2020年度補正予算が4月30日に参院本会議で可決・成立しました。

これを受けて1人あたり現金10万円の「特別定額給付金」が一律給付されることとなりましたが、さて、いつからどうやって申請するのか分からない方も多いかと思います。

地域によっても違うので、今回は東京都江戸川区を紹介していきます。

  • 江戸川区の一律10万円特別定額給付金の受け取り方法は?
  • 江戸川区の一律10万円特別定額給付金の給付対象者や必要な書類は?
  • 江戸川区の一律10万円特別定額給付金のオンライン申請について!

などを調べました。

一律10万円

皆さん「緊急事態宣言」で戦っているので、この時期に10万円いただけるのはありがたいですね。
手続きの前に記事のチェックも忘れずにして下さいね。

【関連記事】
世田谷区の一律10万円特別定額給付金の申請方法は?オンライン申請は?コールセンターの連絡先も紹介!



江戸川区の一律10万円特別定額給付金の受け取り方法は?

特別定額給付は1人10万円の給付があります。
江戸川区は5月下旬から順次、給付対象者が印字された申請書が送付され、給付金の申請は原則として申請者本人名義の銀行口座へ振り込みとなります。

人口およそ70万人の東京・江戸川区では、およそ34万7000世帯に対して申請書を一斉に発送できるのは来月下旬になる見込みで、現金が口座に振り込まれるのは6月中になる見通しとのこと。
現在、申請書の発送準備を進めているとのことなので気長に待つしかないですね。
参照URL:https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200430/1000048222.html

5月1日から10万円給付開始をしている自治体もあるようです。 ↓

ちなみに、特にお急ぎの方への先行申請という措置があります。

江戸川区福祉推進課の白木雅博課長は「経済的に困っていて一刻も早く給付金が必要な人はコールセンターに相談してもらい、できるだけ早い支給につなげたい。
引用元:参照URL:https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200430/1000048222.html

早急な申請を希望する世帯には、先行して申請の受付を行います。
一刻も早く特別定額給付金を必要とする方のみ対象となります。
ただし、世帯主以外の申請や給付はできません。

希望をする方は、江戸川区特別定額給付金コールセンターに電話して下さい。

5月1日に開設される江戸川区の特別定額給付金コールセンター

  • 電話番号:03-5662-6591
  • 受付時間(土日・祝日を含む)
    午前9 時 ~ 正午まで
    午後1 時から午後4 まで

参照URL:https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200430/1000048222.html



江戸川区の一律10万円特別定額給付金の給付対象者や必要な書類は?

それでは、江戸川区の一律10万円特別定額給付金の給付対象者や必要な書類をシェアしていきますね。

特別定額給付は基準日(令和2年4月27日)において住民基本台帳に記録されている方が対象となります。
生まれたての赤ちゃんでも住民基本台帳に記録されていれば、10万円が給付されます。
すでに5月1日なので、これから行って手続きをしても給付されないということになりますね。

さて、一律10万円特別定額給付金をもらうにあたって必要な書類は、送付される申請書に記入・押印し、返送するだけです。
随時書類が郵送されるとのことなので、首をなが~くして待っていましょう(笑)



江戸川区の一律10万円特別定額給付金のオンライン申請について!

オンライン申請は5月1日(金)から受付を開始しています。

マイナンバーカードを持っている世帯主の方は、自分のパソコンやスマートフォンからマイナポータルにログインをして「ぴったりサービス」画面から申請できます ↓

① マイナポータルから振込先口座など必要事項を入力
② 振込先口座の確認書類をアップロード後、申請

マイナンバーカードに搭載された電子署名により本人確認ができるので、オンライン申請は「本人確認書類」が不要になります。
マイナポータルへのログインの手順などは、マイナポータルサービスを確認して下さい。
(繋がりにくくなっているようです。)

※ 特別定額給付金を申請する際の詳しい入力方法は、ただいま準備中です。
準備ができ次第、掲載するとのことです。



まとめ

江戸川区の一律10万円特別定額給付金の受け取り方法、給付対象者や必要書類・オンライン申請についても紹介しました!

  • 5月下旬から順次、給付対象者が印字された申請書が送付
  • 給付金の申請は原則として申請者本人名義の銀行口座へ振り込
  • 基準日(令和2年4月27日)において住民基本台帳に記録されている方が対象
  • オンライン申請は5月1日(金)から受付を開始
    ① マイナポータルから振込先口座など必要事項を入力
    ② 振込先口座の確認書類をアップロード後、申請

給付対象者に随時書類が郵送されるので、慌てず気長に待つことにしましょう。

オンラインができる方は、「本人確認書類」が要らないので便利ですね。