サッカーユニフォーム

東京オリンピックのサッカーで日本代表選手が身に着けて戦う新ユニホームが2019年の10月に発表されました。

サッカーの日本代表ユニホームといえば、過去にも

  • 2014ブラジルワールドカップの「円陣」や
  • 2018ロシアワールドカップの「勝色」

など様々なコンセプトでのデザインがありました。

東京2020は、自国開催で着用されるユニホームということで、大きな注目を集めています。

今回は、

  • 東京オリンピック・サッカー日本選手のユニホームのデザイナーは誰?
  • 東京オリンピック・サッカー日本選手のユニホームはなぜ迷彩柄?
  • 東京オリンピック・サッカー日本選手のユニホームのスポンサーは?
  • 東京オリンピック・サッカー日本選手のユニホームのメーカーは?

をまとめて紹介していきます。



東京オリンピック・サッカー日本選手のユニホームのデザイナーは誰?

昨年10月に発表された東京オリンピック・サッカーで日本代表が身に着けるユニホームですが、全体のデザイナーは特に発表されておりません。

ただ、今回のユニホームにはアンビグラムというデザインが含まれています。

 

アンビグラムとは?

アンビグラムとは、簡単にいうと、文字を逆さまに読むと違う文字として読めるデザインのことです。

アンビグラムとは、最初から見える形式だけでなく、異なる方向からも読めるように細工してある文字のことです。

どうやってアンビグラムのデザインを思いつくのでしょうか?
そういえば、「イルミナティ」でもこういうものを見かけたことがあります。
引用:http://angels-demons.seesaa.net/article/112956685.html

逆さにするだけではなく、縦読みで読める文字と横読みにしても別で読める文字などもあります。

 

縦読みは「度胸」横読みに回すと「愛嬌」になります。

 

漢字だけではなく、ひらがなでも逆さにすると読みが変わるアンビグラムがあります。
「しむらけん」さんを逆さにすると「ありがとう」に変化して読めるんですね。

なんで志村けんがありがとうに変化するのか不思議ですね・・・

 

サッカー日本代表ユニホームのアンビグラムについて

今回のサッカー日本代表ユニホームのアンビグラムのデザインを担当したのは、アンビグラム作家の野村一晟(のむらいっせい)さんです。

日本代表のユニホームのデザインは”日本晴れ”で、さかさまにすると、

  • 男子が”侍魂”
  • 女子が”撫子魂”

の文字が現れるデザインになっています。

 

  • 男子 日本晴れ→侍魂(写真左の上下)
  • 女子 日本晴れ→撫子魂(写真右の上下)



東京オリンピック・サッカー日本選手のユニホームはなぜ迷彩柄?

今回の日本代表のユニホームはサッカーの代表ユニホームとしては初となる迷彩柄です。

イメージは「空」で、5つの青を組み合わせた迷彩柄を「スカイコラージュ」と表現しています。

 

日本代表ユニホームのコンセプト

日本代表ユニホームの基本コンセプトは「日本晴れ」です。

選手、そしてサポーターが1つの空に向かっていくイメージで、サッカー日本代表が日本中に希望を与える「日本晴れ」のような存在を願う想いが込められています。

元々日本代表のイメージカラーは青でしたが、今回は空のイメージを迷彩で表現しています。

完成したユニホームはオリンピックで「青空の頂点」を目指す勝負服となります。

アディダスのサッカー日本代表 2020 ユニフォーム、サッカー日本代表選手の想いが詰まったコンセプトムービーです。

 



東京オリンピック・サッカー日本選手のユニホームのスポンサーは?

スポンサーについて、JFAサッカー協会に問い合わせたところ、特にいないという返事でした。

ユニフォームのスポンサーはいませんが、日本代表のスポンサーは下記10社になります。

日本代表のスポンサー

  • オフィシャルパートナー:キリン
  • オフィシャルサプライヤー:アディダス

 

サポーティングカンパニー

  • 朝日新聞社
  • クレディセゾン
  • 大東建託
  • ファミリーマート
  • 日本航空
  • KDDI
  • みずほ銀行
  • MS&AD

 



東京オリンピック・サッカー日本選手のユニホームのメーカーは?

今回の日本代表ユニホームは日本代表の国内のスポーツメーカ―でオフィシャルサプライヤーでもあるアディダスが手掛けています。
adidas サッカーユニフォームメーカー

サッカーの日本代表のユニホームは1999年のモデルからこれまでの複数のメーカーの持ち回りを廃止し、アディダスとの単独契約をしています。

UEFA-EURO2020-COLLECTION

アディダスは日本代表以外にも、多くの国の代表チームや世界の強豪クラブにもユニホームを提供しています。

代表チームで有名な3か国
  • ベルギー代表
  • スペイン代表
  • ドイツ代表
クラブチーム
  • スペインのレアル・マドリード
  • イタリアのユベントス
  • イングランドのマンチェスターユナイテッド
  • イングランドのアーセナル

レアル・マドリードのユニフォーム

ユベントスのユニフォーム

マンチェスターユナイテッドのユニフォーム

アーセナルのユニフォーム

いずれもサッカーファンなら誰もが知っている海外の一流クラブチームですよね。

 

1999年からサッカーの日本代表ユニホームを手掛けているアディダスですが、これまで約2年に1度のペースで刷新されてきており、今回の東京オリンピックで着用されるモデルで13作目となります。

ちなみに1999年以前の日本代表ユニホームは、アディダス以外にもプーマやアシックスも作製していました。

まとめ

以上、

  • 東京オリンピック・サッカー日本選手のユニホームのデザイナーは誰?
  • 東京オリンピック・サッカー日本選手のユニホームはなぜ迷彩柄?
  • 東京オリンピック・サッカー日本選手のユニホームのスポンサーは?
  • 東京オリンピック・サッカー日本選手のユニホームのメーカーは?

を調べてみました。

ユニフォームデザインの日本晴れのコンセプトやアンビグラムと呼ばれるデザインやユニホームを作成したアディダスのコンセプトが伝わりましたでしょうか。

メキシコオリンピック以来のメダルを目指すサッカー日本代表、しかも今回は自国開催であり、期待感は高まり応援にも熱が入りますよね。

試合で選手が着用するユニホームはその国を象徴するシンボルであり、観客も同じ色・デザインのユニホームを着けて応援する光景も多く見られます。

東京オリンピックで若き日本代表が迷彩のユニホームを身に着けて躍動し、ピッチを”日本晴れ”にしてくれる姿を楽しみにしたいですね。