プロ野球選手坂本勇人選手を知る上で欠かせないのは彼の家族の存在です。

イケメン坂本勇人選手の生い立ちからご両親、さらにはご兄弟からどんな影響をうけていたのか調査してみました。

この記事では、

  • イケメン坂本勇人選手の弟はマネージャーって本当?
  • 兄弟や両親や生い立ちについて調査!

について書いています。



イケメン坂本勇人選手の弟はマネージャーって本当?

坂本勇人の弟の勇斗さんは、野球経験者です。

2016年にグアムで行った自主トレに勇斗さんも同行して、野球経験者なので坂本選手の練習相手にもなっていました。

下の画像はその時のズームインサタデーの取材時のものです。

右が坂本勇人選手、左が弟の勇斗さんです。


また、勇斗さんはシーズン中などには坂本勇人選手専属のドライバーの役割も果たしているそうで、他の選手がホテルに泊まる時でも、自宅まで送迎してくれるという話もあります。

公になっている訳ではありませんが、弟勇斗さんは坂本選手にとっていわば個人マネージャー的な存在となっていると想像できます。



 

イケメン坂本勇人野球選手の兄弟や両親はどんな人?

坂本勇人選手は3人兄弟の次男で、6歳上のお兄さんの勇太さん、3歳下の弟である勇斗さんがいます。3人共仲が良いみたいで、そもそも坂本選手が野球を始めたきっかけもお兄さんの影響ともいわれています。

下の坂本選手の隣にいるのが、お兄さんの勇太さんです。ちなみに坂本選手が抱っこしている赤ちゃんはお兄さんのお子さんとのことです。


ご両親は坂本選手が幼い頃に離婚をされていて、お父さんはアメリカに牧場があり、食肉の卸業を営んでいるそうです。

坂本選手はお母さんである輝美さんと三人の兄弟の母子家庭という環境で育ってきました。

輝美さんは坂本選手が所属していた野球チームで移動の際の運転手を務めたり会計係をやったりと坂本選手を支え続けていたようです。

坂本選手にとって、とても影響力のあったお母さんの輝美さんですが、坂本選手がプロ入りをした年にがんでこの世を去っています。

母親の体調が悪くなっていくのを知った坂本選手は、自分の出場する2軍の試合に輝美さんを招待します。

そこで、彼は第一打席でホームランを放ちます。

輝美さんはそんな息子の姿に涙を流して喜んでいたといいます。

以下の動画は、末期がんに侵されたお母さんが、息子の勇姿をひと目見ようと駆けつけたスタンドで、坂本勇人が第一打席の初球でホームランを放ったときのドキュメンタリーです。

お母さんの前でホームラン打てるなんてすごい良かったですね・・・

その一ヶ月後にお母さんは47歳の若さで亡くなります。きっと息子のホームランを何度も思い出して幸せだったでしょうね。



イケメン坂本勇人野球選手の生い立ちは?

坂本選手は兵庫県伊丹出身です。

兄の影響もあって、野球を始めた坂本選手は、小中学生時代は少年野球チーム・昆陽里タイガースに所属。

そこで坂本選手のポジションはショートとピッチャーでした。

当時からその才能はずば抜けていたそうで、中学時代の恩師は「こういう選手がプロ野球選手になるんだと思った」と話しています。

その時にキャッチャーを務めていたのが、現在ニューヨークヤンキースで活躍している田中将大投手です。

二人が中学生までライバルとして切磋琢磨していたのは有名な話となっています。

大物同士は子供の頃にもう出会ってるんですね。すごい人はちがいますね!

坂本勇人X田中将大バッテリー対決、夢の対決ですね。




まとめ

今回は坂本選手の生い立ちからご両親、さらにご兄弟についてまとめてみました。

 

実の弟が坂本選手の今の活躍を支えていることや、お母さんとの絆を知ることが出来ました。

坂本選手は、今でも母の日の試合では亡き母に向けた曲を流してバッターボックスに立っています。

イケメンなだけでなく、家族想いの坂本選手の一面が垣間見られた気がします。