東京オリンピックの人気競技サッカーの歴史的瞬間を会場で体感できたら嬉しいですよね!
 
東京オリンピックの競技の中でも国内だけでなく、海外からも高い注目を集めるサッカー。

オリンピックのサッカーの各国代表には「23歳以下」という年齢制限が設けられており、将来性を感じさせる選手を見つけるのも楽しみの一つです。
 
今回はそんな注目のオリンピック・サッカーのチケットの値段や倍率をみていきます。

今回はそんな注目の、

  • 東京オリンピック・サッカーのチケットの値段は?
  • 東京オリンピック・サッカーのチケットの当選確率は?
  • 東京オリンピック・サッカーの決勝チケットの値段は?
  • 東京オリンピック・サッカーの決勝チケットの当選倍率は?

について調べてみました。

 
リオ・オリンピックでPK(ペナルティキック)の末、悲願の優勝を決めた瞬間です!

【関連記事】



東京オリンピック・サッカーのチケットの値段は?

東京オリンピック・サッカーのチケットはA~Dのカテゴリーに分かれており、それぞれ価格設定が違います。
また、予選から決勝までの試合によっても価格に違いがあります

一番高い価格で決勝のA席で67,500円、一番安い価格が予選のD席で3,000円となっています。

詳細は以下の表を参照してください。

セッション チケット価格
  A B C D
予選(2試合) 9,800円 6,500円 5,500円 3,000円
準々決勝 21,000円 12,800円 7,500円 5,800円
準決勝 30,500円 17,500円 12,500円 7,500円
3位決定戦 30,500円 17,500円 12,500円 7,500円
決勝 67,500円 30,000円 15,000円 9,800円

参照:
https://ticket.tokyo2020.org/PriceInfo

東京オリンピックでの他の競技と同様、座席の種類はA~Dに分かれています。
A~C席は指定席でD席は自由席となっています。

公式サイトでのシートマップは現在は閲覧出来なくなっていますが、どのスタジアムでも以下のような振分けになっています。(決勝戦会場に予定されている横浜国際総合競技場のフィールドで解説します。)

東京オリンピックサッカー