こんにちは!
元ラガーマンのたくろーです!

ラグビー東京オリンピック2020がもうすぐ開催されます!

2016年のリオデジャネイロ・オリンピックでは、4位という好成績を残した男子ラグビー日本代表。

東京オリンピックオリンピックではメダルの期待ができるのではないでしょうか。

ラグビーワールドカップ2019では、ベスト8という素晴らしい成績を残し、ラグビー人気が急上昇中です。

今回は、
【東京オリンピック2020】ラグビー日本代表選手の人気ランキングBEST20を発表したいと思います!!

どんな選手に注目して試合を見たら良いか分からない人のために、東京オリンピック日本代表に選出予定の選手の中から、人気の20人を選びました!

そして、インターネット検索(Google)の検索数が多い順番にランキングを決めさせて頂きました。

ラグビーの実力選手はもちろん

イケメン選手も9人紹介します!

 

東京オリンピック2020で活躍してくれるラグビー選手を選ばせてもらいました。

まだ東京オリンピックのラグビー日本代表は発表されていませんが、この中から選ばれる人が多くいるはずです。

東京オリンピックでメダル獲得へ向けて、どんな注目選手がいるか是非見て下さい!

ラグビートップリーグ開催中!

東京オリンピック・ラグビー日本代表の選手も出場するラグビートップリーグが、2020年1月12日(日)~5月9日(日)の約4ヶ月間の日程で行われます!
日本代表選手が各チームに別れて熱戦を繰り広げています。
オリンピック前に素晴らしいプレーや試合をぜひお楽しみください。

ラグビートップリーグ2020の日程と試合結果!ライブ配信や見逃し動画を無料視聴する方法は?



1位:福岡堅樹(ふくおか けんき):イケメン☆☆

福岡堅樹選手は、ラグビーワールドカップ2019で4トライを決め、見事に日本代表をベスト8進出へと導いてくれました!

オリンピック代表候補に選ばれ、東京オリンピクを目指しています。

15人制のラグビーではスピードスターの名の通り、超スピードで敵を寄せ付けません。

7人制で求められるスピード能力は十分持っていると言えます。

東京オリンピクを最後に引退をして、医者を目指す福岡堅樹選手。

ぜひ代表に選ばれて、東京オリンピックでは是非ともメダル獲得をして欲しいです!!

 

この走りヤバいっす!
カッコ良すぎ!!!

 

ハイスペックラガーマン!
素敵すぎます。

プロフィール

生年月日:1992年9月7日(27歳)
出身地:福岡県古賀市
所属:パナソニック ワイルドナイツ
ポジション:ウイング
身長:1.75 m
体重:83 kg
高校:福岡高校
大学:筑波大学
愛称:けんき
日本代表:38試合、125得点
スーパーラグビー(サンウルブズ):13試合、25得点

【経歴】

5歳時に玄海ジュニアラグビークラブに入りラグビーを始める。中学時代は陸上部と兼用する。福岡県立福岡高等学校時代の2010年度・第90回全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場[1]。その後、医学部入学をめざし、現役及び一浪時に同学部のある大学を受験するも失敗。一浪時の国公立大学二次試験の後期試験で受験した筑波大学情報学群に合格し、2012年、同校に入学。同校ラグビー部に入部した。

対日本体育大学戦が、関東大学ラグビー対抗戦(以下、対抗戦)の初の出場試合となったが、実に6トライを挙げる活躍を見せ、その後も主力メンバーの一人として筑波大学の対抗戦初優勝に貢献。さらに、続く第49回全国大学選手権でも、筑波大学初となる同大会準優勝に貢献した。

2013年2月、ジュニア・ジャパンに選出[2]された後、同年4月、日本代表に選出された。初のキャップ獲得試合は4月20日のフィリピン戦。そして、6月8日及び6月15日にそれぞれ行われたウェールズ戦では、いずれもスタメン出場を果たし、15日の試合では対ウェールズ代表戦初勝利のメンバーとして名を連ねた。

2015年、第51回全国大学選手権で2回目となる大会準優勝に貢献した。また同年8月にはラグビーワールドカップ2015の日本代表に選ばれる。

2016年、パナソニック ワイルドナイツに加入し、同年7月にはリオデジャネイロオリンピックの7人制日本代表に選ばれた。また、同年9月17日に行われたジャパンラグビートップリーグ第4節のサントリーサンゴリアス戦にて先発出場で公式戦初出場を果たす。さらに、同年11月にはスーパーラグビーサンウルブズの2017年スコッドに入った。

2019年8月、ラグビーワールドカップ2019の日本代表に選出された。大会直前の負傷によりW杯本大会開幕戦のロシア戦は欠場したが、2戦目のアイルランド戦以降の4試合に出場して通算4トライを決め、大会後に大会公式ウェブサイトが選ぶ、大会を盛り上げた「別格だったマグニフィセント・セブン(豪華な7人)」に選出された。

なお、15人制ラグビーはワールドカップを最後に引退し、東京オリンピックでの7人制ラグビーを最後にラグビーを退き、医師を目指すことを公言している。

引用:Wikipedia

福岡堅樹選手の関連記事です!

2位:藤田慶和(ふじた よしかず):イケメン☆☆☆

惜しくもワールドカップ2019には選ばれませんでしたが、東京オリンピック出場へ向けて日々トレーニングを行っています。

藤田慶和選手はイケメンで女性ファンに大人気です!

日本代表にも選ばれており、海外リーグのスーパーラグビーにも参加した実力者でもあります。

スピードとパワーを活かして、東京オリンピック日本代表に選ばれて活躍して欲しいです!

 

この素晴らしい走りを東京オリンピックでも見たい!

 

この笑顔で女性ファンを悩殺しています!笑

プロフィール

生年月日:1993年9月8日(26歳)
出身地:京都府京都市
所属:パナソニック ワイルドナイツ
ポジション:ウィング、フルバック
身長:1.84 m
体重:90 kg
高校:東福岡高校
大学:早稲田大学
愛称:yoshi
日本代表:31試合、130得点
スーパーラグビー(サンウルブズ):1試合

【経歴】

小学3年生からラグビーを始めた。

2012年、東福岡高校卒業後、早稲田大学に入る。東福岡高校時代に2010年度高校日本代表に選出された。

2012年5月5日に行われたアジア五カ国対抗戦の対UAE戦で日本代表の最年少出場記録を18歳7ヶ月27日で更新して同試合では6つのトライを記録した。

2015年、バーバリアンズのメンバーにホラニ龍コリニアシと共に選ばれた。また同年8月にはラグビーワールドカップ2015の日本代表に選ばれる。

2016年、パナソニック ワイルドナイツに加入。同年8月26日に行われたジャパンラグビートップリーグ第1節のヤマハ発動機ジュビロ戦にて途中出場で公式戦初出場を果たす。

2018年7月、サンウルブズに追加招集された。

引用:Wikipedia

藤田慶和選手の関連記事です!
藤田慶和選手のイケメン画像や彼女などについて調べました。

藤田慶和選手のプロフィールに関することを詳しく調べました。
藤田慶和の背番号やポジションはどこ?年齢や身長は?出身高校や出身大学を調査!

3位:吉澤太一(よしざわ たいち)

吉澤太一選手は、2018年にラグビーワールドカップセブンズの7人制日本代表に選ばれました。

持ち前の走りとステップ能力やハンドオフで、相手をかわす技術は抜群です!

東京オリンピックへぜひ出場して欲しい選手です。

 

2018年にラグビーワールドカップセブンズに出場!

 

この活躍をオリンピックで見たいです!

プロフィール

生年月日:1991年7月18日(28歳)
出身地:埼玉県熊谷市
所属:コカ・コーラレッドスパークス
ポジション:フルバック
身長:1.75 m
体重:75 kg
高校:正智深谷高校
大学:立正大学
配偶者:既婚
愛称:タイチ、たいちゃん

【経歴】

2010年、正智深谷高校卒業後、立正大学に入学する。

2013年、立正大学ラグビー部の主将に就任し、ユニバーシアード競技大会の7人制日本代表に選ばれた。

2014年、立正大学卒業後、コカ・コーラレッドスパークスに加入。同年10月19日に行われたジャパンラグビートップリーグ第7節の近鉄ライナーズ戦にて先発出場で公式戦初出場を果たす。

2018年、ラグビーワールドカップセブンズ2018の7人制日本代表に選ばれた。

引用:Wikipedia



4位:本村直樹(もとむら なおき)

2016年に所属チームのHonda Heatに入団し、2017年に、7人制日本代表に選ばれたことがあります。

尊敬する選手は、チームメートのレメキ・ロマノ・ラヴァ選手で、ラグビーワールドカップ2019の活躍を見て学ぶことが多かったようです。

ウィングということで走ることには自身があり、もっとパワフルになり、東京オリンピック代表に選ばれて、活躍をすることを強く思っています。

 

見事な走りと、ダブポーズ?が可愛らしい!

 

東京オリンピックの表彰台を目指すとは、頼もしい!!

プロフィール

生年月日:1992年4月11日(27歳)
出身地:青森県
所属:Honda Heat
ポジション:ウィング、フルバック
身長:1.84 m
体重:88 kg
高校:八戸高校
大学:筑波大学
愛称:ウッデイ、もっくん

【経歴】

ラグビーを始めたきっかけは兄の影響から。

八戸高校、筑波大学を経て、2016年、Honda Heatに加入。同年8月27日に行われたジャパンラグビートップリーグ第1節の宗像サニックスブルース戦に先発出場で公式戦初出場を果たす。

セブンズ学生日本代表に選ばれたことがある。(2014年)

7人制日本代表に選ばれたことがある。(2017年)

引用:Wikipedia

5位:小澤大(おざわ だい):イケメン☆☆☆

2012年にトヨタ自動車ヴェルブリッツへ加入し、2018年にはラグビーワールドカップセブンズ2018の7人制日本代表に選ばれています。

セブンスではプロップのポジションですが、素早いラン&ステップでトライを決めることができます。

イケメンで女性ファン急上昇中!

 

ナイストライ!
笑顔が本当に最高。

 

セブンスの主将を務めたこともあります。

プロフィール

生年月日:1989年5月8日(30歳)
出身地:岐阜県
所属:トヨタ自動車ヴェルブリッツ
ポジション:ウィング、フルバック、セブンズではプロップ
身長:1.83 m
体重:89 kg
高校:岐阜工業高校
大学:流通経済大学

【経歴】

2008年、岐阜工業高校卒業後、流通経済大学に入る。なお岐阜工業高校時代に1回花園への出場経験がある。

2012年、流通経済大学卒業後、トヨタ自動車ヴェルブリッツに加入。なお流通経済大学時代に関東大学ラグビーリーグ戦1部での初優勝に貢献した。また同年9月1日に行われたジャパンラグビートップリーグ第1節のヤマハ発動機ジュビロ戦に先発出場で公式戦初出場を果たす。

2018年、日本協会と7人制日本代表チーム専任選手契約を締結した。また同年にはラグビーワールドカップセブンズ2018の7人制日本代表に選ばれた。

引用:Wikipedia

6位:後藤輝也(ごとう てるや):イケメン☆☆

2014年にNECグリーンロケッツに加入し、2016年にはリオデジャネイロオリンピックの7人制日本代表に選ばれました。

2016年の12月にはスーパーラグビーのサンウルブズの練習生に招集されたこともあります。

4年前のオリンピック出場の経験を活かして頑張って下さい!!

 

後藤輝也選手のパワフルの走りが凄い!

 

爽やかな笑顔がイケてます!

プロフィール

生年月日:1991年12月18日(28歳)
出身地:山梨県
所属:NECグリーンロケッツ
ポジション:ウィング
身長:1.77 m
体重:80 kg
高校:桂高校
大学:山梨学院大学
愛称:ゴトゥー

【経歴】

高校からラグビーを始めた。

2010年、桂高校卒業後、山梨学院大学に入る。

2013年、山梨学院大学ラグビー部の主将に就任し、山梨学院大学の11年ぶりとなる関東大学ラグビーリーグ戦グループ1部昇格に貢献した。

2014年、山梨学院大学卒業後、NECグリーンロケッツに加入。同年8月23日に行われたジャパンラグビートップリーグ第1節のクボタスピアーズ戦に先発出場で公式戦初出場を果たす。

2016年、リオデジャネイロオリンピックの7人制日本代表に選ばれ、同年12月にはスーパーラグビーサンウルブズの2017年スコッドに入った。

引用:Wikipedia



7位:松井千士(まつい ちひと):イケメン☆☆☆

2016年にリオデジャネイロオリンピックの7人制日本代表バックアップメンバーに選ばれた後、2018年にワールドカップセブンズの7人制日本代表に選ばれました。

雑誌CanCamに載るほどの超イケメン!!!

 

プレーも超イケてます!!

 

ラグビー界の王子様☆彡

プロフィール

生年月日:1994年11月11日(25歳)
出身地:大阪府大阪市旭区
所属:サントリーサンゴリアス
ポジション:ウィング
身長:1.83 m
体重:77 kg
高校:常翔学園高校
大学:同志社大学
愛称:ちひと
日本代表:2試合、5得点

【経歴】

大阪市立大宮小学校1年のとき、「大工大高ラグビースクール」に加入し、活動を開始。その後、大阪市立大宮中学校を経て、常翔学園高等学校に入学。同高校3年時となる2012年度の第92回全国高等学校ラグビーフットボール大会で優勝に貢献。また、高校日本代表選手に、2年時、3年時の2回選出された。

その後、同志社大学に入学。2015年4月18日に行われた、アジアラグビーチャンピオンシップ2015の対韓国代表戦が、日本代表としての初キャップ試合となった。

2016年、リオデジャネイロオリンピックの7人制日本代表バックアップメンバーに選ばれた。

2017年、同志社大学卒業後、サントリーサンゴリアスに加入。同年9月2日に行われたジャパンラグビートップリーグ第3節のヤマハ発動機ジュビロ戦にて途中出場で公式戦初出場を果たす。

2018年、ワールドカップセブンズの7人制日本代表に選ばれた。

引用:Wikipedia

8位:加納遼大(かのう りょうた):イケメン☆☆

2015年に明治大学卒業後、明治安田生命ホーリーズに加入します。

2018年にラグビーワールドカップセブンズの7人制日本代表に選ばれました。

15人制ではスクラムハーフですが、ウイングと複数のポジションをこなすことができ、パスとランが非常に優れた選手です。

 

加納遼大の余裕のトライシーン!

 

さわやかなイケメンですねぇ。。。

プロフィール

生年月日:1992年5月10日(27歳)
出身地:東京都葛飾区
所属:明治安田生命ホーリーズ
ポジション:スクラムハーフ
身長:1.73 m (5 ft 8 in)
体重:72 kg (11 st 5 lb)
高校:常総学院高校
大学:明治大学

【経歴】

3歳からラグビーを始めた。

2011年、常総学院高校卒業後、明治大学に入る。なお常総学院高校時代、主将を務めて。高校日本代表候補に選ばれたことがある。

2015年、明治大学卒業後、明治安田生命ホーリーズに加入。

2018年、ラグビーワールドカップセブンズ2018の7人制日本代表に選ばれた。

引用:Wikipedia

9位:羽野一志(はの かずし):イケメン☆☆

2014年に中央大学卒業後、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスに加入します。

2016年にリオデジャネイロオリンピックの7人制日本代表に選ばれ、2017年7月にはサンウルブズに追加招集されています。

東京オリンピックではメダル獲得を目指しています!!

 

羽野一志選手のトライシーンをどうぞ!

 

美人の奥さんと2ショット!
幸せそうですなぁ。

プロフィール

生年月日:1991年6月21日(28歳)
出身地:愛知県名古屋市
所属:NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
ポジション:フルバック
身長:1.85 m
体重:87 kg
高校:西陵高校
大学:中央大学
愛称:カズシ

【経歴】

名古屋市立御田中学校で中学1年生からラグビーを始めた。

2010年、西陵高校卒業後、中央大学に入る。

2013年、ラグビーワールドカップセブンズ2013の7人制日本代表に選ばれた。

2014年、中央大学卒業後、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスに加入。同年8月29日に行われたジャパンラグビートップリーグ第2節の東芝ブレイブルーパス戦に途中出場で公式戦初出場を果たす。 また同年のアジア大会では7人制日本代表として金メダル獲得に貢献。

2016年、リオデジャネイロオリンピックの7人制日本代表に選ばれた。

2017年7月にはサンウルブズに追加招集された。

引用:Wikipedia



10位:石田吉平(いしだ きっぺい)

石田吉平選手は明治大学2年生!

2020年の全国大学ラグビーフットボール選手権大会の決勝では、早稲田大学に敗れて準優勝に終わったものの、その後にラグビーセブンス代表に選ばれています!

若手NO1のステップとスピードは、オリンピックでも絶対活躍できます!!

 

このステップとスピードはヤバイ!!

 

現役明大生がオリンピック出場できるか!?

プロフィール

生年月日:2000年4月28日(19歳)
出身地:兵庫県尼崎市
ポジション:ウィング
身長:1.67 m
体重:75 kg
高校:常翔学園高校
大学:明治大学(在学中)

【経歴】

5歳からラグビーを始めた。

2019年、常翔学園高校卒業後、明治大学に入る。なお常翔学園高校時代、高校日本代表に選ばれたことがある。

7人制ユース日本代表に選ばれたことがある。

7人制日本代表に選ばれたことがある。(2020年)

引用:Wikipedia

11位:合谷和弘(ごうや かずひろ)

2016年に流通経済大学卒業した後、クボタスピアーズに加入します。

2016年のリオデジャネイロオリンピックの日本代表に選ばれ、4位という好成績に貢献しています。

スタンドオフしてのキックもでき、ランとステップ能力もあり、向かってくる相手を止めるタックルもパワフルです。

 

ディフェンスを切り裂くキレッキレッの走りがマジすげー!

 

キック・タックル・ランの三拍子揃った選手です。

プロフィール

生年月日:1993年4月21日(26歳)
出身地:福岡県大野城市
所属:クボタスピアーズ
ポジション:スタンドオフ、センター、フルバック
身長:1.70 m
体重:78 kg
高校:流経大柏高校
大学:流通経済大学
愛称:ケビン

【経歴】

つくしヤングラガーズで小学生の時、ラグビーを始めた。

2012年、流経大柏高校卒業後、流通経済大学に入る。なお流経大柏高校時代、高校日本代表に選ばれた。

2016年、流通経済大学卒業後、クボタスピアーズに加入。同年6月にはリオデジャネイロオリンピックの7人制日本代表に選ばれた。また同年8月27日に行われたジャパンラグビートップリーグ第1節の東芝ブレイブルーパス戦にて先発出場で公式戦初出場を果たす。

引用:Wikipedia

12位:坂井克行(さかい かつゆき)

2011年に早稲田大学卒業した後に豊田自動織機シャトルズに加入します。

2013年にラグビーワールドカップセブンズ2013の7人制日本代表に選ばれ、2016年のリオデジャネイロオリンピックへ日本代表として出場しています!

ランが素晴らしいのはもちろん、坂井克行選手のキックパスの制度も凄いです。

 

ラグビーセブンス代表歴が長いベテラン選手。
見ていて安心感があります。

1試合で24のタックルとはすごい記録です!
ラグビー経験者としてタックルの怖さもそうですが、パワーが必要なのでかなり体力を奪われるはずです!

プロフィール

生年月日:1988年9月7日(31歳)
出身地:奈良県
所属:豊田自動織機シャトルズ
ポジション:センター
身長:1.72 m
体重:85 kg
高校:四日市農芸高校
大学:早稲田大学
愛称:かっちゃん

【経歴】

高校からラグビーを始めた。

2007年、四日市農芸高校卒業後、早稲田大学に入る。なお四日市農芸高校時代に2006年度高校日本代表に選ばれた。

2011年、早稲田大学卒業後、豊田自動織機シャトルズに加入。なお早稲田大学時代の同級生に有田隆平、榎本光祐、中田英里、中濱寛造、宮澤正利、村田大志、山中亮平らがいる。また同年10月15日に行われたトップウェストA第2節の中部電力戦に先発出場で公式戦初出場を果たす。

2013年、ラグビーワールドカップセブンズ2013の7人制日本代表に選ばれた。

2014年のアジア大会では7人制日本代表として金メダル獲得に貢献。

2016年、リオデジャネイロオリンピックの7人制日本代表に選ばれた。

2018年、ラグビーワールドカップセブンズ2018の7人制日本代表に選ばれた。

引用:Wikipedia



13位:桑水流裕策(くわずる ゆうさく)

桑水流裕策は、2005年に初めてラグビーセブンスの日本代表に選ばれ、日本のセブンスラグビーを牽引してきた男です。

国内ラグビーのトップリーグにコカ・コーラレッドスパークスから100試合以上に出場しているベテラン選手になります。

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、日本代表の主将を務めました。

ニュージーランドを破りジャイアントキリングを成し遂げ、日本代表を4位という好成績へと導いた立役者です。

東京オリンピックでは偉大な経験値を引っさげて、ラグビーセブンス日本代表にメダル獲得をもたらして欲しいです!!

 

ラグビーセブンスの魅力を桑水流裕策選手が語ります!

 

東京オリンピック代表を目指しつつ、女子ラグビーのコーチとして指導者として新たな道を進むとは流石です!

プロフィール

生年月日:1985年10月23日(34歳)
出身地:鹿児島県鹿児島市
所属:コカ・コーラレッドスパークス
ポジション:フランカー
身長:1.88 m
体重:97 kg
高校:鹿児島工業高校
大学 福岡大学
愛称:ツル
日本代表:3試合

【経歴】

高校からラグビーを始めた。

2004年、鹿児島工業高校卒業後、福岡大学に入る。

2005年、初めて7人制日本代表に選ばれた。

2008年、福岡大学卒業、コカ・コーラウエストレッドスパークス(現・コカ・コーラレッドスパークス)に加入[3]。同年9月6日に行われたジャパンラグビートップリーグ第1節の九州電力キューデンヴォルテクス戦にて先発出場で公式戦初出場を果たす。

2009年、ラグビーワールドカップセブンズ2009の7人制日本代表に選ばれた。

2012年5月5日に行われたアジア5カ国対抗2012UAE戦で日本代表初キャップを獲得した。

2013年、ラグビーワールドカップセブンズ2013の7人制日本代表に選ばれた。

2014年のアジア大会では7人制日本代表として金メダル獲得に貢献。

2016年リオデジャネイロオリンピックでは、初めて採用された7人制ラグビーの日本代表主将として出場し、ニュージーランドを破るなど4位に入る健闘を見せた。

2018年10月にトップリーグ100試合出場を達成した。

2020年1月にナナイロプリズム福岡のヘッドコーチに就任。

引用:Wikipedia

14位:彦坂匡克(ひこさか まさかつ):イケメン☆☆

2013年に筑波大学を卒業後して、トヨタ自動車ヴェルブリッツに加入します。

2013年に7人制日本代表に選ばれています。

2014年のアジア大会では7人制日本代表として出場し、金メダル獲得しました。

2016年には、日本代表としてリオデジャネイロオリンピックに出場し4位という好成績に貢献しました。

 

爽やかなイケメン!
代表のユニフォームがよく似合う。

 

日々地道な努力をされているんですね!

プロフィール

生年月日:1991年1月18日(29歳)
出身地:愛知県
所属:トヨタ自動車ヴェルブリッツ
ポジション:ウィング
身長:1.77 m
体重:92 kg
高校:春日丘高校
大学:筑波大学

【経歴】

小学1年生からラグビーを始めた。

2009年、春日丘高校卒業後、筑波大学に入る。なお春日丘高校時代、主将を務めた。

2013年、筑波大学卒業後、トヨタ自動車ヴェルブリッツに加入。また同年のユニバーシアード競技大会の7人制日本代表に選ばれた。なお同年9月1日に行われたジャパンラグビートップリーグ第1節の豊田自動織機シャトルズ戦に先発出場で公式戦初出場を果たす。

2014年のアジア大会では7人制日本代表に選出され、金メダル獲得に貢献。

2016年、リオデジャネイロオリンピックの7人制日本代表に選ばれた。

引用:Wikipedia

15位:トゥキリ・ロテ・ダウラアコ(Tuqiri Lote Daulako)

フィジーからやってきた強靭なラガーマン。

トゥキリ・ロテ選手は2007年に来日して、白鴎大学に入学します。

2011年に白鴎大学を卒業した後北海道バーバリアンズに加入し、クボタスピアーズ(2016年)を経て、現在は近鉄ライナーズ(2018年)に加入しています。

ラグビーセブンス日本代表をには、ワールドカップセブンズ2013の日本代表に選ばれました。

2015年に日本国籍を取得しており、翌年2016年にはリオデジャネイロオリンピックへ日本代表として出場します。

オリンピック4位という好成績に貢献しました。

 

フィジーからやってきた強靭な肉体を持つ男!
トゥキリ・ロテ選手のトライを見ていて安心感しかない。
日本代表になってくれてありがとう!

 

日本のラグビー界を盛り上げて下さい!

プロフィール

生年月日:1987年11月12日(32歳)
出身地:フィジー・ナンドロンガ
国籍:日本(2015年3月16日より)
所属:近鉄ライナーズ
ポジション:センター、ウイング
身長:1.87m
体重:105 kg
高校:マリストブラザーズ高校
大学:白鴎大学
愛称:ロテ

【経歴】

5歳からラグビーを始めた。

マリストブラザーズ高校卒業後、2007年、白鴎大学に入る。

2011年、白鴎大学卒業後、北海道バーバリアンズに加入。

2013年、ラグビーワールドカップセブンズ2013の7人制日本代表に選ばれた。

2015年、日本国籍を取得した。

2016年、クボタスピアーズに加入。また同年6月にはリオデジャネイロオリンピックの7人制日本代表に選ばれた。なお同年9月4日に行われたジャパンラグビートップリーグ第2節のトヨタ自動車ヴェルブリッツ戦に先発出場でトップリーグでの公式戦初出場を果たす。

2018年、近鉄ライナーズに加入。

引用:Wikipedia



16位:副島亀里ララボウラティアナラ(そえじま かめりララボウラティアナラ Soejima Kameli Raravou Latianara)

土木作業員をしながらセブンス日本代表を掴んだ苦労人です。

リオデジャネイロのオリンピックでは、ニュジーランド戦でトライを決める活躍にて日本を勝利に導きました。

36歳のベテランが、東京オリンピックのメダル獲得へと導いてくれるはずです。

 

彼のフィジカルは世界トップレベル!

 

土木作業員を経験した苦労人がトップリーグで大活躍中!

プロフィール

生年月日:1983年6月1日(36歳)
出身地:フィジー
国籍:日本(2013年取得)
所属:コカ・コーラレッドスパークス
ポジション:センター
身長:1.88 m
体重:100kg
高校:ランバササンガムカレッジ
愛称:ギャム

【経歴】

父はワールドカップにも出場した元代表選手、いとこは1997年7人制W杯の優勝メンバーというラグビー好きの一家に生まれ、5歳からラグビーを始める。21歳の時に首都スバの強豪クラブ「レッドロック」(Redrock Rugby Club) に入団し、24歳までプレーした1]。フィジーのランバササンガムカレッジ (Labasa Sangam College) 卒業後、2007年にフィジーの病院で青年海外協力隊の理学療法士として働いていた日本人女性と結婚し、2009年に来日。トップリーグに加盟する実業団チームへの加入を模索したが、外国人枠の壁に阻まれ所属チームを見つけることが出来ず、妻の尽力もあって福岡のクラブチーム「玄海タンガロアラグビー」に加入。通常は家族と暮らす佐賀市にある舗装工事会社に現場作業員として勤務しながらクラブの週2回の練習に参加、練習不足は仕事後の個人メニューと佐賀工業高校への練習参加で補う日々を送った。2013年に日本国籍を取得。

2013年のスポーツ祭東京2013・2014年の長崎がんばらんば国体での国体ラグビー競技(成年男子)に佐賀県代表チームの一員として出場し、2014年には佐賀県勢初優勝に貢献し最優秀選手に輝いた。この時の活躍が7人制ラグビー男子日本代表監督の瀬川智広(東芝ブレイブルーパス元監督)の目に止まり、2014年12月に行われたワールドラグビーセブンズシリーズ・ドバイセブンズに参戦した日本代表に抜擢。2016年は舗装会社を休職し、佐賀県ラグビー協会を通じた募金による支援を受けながら競技に専念している。

リオデジャネイロオリンピックに参加した日本代表メンバーでは唯一のクラブチーム所属選手であった。

リオ五輪後の2016年8月22日に、7人制日本代表主将の桑水流裕策も所属するコカ・コーラレッドスパークスへの加入が発表された。現在の舗装会社を退職し、コカ・コーラウエストで働きながらプレーすることになるという。

2018年、ラグビーワールドカップセブンズ2018の7人制日本代表に選ばれた。

引用:Wikipedia

17位:ジョセ・セル(Jose Seru)

ジョセ・セル選手はフィジーからの来日した選手です。

Wikipediaからの情報がなく、日本代表や所属する北海道バーバリアンズからのプロフィール情報になります。

2018年にはラグビーワールドカップセブンズ2018の日本代表に招集されていて、2020年のオーストラリアのセブンスの大会にも参加しています。

フィジカルが素晴らしく東京オリンピックにはぜひ日本代表として参加してほしい選手です。

 

フィジカルとしても日本代表としてもジョセ選手の存在は大きいですね!

 

チームにすっかり溶け込んでいて良い感じですね。

プロフィール

生年月日:1991年2月9日(29歳)
出身地:フィジー
所属:北海道バーバリアンズ
ポジション:フランカー、ウイング
身長:1.96 m
体重:115kg
大学:デラセルカレッジ

18位:ジョー・カマナ(Joe Kamana)

ジョー・カマナ選手は、トップチャレンジリーグのマツダブルーズーマーズに2015年より所属しています。

2018年にラグビーワールドカップセブンズ2018の7人制日本代表に選ばれました。

ニュジーランドからやってきたジョー・カマナ選手は、日本代表としてオリンピックで日本のためにパワフルに活躍してくれるはずです。

 

日本人にないフィジカルを活かしてトライを決めて下さい!

 

ラグビーワールドカップセブンズ2018は15位という結果でしたが、東京オリンピックではメダル獲得に貢献してくれるはずです!

プロフィール

生年月日:1991年9月23日(28歳)
出身地:ニュージーランド
所属:マツダブルーズーマーズ
ポジション:センター
身長:1.93 m
体重:102 kg
高校:フェイザー高校

【経歴】

5歳からラグビーを始めた。

フェイザー高校卒業後、2015年、マツダブルーズーマーズに加入。

2018年、ラグビーワールドカップセブンズ2018の7人制日本代表に選ばれた。

引用:Wikipedia



19位:ソシセニ・トコキオ(Sosiceni Tokoqio)

2012年に山梨学院大学に入学のため来日し、卒業後の2016年に豊田自動織機シャトルズに加入しました。

2020年のセブンスシリーズでは日本代表に選ばれています。

ボールキャリーとタックルが得意なソシセニ・トコキオ選手の活躍に期待です。

 

山梨学院大学の2年先輩にはワールドカップ2019で活躍したラファエレティモシー選手がいます。先輩に続いて東京オリンピックでのメダルを目指します。

 

半年後のソシセニ・トコキオ選手の活躍に期待です!

プロフィール

フルネーム:ソシセニ タバロア クリストファー トコキオ
生年月日:1993年2月1日(27歳)
出身地:フィジーのスバ出身
所属:豊田自動織機シャトルズ
ポジション:ナンバーエイト
身長:1.85 m
体重:108 kg
高校:ケルストンボーイズ高校
大学:山梨学院大学
愛称:ソシ

【経歴】

引用:Wikipedia

8歳からラグビーを始めた。

2012年、ケルストンボーイズ高校卒業後、山梨学院大学に入学する。

2015年、山梨学院大学ラグビー部の主将に就任した。

2016年、山梨学院大学卒業後、豊田自動織機シャトルズに加入。同年8月27日に行われたジャパンラグビートップリーグ第1節のトヨタ自動車ヴェルブリッツ戦に先発出場で公式戦初出場を果たす。

U18フィジー代表に選ばれたことがある。

20位:中川和真(なかがわ かずま):イケメン☆☆

中川和真選手は、2018年に大東文化大学卒業後にキヤノンイーグルスに加入。

2020年のセブンスシリーズの日本代表に選ばれました。

オリンピック出場が夢だった中川和真選手が東京オリンピックで活躍してくれるはずです。

イケメンで女性ファンにも人気の選手です!

 

左上の爽やかな笑顔が女性の心をくすぐりそうですね!

ラグビー界の若手イケメン選手の中川選手と松井選手です。

プロフィール

生年月日:1995年10月28日(24歳)
出身地:北海道函館市
所属:キヤノンイーグルス
ポジション: ウィング、フルバック
身長:1.73 m
体重:77 kg
高校:函館工業高校
大学:大東文化大学

【経歴】

小学校4年生からバスケットボールを始め、中学校3年生までプレーした。 中学校1年生からラグビーを始め、現在に至る。

2014年、函館工業高校卒業後、大東文化大学に入学する。

2017年、大東文化大学ラグビー部の副将に就任した。

2018年、大東文化大学卒業後、キヤノンイーグルスに加入。

引用:Wikipedia



まとめ

今回は、

【東京オリンピック2020】ラグビー日本代表選手の人気ランキングBEST20を発表しました。

ラグビーワールドカップ2019で活躍した福岡堅樹選手には、個人的に出場して欲しいと思っています。

ですが、桑水流裕策選手やトゥキリ・ロテ選手など、セブンスで活躍してきた選手も注目です。

ラグビー人気を継続するためにも、東京オリンピックでのラグビー日本代表の活躍を応援していきましょう!!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ラグビートップリーグ開催中!

東京オリンピック・ラグビー日本代表の選手も出場するラグビートップリーグが、2020年1月12日(日)~5月9日(日)の約4ヶ月間の日程で行われます!
日本代表選手が各チームに別れて熱戦を繰り広げています。
オリンピック前に素晴らしいプレーや試合をぜひお楽しみください。

ラグビートップリーグ2020の日程と試合結果!ライブ配信や見逃し動画を無料視聴する方法は?