2020年7月24日の21時から金曜ロードショーで地上波放送される映画『ジュラシックワールド/炎の王国』についてご紹介します!

DVDをレンタルすることなく、地上波で見られる貴重な機会です。

観る前に、どんな映画なのか知っておきたいですよね。

「ジュラシックワールド/炎の王国」を放送前に前作の「ジュラシックワールド」を復習したり、炎の王国を見逃してしまったりしたのなら動画配信サービスのAmazonプライムビデオでの視聴がおすすめです!

Amazonプライムビデオであれば30日間の無料会員登録期間があり、「ジュラシックワールド」は「見放題」で、「炎の王国」は299円で視聴が可能です。

登録はこちらから。

現在、「ジュラシックワールド/炎の王国」は「見放題」で観る事ができる動画配信サービスはありませんが、「U-NEXT」であれば31日間の無料登録で600ポイントが貰えるので実質「タダ」で「ジュラシックワールド/炎の王国」を視聴できます。

登録はこちらから。

では、『ジュラシックワールド/炎の王国』のあらすじ・ネタバレ感想などさっそく見ていきましょう!



映画『ジュラシックワールド/炎の王国』のあらすじは?

2015年に公開された前作の『ジュラシック・ワールド』でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXの激しいバトルで崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」があるイスラ・ヌブラル島の火山に、噴火の予兆が観測された。

人々は、恐竜たちを見殺しにするのか、自らの命を危険にさらしながらも彼らを救うべきか究極の選択を迫られていた。

テーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と恐竜行動学の専門家であるオーウェン(クリス・プラット)は、悩みながらも恐竜救出を決意し島へ向かう。

そんな矢先、恐れていた火山噴火が始まってしまう。絶体絶命の中、生き残りをかけたアドベンチャーが幕を開ける!

予告編はこちら

Tレッスクスがめちゃくちゃ怖いです。



映画『ジュラシックワールド/炎の王国』のネタバレ感想!最後はどうなる?

前作の『ジュラシックワールド』はイスラ・ヌブラル島が舞台の物語でしたが、今作は舞台転換が多く、ラストでは、恐竜たちの行動範囲が人間の暮らす町にまで及ぶことに。

最初は、イスラ・ヌラブル島から、人間の言うことを聞くラプトル「ブルー」を中心に、11種類の恐竜たちを保護することを目的に島へ上陸します。

しかし、恐竜たちの捜索をしている間に、裏で恐竜を人間に売りさばこうと目論む傭兵と対峙することになってしまいます。

そこで、クレアとオーウェンたちは、恐竜で金儲けをする計画が秘密裏に進行していることを知りますが、恐竜の捕獲・束縛を止めることはできず、船は恐竜を乗せ、島を離れました。

恐竜たちを救うことが今作での目的だと思っていたので、映画の中盤で島を脱出することになるとは思ってもいませんでした。

前作と同じような展開を期待している方は、ここで少し拍子抜けしてしまうかもしれません。

 

一方そのころ、町では「ブルー」を保護するように言ったロックウッド財団のミルズとジュラシックワールドで恐竜再生を行ったヘンリー・ウー博士が新種インドラプトル”の開発を進めていました。「ブルー」の保護も、この“インドラプトル”の調教が目的だと判明。



 

恐竜たちを乗せた船で町に到着したクレアたちは、ミズルや傭兵達の計画を止め、間一髪でインドラプトルから逃げ切ることに成功します。終盤は、ロックウッド財団の設立者ベンジャミン・ロックウッドの孫娘・メイジーがキーパーソンに。

最後はどうなるのでしょうか?

実はメイジーは、ベンジャミンの孫娘ではなく、彼が娘を失ったショックから作り出した、娘のクローンだったのです。

物語のラストで、メイシーは「意図的に作られたクローンだとしても、私と同じで生きているから」と言って、死にかけていた恐竜たちを屋敷の外へ放ちました。

そして、恐竜たちと人間が共存する時代がやってくるという展開で映画は幕を閉じます。

2021年には続編の『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』の公開が決まっており、この事件のその後が描かれるのではないでしょうか?

今作は、恐竜と人間だけではなく、恐竜を利用して金儲けをたくらむ私利私欲にまみれた人間像や目的のためならどんなものでも作り出してしまう人間の醜さなどを描いた作品になっていました。

恐竜たちが人間を襲うだけではない、新しい視点から描かれた映画だと思います!

そして、物語は「ジュラシック・ワールド3」(Jurassic World 3)へ続くのすが、「炎の王国」のその後が動画でアップされているんです。



映画『ジュラシックワールド/炎の王国』の評価

映画『ジュラシックワールド/炎の王国』は面白いのか、映画の評価を見ていきましょう。

Yahoo!Japan映画 3.61/5.00点

Filmarks映画 3.7/5.0点

映画の時間 3/5 

 

各映画レビューサイトの点数を見てみても、満足度は「普通」ぐらいですね。

評価が低すぎることもなく、見ていてつまらないと感じることはないんじゃないでしょうか?

かといって、評価が高いとは言えないので、観る前に期待しすぎてしまうと、後でものたりないと思ってしまうかもしれませんね。

「ジュラシックワールド/炎の王国」を放送前に前作の「ジュラシックワールド」を復習したり、炎の王国を見逃してしまったりしたのなら動画配信サービスのAmazonプライムビデオでの視聴がおすすめです!

Amazonプライムビデオであれば30日間の無料会員登録期間があり、「ジュラシックワールド」は「見放題」で、「炎の王国」は299円で視聴が可能です。

登録はこちらから。

現在、「ジュラシックワールド/炎の王国」は「見放題」で観る事ができる動画配信サービスはありませんが、「U-NEXT」であれば31日間の無料登録で600ポイントが貰えるので実質「タダ」で「ジュラシックワールド/炎の王国」を視聴できます。

登録はこちらから。