野球選手にとって、バッドやグローブはとても大事ですよね。
プレーに直接関係するので、選手1人1人にこだわりがあり、特注したりする選手もいます。

甲子園で活躍した中日ドラゴンズの根尾昂選手もその1人です。
なので、今回は根尾昂選手バットとグローブを調べました!

また、高校野球とプロでは金属と木製で違うので、高校時代のバットも通算成績と一緒に紹介していきます。



根尾昴の甲子園の高校通算成績は?

まずは根尾選手の高校通算成績を表にまとめましたのでご覧ください。

1年:夏の甲子園 打率:0(打数:0、安打:0)
本塁打:0
盗塁:0
2年:春の選抜甲子園 打率:211(打数:19、安打:4)
本塁打:0本
盗塁:1回
2年:夏の甲子園 打率.333(打数:12、安打:4)
本塁打:0本
盗塁:0回
3年 春の選抜甲子園 打率.500(打数:18、安打:9)
本塁打:0本
盗塁:0回
3年:夏の甲子園 打率.429(打数:21、安打:9)
本塁打:3本
盗塁:0回
高校通算成績 打率.371
本塁打3本

 

【根尾選手のエピソード】

中学時代 根尾選手は、頭もよく頭脳明晰で、中学時代にスキー選手として全国優勝するほどの実力ももっていたみたいです。
高校1年 1年の時から投手として145㎞を出し、打者としても注目されていた根尾選手。
1年生の夏からベンチ入りし、大阪府大会の4回戦では大阪偕星戦で代打で出場し、高校初ホームランを飾ります。
高校2年 2年の春には、スタメンとして選抜の甲子園で優勝に大きく貢献しています。
高校3年 3年では春夏連覇を果たし、夏の甲子園では3本のホームランを打って活躍しました
父への手紙 そんな根尾選手は1年の時から力を発揮していますが、大阪桐蔭高校は全国から猛者が集まってきます。
根尾選手といえど入学当初は、周りの実力が想像以上に高くレギュラーを簡単に獲ることはできませんでした。その際にお父さんの浩さんにこんな手紙を送っています。
「勉強できなくてごめんなさい。成績下がるけどごめんなさい。でもその分野球を頑張ります。」本当に真面目な根尾選手。
野球にかける思いがこの手紙から伝わってきます。
注目されていた根尾選手も猛練習の上、高校でこれだけの成績が出せたんですね。


根尾昴の高校時代のバットが特注?

根尾選手は、高校時代バットは特注だったそうです。
高校時代から特注のバットはすごいですね。
それだけ、高校時代から注目されていたことが分かります。

調べたところ
メーカーはZETT社でした!

黒が主体のバットで、オレンジ色でZETTと書かれていてとてもかっこいいです。
特徴としては、ヘッドキャップがHCキャップで手元よりのバランスになります。
価格は、根尾モデルとして3万円くらいでした。
なかなか良いお値段しますねw

オレンジのロゴはめずらしいですね



根尾昴の中日ドラゴンズのグローブやバットを紹介!

プロになってからの根尾選手のグローブやバットももちろん特注です。

グローブを紹介

グローブもZETT社でネオステイタスのグラブです。
グローブに書いている「巧」の文字がかっこいいです。

この投稿をInstagramで見る

 

@akirato157がシェアした投稿

バッドのメーカーや特徴

高校時代と同じZETT社のバットを使用しています。

特徴は、重さが910gで、
900gより軽いものがよく使われているプロの世界では、少し重めですね。

根尾は「結果的にボールが飛べばいい」とバット職人に伝えたみたいで、
飛距離を伸ばしたいと考えているようです。

重いバットは距離はでますが、差し込まれることがあるため、相当量の練習が必要です。

 

高校時代に比べてシンプルですね

この投稿をInstagramで見る

 

@akirato157がシェアした投稿



まとめ

今回は、
・根尾晃の甲子園や高校通算成績は?
・高校時代のバットは特注?
・中日のグローブやバットを紹介!

についてお伝えしました。

根尾選手は、バットやグローブにとてもこだわりがありましたね。

高校野球では結果を残してきましたが、
まだプロで成績を残せていないので、結果を求めてとてつもない練習をしていると思います。
バットを重くしたのがその証拠ですね。

真面目で野球にかける思いがある根尾選手なので、高校時代と同じようにすぐに結果につながると思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。