第99回全国高校ラグビー大会2連覇に挑んだのは、大阪桐蔭高校3年ラグビー部主将の奥井章仁選です。

しかし、惜しくも桐蔭学園(神奈川)に破れ、高校生活最後の花園大会はベスト8で終わりました。

 

奥井選手は2019年7月にU20日本代表へ選出され、「ワールドラグビーU20トロフィー2019」出場しています。

今後の日本ラグビーを背負って立つ選手なのです。

高校を卒業した後の進路が、ラグビーファンやラグビー関係者の間で注目を浴びています。

 

今回は、奥井章仁選手の今後の大学の進路、出身中学や大阪桐蔭高校での戦績について、奥井選手のことが気になったので調べてみました!

ラグビー関連記事
奥井章仁選手が全国高校ラグビー大会に出場しました!

奥井章仁選手は、現在高校3年生ということで、今後の進路がとても気になります。

大学へ進学をすると思うので、大阪桐蔭高校の卒業生の過去の進路を調べてみました!

※情報元:大阪桐蔭高校ラグビー部HP

大学進学
  • 帝京大学
  • 中央大学
  • 大東文化大学
  • 専修大学
  • 東洋大学
  • 関西大学
  • 立命館大学、
  • 近畿大学
  • 甲南大学
  • 龍谷大学
  • 大阪体育大学
  • 摂南大学
  • 大阪工業大学
  • 九州協立大学
  • 大阪産業大学
社会人ラグビー
  • パナソニックワイルドナイツ
  • クボタスピアーズ
  • ヤマハ発動機ジュビロ
  • リコーブラックラムズ
  • 豊田自動織機シャトルズ
  • 近鉄ライナーズ
  • 宗像サニックスブルース
  • NTTコミュニケーションズシャイニングアークスト
  • ヨタ自動車ヴェルブリッツ

大阪桐蔭高校の卒業生の方は、ラグビーの名門大学や社会人ラグビーで活躍されていますよね。

その中でも、奥井章仁選手の活躍からして、どの大学を希望しても進学可能だと思われます。

断る大学なんてないですよね!!

奥井章仁選手はインタビューで憧れの選手を聞かれると、2人の選手の名前を答えました。

1人は同じ大阪桐蔭の先輩で、現在帝京大学1年の中野光基選手です。

もう1人は、パナソニックで活躍していて、早稲田大学出身で、現在日本代表である布巻峻介選手です。

ですので、候補の大学としては早稲田大学か帝京大学ということになります。

 

そして、2020年01月07日に奥井章仁選手の進路が発表されました!

帝京大学へ進学するようです。

帝京大学といえば2009年から2017年まで、大学ラグビー選手権を9連覇をしている強豪校です。

2018年と2019年は苦しい成績を残していますが、奥井選手の加入によって再び優勝を狙えるチームになるのではないでしょうか!

帝京大学ラグビー部の奥井選手の活躍がとっても楽しみですね!

2年生の昨年度から高校日本代表。今年は主将としてチームをけん引。タテへの強さは世代屈指。ステップも踏める。綾部正史監督は「どんなこともマイナスにとらえない心の大きさ」と精神的な部分を長所に挙げる。帝京大を選んだのは「より成長させてもらえる」。

引用:https://friday.kodansha.co.jp/



奥井章仁選手の出身中学は?

奥井章仁選手はどこの中学校へ通っていたのか?

出身の中学はラグビー部が強いのか?

中学でのラグビーの成績が気になったので、調べてみました。

 

※情報元:楠葉中学校HP、スポーツ報知HP

 

奥井章仁選手は地元の大阪府枚方市の楠葉(くずは)中学校へ通っていました。(情報元:スポーツ報知HP)

中学でもラグビーを続けてラグビー部に入部します。

楠葉中学校のラグビー部は、北河内選抜選手やオール大阪に毎年多くの選手が選ばれる強豪校なんです。

奥井章仁選手ももちろん、北河内選抜オール大阪の選手に選ばれました!!

 

中学3年生の時には、北河内春季大会準優勝や大阪総体ベスト8の成績を残しました。

その活躍を見初められ、大阪桐蔭高校ラグビー部の綾部監督からの熱い勧誘を受けてたそうです。

 

中学生の頃からラグビー選手として才能が咲き始めてたのでしょうね!!



奥井章仁選手の大阪桐蔭高校ラグビー部の戦績


奥井章仁選手の大阪桐蔭高校ラグビー部の戦績を紹介します。

 

奥井章仁選手は、大阪桐蔭高校のラグビー部に入部して1年生の夏にはレギュラーを獲得しました。

そして、2年生の時に大阪桐蔭高校を初の全国大会優勝に導いたのです!!

この年の夏の甲子園では、同じ背番号6の根尾選手が優勝の活躍をして、大阪桐蔭高校のNO6両名が、ラグビーと野球を優勝に導いたと話題になりましたよね!

 

※情報元:大阪桐蔭高校ラグビー部HP

2017年度
(1年生)
  • 第18回全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会:ベスト8
  • 第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会:準優勝
  • 第69回近畿高等学校ラグビーフットボール大会:優勝
  • 第72回大阪高等学校総合体育大会:準優勝
2018年度
(2年生)
  • 第19回全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会:準優勝
  • 第98回全国高校ラグビーフットボール大会:優勝
  • 第70回近畿高等学校ラグビーフットボール大会:ベスト8
  • 第73回大阪高等学校総合体育大会:優勝
2019年度
(3年生)
  • 第99回全国高校ラグビーフットボール大会:ベスト8
  • 第71回近畿高等学校ラグビーフットボール大会:ベスト8
  • サニックスワールドユース:5位
  • 第74回大阪高等学校総合体育大会:優勝

1年生の全国大会の決勝では、同じ大阪代表の東海大仰星高校と対決しました。

相手の東海大仰星高校にも同じ1年生でレギュラーを獲得した谷口宜顕選手がいるのです。

この谷口選手も中学の時に同じオール大阪に選ばれたライバルということで、1年生対決としても注目を浴びました。

結果は前半は大阪桐蔭高校のリードでしたが、後半逆転を喫して20-27と惜しくも破れて、準優勝で終わったのです。

奥井選手は、

「準決勝の疲れはそんなになかったですが、相手は展開ラグビーをしてくるチームで、前半は止めていたが、後半、(ディフェンスが)甘くなって持っていかれた。そこが反省点です。でも60分きっちりやれたので悔いはないです。来年は絶対ここ(決勝に)に戻って来て、超えられるようにしたい」

と悔しさを口にして号泣しました。

 

しかし、2年生の時には見事に大阪桐蔭高校を全国初優勝に導いています。

予選では6人の相手選手を弾き飛ばしてトライを決める、怪物的活躍を見せたのです!

決勝でも奥井選手はトライを決めて、神奈川県の桐蔭学園を26―24で下して優勝を果たしました!!

おめでとう!!!

 

2連覇をかけた3年生最後の全国高校ラグビー大会ですが、昨年決勝打ち破った桐蔭学園と準々決勝で戦いました。

そして、桐蔭学園に31-12と雪辱を果たされ、ベスト8という成績で高校ラグビー最後の試合を締めくくることになったのです。

この悔しさを胸に、帝京大学進学後は強さに磨きをかけて活躍してほしいですね。

 

大阪桐蔭高校とは別の話題ですが、2019年7月には、U20日本代表に選出されて「ワールドラグビーU20トロフィー2019」へ出場しています。

U20日本代表の水間良武監督に「高校日本代表の試合を観て、いい選手だと思った」と、活躍を認められ、1つ上の世代へと飛び級することになりました。

決勝のポルトガル戦では、後半61分に途中出場するとそれまで劣勢だった流れを奥井選手の投入をきっかけに、勢いが変わります。

そして接戦の熱い戦いを制したのはU20日本代表でした。

35-34で、見事にポルトガルから逆転をして優勝を果たしました!!

日本代表としての活躍も大いに期待できます。

奥井章仁選手のプロフィール・経歴

奥井章仁選手のプロフィールと経歴を紹介します!

名前 奥井 章仁(おくい あきひと)
年齢 2001年9月17日:17歳
出身 大阪府枚方市
学歴 ・楠葉(くずは)中学校:卒業

・大阪桐蔭高校3年生:在学中

競技 ラグビー
ポジション フランカー/NO8
身長
177cm
体重 106kg
50m走 6秒8
家族 両親、姉
好きなもの 食べ放題の焼き肉に行ったら、2時間食べ続けられる。
経歴
  • 楠葉西小学校1年生の時に「枚方ラグビースクール」で、ラグビーを始める。
  • 楠葉中学校のラグビー部ではポジションNO8を務める。北河内春季大会で準優勝の成績を残しています。
  • で3位に入る。
  • 大阪桐蔭高校では1年生の夏からAチームに入り、試合に出場する。1年生:全国大会準優勝(2017年)、2年生:全国大会優勝(2018年)、3年生:全国大会ベスト8(2019年)
  • U17日本代表で高校日本代表(2018年)となる。
  • U20日本代表に選出され「ワールドラグビーU20トロフィー2019」で優勝を果たす。(2019年7月)

奥井章仁選手は、お父さんが昔ラグビーをしていたこともあり、その影響を受けて小学校1年生の頃に「枚方ラグビースクール」に通い始めました。

枚方市の楠葉中学校ではラグビー部に入部して、チームの中心として活躍します。

北河内春季大会では準優勝で終わりましたが、その時の活躍を認められて、大阪桐蔭高校という強豪校に熱意ある勧誘があって、進学を決めたんだそうです!

大阪桐蔭高校では夏から1年生ながらレギュラーを獲得しました。

1年生の時に全国大会準優勝、2年生の時には全国大会優勝、3年生の時は全国大会ベスト8の成績を残しています。を果ています。

高校2年生でU17日本代表で高校日本代表を努め、高校3年生のにはU20日本代表に選出され「ワールドラグビーU20トロフィー2019」で優勝を果たし、ラグビー選手として注目を浴びています。



まとめ

今回は、奥井章仁選手の今後の大学の進路、出身中学や大阪桐蔭高校での戦績についてを調べました。

 

高校生活最後の全国高校ラグビー大会は、ベスト8で悔し涙を流した奥井選手です。

しかし、U20日本代表に選出され「ワールドラグビーU20トロフィー2019」で優勝を果たしており、今後は強豪の帝京大学への進学が決まりました!

奥井選手の活躍で、常勝帝京大学の復活が期待されます。

 

今後の日本のラグビーをさらに強くしてくれる、奥井章仁選手を応援していきましょう!!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ラグビー関連記事
奥井章仁選手が全国高校ラグビー大会に出場しました!