東京オリンピック2020に出場する日本代表選手の中で、テレビ出演などを通して知名度を上げてきているのが、ハンドボールの部井久アダム勇樹(ベイグアダムユウキ)選手です。

なんと身長が194㎝もあり、身体能力が非常に高く、シグルドソン監督から今後の成長を期待されている一人です。

そんな注目度トップクラスの部井久選手ですが、彼の経歴はどういものかリサーチしました。
今回は

  • 部井久ベイグアダム勇樹アダムユウキの出身中学は?
  • 部井久ベイグアダム勇樹アダムユウキの出身高校は?
  • 部井久ベイグアダム勇樹アダムユウキはどこの大学出身?
  •     

  • 部井久ベイグアダム勇樹アダムユウキの経歴とプロフィールを調査!

について紹介します。





部井久ベイグアダム勇樹アダムユウキの出身中学は?

部井久アダム勇樹の出身中学は、福岡市立多々良中央中学校です。

出身中学のことは、本人のインスタグラムで明かされています。
▼この投稿では、母校の在校生から五輪出場について祝福のメッセージが寄せられています。
やはり、在校生として先輩がこんなふうに世界で活躍するのはとても嬉しいことのようです。

部井久選手自身も、小学生時代からオリンピック出場を夢見ていたと語っています。
ハンドボールに出会う前は、元々、ソフトボールの経験者でした。

その後、ハンドボールと出会ったことで、その魅力に気づき能力を開花させていったとのことです。

もしかすると、部井久選手の母校の後輩たちの中で部井久選手を目標に練習を続けて
未来のオリンピック選手に選ばれる生徒も出てくるかもしれませんね(*^^*)



部井久アダム勇樹の出身高校は?

部井久アダム勇樹の出身高校は、私立博多高等学校です。

高校進学後も、ハンドボール選手として技術にさらに磨きがかかっていきました。
2017年に部井久選手は、高校生としては史上初日韓定期戦での日本代表を務めました。

メディアからは、このときから注目を集めていたようで、テレビ番組の取材を受けていたこともあります。

一時期、腰の疲労骨折により練習の休止を余儀なくされてしまったこともありましたが、懸命なリハビリを乗り越えて、選手として復帰を果たしました。

彼が、選手として有望視されているのは能力面だけではなく、こうしたタフな精神力の部分もあるのだと思います。



部井久ベイグアダム勇樹アダムユウキはどこの大学出身?

部井久アダム勇樹の出身大学は、中央大学です。

調べたところ、部井久選手の通っている学部は法学部だとわかりました。

2018年には、中央大学入学と同時にフランスに渡って現地のナツィオナーレというチームに所属してプレーをしています。

その後、感染症の影響で日本に帰国し、プロハンドボールチームのジークスター東京(ZeekstarTokyo)に所属しました。

本人のインスタグラムによると、このチームに入った後も日々、特訓に明け暮れていたようで、向上心を持ってプレーに取り組んでいたようです。



部井久ベイグアダム勇樹アダムユウキの経歴とプロフィールを調査!

部井久アダム勇樹のプロフィール

生年月日 1999年4月21日(22歳)
身長 194㎝
体重 94㎏
国籍 日本
所属 ジークスター東京
ポジション レフトバック(LB)

部井久選手は、かなり大柄なので、ハンドボール選手としては非常に有利な体型をしています。

恵まれた体格に比例するように筋肉量も凄く、圧倒的なパワーを持っています。

部井久アダム勇樹がハンドボールに取り組み始めたのは、中学校入学直後でした。

当時、出場したJOCジュニアオリンピックカップハンドボール大会では、男子部門で優秀選手賞を受賞しました(2013年)。

翌年には、オリンピック有望選手・最優秀選手としても受賞しています。

このときからほかの選手よりも、ずば抜けた能力を持っていたようです。

出典:部井久アダム勇樹、「もっと強くなれる確信」 | hummel Official Web Site (ssksports.com)

 

出典:部井久アダム勇樹、「もっと強くなれる確信」 | hummel Official Web Site (ssksports.com)



部井久ベイグアダム勇樹アダムユウキの学歴と経歴まとめ

  • 部井久ベイグアダム勇樹アダムユウキの出身中学は?
  • 部井久ベイグアダム勇樹アダムユウキの出身高校は?
  • 部井久ベイグアダム勇樹アダムユウキはどこの大学出身?
  •     

  • 部井久ベイグアダム勇樹アダムユウキの経歴とプロフィールを調査!