オリンピックの正式種目となって注目されている、3人制バスケ「3×3」について、読み方や5人制バスケとの違い、ルールなどをご紹介します。

3人制バスケがオリンピックの種目になることは、すでにご存じですよね。

とはいえ、
「3人制バスケって5人制とは何が違うの?」
「3×3って何て読むの?」
「オリンピックのルールは??」
など、3×3について詳しくは知らない‥という人も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、

・3×3の正式な読み方
・3×3と5人制バスケの違い
・3×3で使う専用のボール
・3×3のオリンピックルール

について、詳しくご紹介したいと思います!

違いやルールを知って、より3×3を楽しみましょう♪

※東京オリンピックに出場する日本代表の女子のメンバーはこちらから確認できます!



バスケ3×3の読み方は?3種類あるけけどどれが正解?

バスケの3×3は、いろいろな読み方があります。

私が知っている限りでも、

・スリー エックス スリー
・スリー オン スリー
・スリー バイ スリ

という3つの読み方がありますが、どの読み方が正解なのでしょうか。

どれも間違いというわけではないのですが、オリンピック正式種目になるにあたり、国際バスケットボール連盟が決めた正式な読み方は、【スリー エックス スリー】です!!

ネット上では、いまだにスリーバイスリーとなっているものもありますが、これからは【スリー エックス スリー】で統一されることとなっています!

詳しい詳細はこちらで確認できます!
https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20190918-OYT1T50217/


バスケ3×3と5人制との違いは何?比較してみた!

ではここで、多くの方が抱えている【3×3と5人制バスケの違い】についてご紹介しましょう。

人数は?

3×3は、コートに入るのは3人、登録は4人までですが、5人制はコートに入るのは5人、登録は12人まで可能です。

コートの広さは?

3×3は、通常のバスケコートの半分の広さの、さらに4分の3程度の大きさのコートで行います。

点数は?

3×3はアーク(3ポイントライン)の外側からの得点は2点、内側からは1点。
5人制は、ご存じの通り3ポイントラインの外側からは3点、内側からは2点です。

試合時間は?

3×3は10分1ピリオドのみ、5人制は10分×4ピリオド、合計40分。
また、3×3は「21点KO式」なので、先に21点取ってしまえば、10分以内でも試合終了となります。

ファウルのペナルティは?

3×3では、1人が何回ファウルをしても退場になることはありません。
ただし、チーム内でファウルの合計が5回以上になると、相手にフリースローが与えられます。

ショットロックは?

ショットロックとは、ボールを触ってからゴールする(ゴールリングにボールが触れる)までの時間のこと。
3×3は、5人制の時間の半分の12秒となっています。

3×3と5人制バスケの違いを、表にまとめてみました♪

↓<3×3と5人制バスケの違い>↓

3×3 5人制
人数(登録人数) 3人(4人) 5人(12人)
コートの広さ 縦11m×横15m 縦15m×横28m
ボール 大きさ6号・重さ7号 男子:7号

女子:6号

点数 アークの外:2点

アークの内:1点

フリースロー:1点

3点ラインの外:3点

3点ラインの内:2点

フリースロー:1点

試合時間 10分1ピリオド 10分×4ピリオド
ペナルティ 退場なし・チーム内ファウル5回以上で相手にフリースロー 1人5回ファウルで退
タイムアウト 1回30秒のみ 前半2回・後半3回まで可
ショットロック 12秒 24秒
攻守交代 攻撃側がアークの外側までボールを運んでから 攻撃側がエンドラインの外側からスローイン
選手交代 自由 オフィシャルに申告後、交代指示

こうしてみると、同じバスケでも3×3と5人制ではいろいろと違うことがわかりますね!

やはり3×3の方がコートも狭い分、スピーディーな試合展開となりそうな予感です!!

情報引用:http://3×3.japanbasketball.jp/what-is


バスケ3×3のボールサイズは?公式ボールも紹介!

先ほど、3×3で使用するボールと5人制のボールを比較しましたが、3×3で使用するボールは、【6号の大きさで7号の重さ】のものになります。

6号の大きさ:円周72~74cm
7号の重さ:580~620g

このサイズが、3×3の公式なボールサイズになります。

一般的なバスケットボールとは大きさ、重さのどちらかが規格外になってしまいますので、3×3をやるなら専用のボールを購入しなくてはなりません。

3X3専用のボールはこちら↓

 

楽天には、3×3専用のボールもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね!


バスケ3×3のオリンピックのルール

最後に、3×3のオリンピックのルールについて簡単に説明しましょう。

21点KO式

3×3のルールとして一番に知っておいてほしいのは、【21点KO式】だということ。

もともと3×3は10分間という短い時間での試合ですが、どちらかのチームが21点取った時点で試合終了となります。

3×3はあっという間に攻守が変わって試合が進むため、10分間動きっぱなし。

なるべく早くKOして、体力を温存しておきたいところです。

アークの外側までボールを運ばないと攻撃できない

3×3では、攻守が変わったときに、攻撃側のチームがアークの外側までボールを運んでからでないと攻撃することができません。

ボールを取ったら攻撃、というわけではないのですね。

得点

3×3に「3ポイント」はありません。

5人制バスケットボールの2点が1点、スリーポイントが2点となります。

以下のサイトの【ルールについて詳しくはこちら】というところに、3×3の詳しいルールが載っていますので、ぜひ参考にしてみてください!
http://3×3.japanbasketball.jp/what-is

まとめ

東京オリンピックの新種目、バスケの3×3について、読み方やルール、5人制との違いをご紹介しました。

同じバスケでも、3×3と5人制では違いも多いです。

3×3は最大でも試合時間は10分と短いので、あっという間に試合が進んでいきそうですね。

その分、スピーディーで迫力ある試合になること間違いなし!な3×3。

東京オリンピックでどんな試合がみられるのか、今から楽しみです。

※東京オリンピックに出場する日本代表の女子のメンバーはこちらから確認できます!