介します!

>

プロフィール

名前:堤駿斗 (つつみ はやと)
生年月日:1999年7月12日
年齢:21歳 (2020年07月14日現在)
出身地:千葉県千葉市
身長:171cm
体重:57㎏
競技:ボクシング 右ボクサーファイター
出身中学校:千葉市立椿森中学校
出身高校:習志野市立習志野高等学校(階級:フライ級・バンダム級)
出身大学:東洋大学:(階級:バンダム級・フェザー級)
所属:トラロックエンターテインメントとマネジメント契約(2019年)
趣味:漫画
好きな食べ物:焼き肉(
牛タン)、お寿司(赤身)、ラーメン(味噌・家系ラーメン)

戦績
2015年 6月 アジアジュニア選手権(バンタム級) 出場
8月 インターハイ(フライ級) 準優勝
9月 AIBA世界ジュニア(バンタム級) 出場
10月 国体 少年の部(フライ級) 優勝
2016年 3月 全国高校選抜(フライ級) 優勝
5月 ASBCアジアユース(フライ級) 優勝
8月 インターハイ(フライ級) 優勝
11月 AIBA世界ユース(フライ級) 優勝
2017年 3月 全国高校選抜(バンタム級) 優勝
7月 ASBCアジアユース(バンタム級) 優勝
8月 インターハイ(バンタム級) 優勝
10月 国体 少年の部(バンタム級) 優勝
11月 全日本ボクシング選手権(バンタム級)優勝
2018年 3月 山根杯(バンタム級) 優勝
2019年 5月 コンスタンチン・コロトコフ記念国際トーナメント(フェザー級)優勝
11月 全日本ボクシング選手権(フェザー級)優勝
2020年 3月 アジア大会:1回戦敗退

情報元:http://www.tlarock.jp/cliant/hayato-tsutsumi.html



まとめ

今回は、
・堤駿斗(つつみはやと)のイケメン画像を紹介
・堤駿斗の出身中学の戦績は?
・堤駿斗の出身高校の戦績は?
・堤駿斗の通っている大学の戦績は?
・堤駿斗の兄弟を紹介
・堤駿斗は彼女がいる?
・堤駿斗のプロフィールと戦績まとめ

この内容について調査しました!

幼少の頃から空手を習い、ボクシングへ転向してからの戦績が凄かったです。
高校6冠に世界ユース選手権優勝など、ボクシングの実力が素晴らしいです。

3兄弟がイケメンで全員が空手とボクシングをやっているってのも凄いですよね。
家族の協力があってできることですよね。

堤駿斗選手が東京オリンピックで金メダルをとれるか本当に楽しみです。
しっかり応援していきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。