サッカーのU-23日本代表であり、東京オリンピック2020でも守備陣の中心選手として活躍が期待されているのが、浦和レッズの橋岡 大樹(はしおか だいき)選手です。
今回は、

  • 橋岡大樹選手のポジションは?(クラブと代表の起用方法も)
  • 橋岡大樹選手の得意なプレースタイルは?
  • 橋岡大樹選手のこれまでの経歴は?

について紹介していきます。

笑顔が爽やかイケメン♥



橋岡大樹選手のポジションは?

橋岡選手はユース時代からプロ入り後もディフェンダーを中心にサッカー選手としてのキャリアを重ねています。
U-23日本代表では主にセンターバックを務めることが多く、昨年行われたアジア最終予選でも3バックの一人としてスタメン出場しています。

一方、所属している浦和レッズでは、チーム事情などもあり、センターバックの他にウイングバックやサイドバックで出場する機会が増えてきています。
日本代表ではセンターバックとしてスタメン出場を続けており、森保監督からの信頼の高さが感じられます。
また、浦和レッズが橋岡選手を様々なポジションで積極的に起用していることをみても、代表でもクラブでもチーム内での存在感が大きくなってきているといえます。

キレキレの橋岡選手特集です。



橋岡大樹選手のプレースタイルは?

橋岡選手のプレースタイルの特徴は2つあります。

  • 運動量が多い
  • 空中戦に強い

派手なスタイルではありませんが、2つともセンターバックにとって重要な要素になります。
橋岡選手は身長が183cmと比較的大きく、ディフェンダーに必要な要素を十分に兼ね備えているといえます。

昨年は、豊富な運動量をかわれてサイドバックでの出場も増えています。
サイドバックの役割の1つに味方の攻撃時にはサイドからの攻撃参加があり、ディフェンスだけでなく、オフェンス能力も求められるようになっています。

橋岡選手の目指す選手像

橋岡選手自身は以前受けたインタビューで、「サッカーはうまいだけではなく、泥臭く体を張る選手が必要であり、自分はそういう観客の心を打つプレ―をしたい」と話しています。

現在のU-23日本代表はMF久保建英選手(マジョルカ)、MF堂安律選手(PSV)などの攻撃陣を中心に史上最強とまでいわれるスター世代です。
その中でセンターバックとして、気迫を全面に出すプレースタイルの橋岡選手は欠かせない存在となっています。

橋岡選手が浦和レッズに入った経緯や、背番号の27番に掛ける思いを語ります。



;nbsp

橋岡大樹選手のこれまでの経歴は?

橋岡選手は1999年生まれの埼玉県出身です。

中学時代から浦和レッズのジュニアユースに所属しており、浦和レッズユース時代にはクラブユースサッカー選手権大会でMIP賞、イギョラカップ(東京都のサッカー協会が主催している大会)では最優秀選手を受賞しています。

そして、2017年には18歳以下での登録が可能な2種登録選手となり、2018年に正式に浦和レッズの一員としてプロデビューしています。

また、日本代表としても2014年に行われたバル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメントでU-15日本代表に選出されています。
その後も、各年代の日本代表に選ばれるようになっています。

昨年のE-1サッカー選手権では初めてA代表に選出されました。
もちろん、東京オリンピックでもU-23日本代表の守備陣の要としての活躍が期待されています。

橋岡選手へのインタビューです。
サッカーを始めたのは6歳の頃から。

バランストレーニング??グラグラしそう。

@hashioka0517意外と難しいのでチャレンジしてみてください!!         ##tiktokスポーツライフ ##おうちで過ごし隊 ##stayathome ##ペットボトルチャレンジ ##意外と難しい ##みんなもチャレンジしてみてね♬ Gentleman – Dance Hits 2015



まとめ

今回は、

  • 橋岡大樹選手のポジションは?(クラブと代表の起用方法も)
  • 橋岡大樹選手の得意なプレースタイルは?
  • 橋岡大樹選手のこれまでの経歴は?

について見てきました。

主にディフェンス選手としてキャリアを重ねてきた橋岡選手ですが、サイドバックからの攻撃参加をする役割を求められる機会も増えてきました。
また、豊富な運動量とともに、堅実で泥臭いプレースタイルは守備陣に安定性をもたらす重要な存在です。

橋岡選手は中学時代から浦和レッズのユースに所属しており、日本代表にも名前を連ねてきており、20歳でA代表デビューも果たしました。

まだ20歳ではありますが、サッカー選手としてのキャリアは十分であり、東京オリンピックでもその経験を十分に活かして日本代表を支える存在としてメダル獲得の原動力になる活躍を是非して欲しいですね。