小さいころから野球をしている人は多いですよね。
プロ野球選手で活躍している人もみんな小さいころから野球を始め、遊ぶ時間や、勉強の時間を削ってまで、毎日のように練習をしてます。

野球以外の物を犠牲にしないとプロにはなれない、そんな厳しい世界です。
そのような中、中日ドラゴンズの根尾選手は、中学の時から野球で注目される選手で、頭もよく医者を目指すほどの頭脳を持ち合わせていました。

そんな根尾選手の野球だけじゃない、成績や家族環境、出身校を色々調べましたのでお伝えします!

今回は
・根尾昂は頭がいい?
・兄と両親が医者って本当?
・姉は看護師なの?
・出身中学はどこ?

この内容をお伝えします。



根尾昴は頭がいい?学生時代の成績は?

大阪桐蔭高校時代の根尾選手

真面目な性格で有名の根尾選手ですが、野球に対してだけでなく勉強にも真面目に取り組んでいました。医者を目指すほど頭が良かったみたいです。

とあるインタビューでは、
「特に勉強しろとは言われたわけではありませんが、勉強するのが当たり前と思っていた」
と言っています。

この考え方がすごいですねw

そんな根尾選手の、中学時代の成績はオール5。
それに加え生徒会長も務めていたそうです。
本当に真面目な性格がわかります。

高校時代は、厳しい練習で有名な大阪桐蔭高校。
また、周りのチームメイトのレベルが高いですし、勉強をしている時間なんてあるはずがありません。

さすがの根尾選手も、勉強する時間を削らないとレギュラーになれないと思い、勉強する時間を減らして、練習する時間を増やしたみたいです。
それでも、そんな厳しい練習をこなしていたにもかかわらず野球部では唯一のAクラス。

時間がない中でも成績を残せたのは、練習と一緒で勉強も集中をしてやってきたからでしょうね。
「野球を言い訳に勉強がおろそかになるのも嫌だし、勉強したせいで下手になるのも嫌だった」と言います。
噂通りの完璧主義ですね。



根尾昂の兄と両親が医者って本当?

医者も目指すほど頭も良い根尾選手。
その影響は家族にありました。
両親が地元の飛騨で診療所をしている医者夫婦で、兄の根尾学さんも岐阜大学の医学部です。

根尾昂の兄を紹介!

お兄さんの根尾学さんは、根尾選手の3歳上で、岐阜大学の医学部です。
岐阜大学医学部の偏差値は68.5ですので学さんもとても頭が良いことが分かります。

高校時代は、斐太高校の野球部エースとしてチームを岐阜県大会決勝まで導いています。
兄弟そろって頭も良く、運動神経も良いなんてうらやましいですね!

根尾昂の両親を紹介!

根尾選手のご両親。お父さんとよく似ていますね。

お父さんの根尾浩さんは、飛騨市の宮川診療所の常勤医として働いています。
お母さんの実喜子さんは、これまた飛騨市の隣町にある河合診療所で働いています。

過疎が進む町で、お互いに院長として町の人たちを支えています。

父の浩さんは、「勉強をしなさいと特に言ったことはない」とコメントしています。
また、「礼に始まり礼に終わる。勝つだけの選手でなく、人としてやるべきことをしなさい」と根尾選手に言われたそうです。

子供のころから医者として働いている両親をみて、根尾選手も礼儀正しく、勉強もきっちりとする真面目な人に育ったのでしょう。



根尾昂の看護師なの?

根尾選手には、お姉さんもいます。
お姉さんの名前は春陽(はるひ)さんで、富山県の医療部看護科を卒業していて、今は看護師として働いています。
家族全員医療関係で働いてるなんてすごい家族ですね。

そんな家族環境だったからこそ根尾選手も野球だけじゃなく勉強もするのが当然だと考えていたんですね。



根尾昂の出身中学はどこ?

根尾選手のは、飛騨私立古川中学出身で、飛騨高山ボーイズに所属していました。

中学3年のころには、ピッチャーとして最速146kmを出し、すごい注目を受けていました。

黒木ヘッドコーチも、「基本に忠実。絶対に手を抜かない。できるまで何度でも繰り返す。
どうすればうまくなるか常に考えている」「こんな子がプロになるんだろうな」とコメントしています。

実際、プロ選手になっているので黒木ヘッドコーチの目は正しかったですね。
それくらい、中学から他の人とは違う物を持っていたのでしょう。



まとめ

今回は
・根尾昂は頭がいい?
・兄と両親が医者って本当?
・姉は看護師なの?
・出身中学はどこ?

この内容をお伝えしました。

両親だけでなくお兄さんもお姉さんも医療に携わっているなんて本当素晴らしいですね。
家族全員頭がよく、スポーツも万能だなんてうらやましいです。
根尾選手の根本的なところが見えましたね。

最後までご覧に頂きありがとうございました。