男子バドミントンの世界ランク1位で東京オリンピックでも金メダル候補の桃田 賢斗(ももた けんと)選手。

桃田選手は誰もが認めるイケメン男子で、バドミントンの華麗なプレーはもちろん、身に着けているものにも注目が集まっています。

今回は桃田選手が愛用しているバドミントンの道具類の中でも、

  • ラケット
  • シューズ
  • グリップエンド

について紹介していきます。

この記事では、

  • 桃田賢斗のラケットのブランドは?
  • 桃田賢斗のサングラスのブランドは?
  • 桃田賢斗のシューズのブランドは?
  • 桃田賢斗のタオルグリップのブランドは?

について書いています。

 



桃田賢斗のラケットのブランドは?

桃田選手が現在使用しているラケットは、2018年9月に発売されたヨネックス製のアストロクス99というラケットです。

 

ヨネックスは初心者用のラケットから競技用まで幅広く作成しています。

桃田選手が使用しているアストロクス99はその中でもスペックはトップクラスのラケットで、価格も26,000円とバドミントンラケットとしてはかなり高価な部類に入ります。

 

ヨネックスといえば、作成しているシャトルは世界大会でも使用される、バドミントン業界での知名度が高い日本のスポーツメーカーです。

 

 

アストロクス99とはどんなラケット?

ヨネックスのアストロクス99は上級者、競技の選手用向けのラケットであり、パワーを象徴する「太陽」をイメージしたデザインになっています。

ステージのバックにも太陽がイメージされていますね。

大きくしなって、素早く戻るカーボン素材をシャフトからフレーム部分にまで採用されています。

ラケットとシャトルの接触時間を増やすことで、角度のある強力なスマッシュを放つことを可能にしたパワフルな連続強打が可能となったラケットです。

 



桃田賢斗のサングラスのブランドは?

桃田選手は2020年1月に遠征先のマレーシアで交通事故に遭いました。
その後、帰国した時には薄い青のサングラスにマスク姿でした。

眉間の傷が痛々しく、その後右目の眼窩底骨折が発覚しました。
この時に着けていたサングラスが注目されました。

このとき桃田選手が、着用していたサングラスがどこのブランドのものか、かなり調べてみましたが、情報は見つかりませんでした。



桃田賢斗のシューズのブランドは?

桃田選手が試合で履いているシューズはヨネックスのパワークッション 65 Z 2です。このシューズの特徴は、軽量性を保ちつつ、高い衝撃吸収性があるところです。

軽くて動きやすそう!デザインもカッコイイ!!

バドミントン選手にとって、もっている能力を100%発揮するためにシューズは大切な存在です。

桃田選手のような世界のトップクラスの選手になると、前後左右へのフットワークはもちろん、スマッシュ時などでは着地時にかなり強い衝撃が足にかかります。

その衝撃を少しでもやわらげるのは、シューズの役割として、非常に重要な要素になります。

桃田選手の足元を支えているヨネックスのパワークッション65Z2は、一般販売もされており、公式HPでは12,000円とされています。

 



桃田賢斗のタオルグリップのブランドは?

桃田賢斗選手はグリップエンドをアンダーラップではなく、ヨネックスのタオルグリップで作っています。
このタオルグリップの特徴は「高いクッション性とソフトな握り心地」にあります。

 

グリップエンドはラケットを自身の手のように扱うバトミントン選手にとって大事な部分になります。
握った感覚を良くしたり、滑り止めになったりなどの役割があります。

桃田選手は雑誌のインタビューで、以前グリップについて、細いほうが、力が入りやすく、うまく感覚が伝わりやすいとコメントしています。

引用:https://www.badspi.jp/news201505081847/

桃田選手が使用しているタオルグリップの種類は?

以下はヨネックスのタオルグリップDXという商品で、ヨネックスのタオルグリップのはこの1種類になっています。

 

下記で購入することができます。

 

また、グリップテープは消耗品ですので、価格もお手頃です。

 

 



まとめ

今回は男子バドミントンの、

  • 桃田賢斗のラケットのブランドは?
  • 桃田賢斗のサングラスのブランドは?
  • 桃田賢斗のシューズのブランドは?
  • 桃田賢斗のタオルグリップのブランドは?

について紹介してきました。

桃田選手が練習や試合で使用している道具は全てヨネックス製のものです。

ヨネックスはプロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手のスポンサーとしても有名であり、バドミントン日本代表のオフィシャルサプライヤーにもなっています。

世界の舞台で戦う桃田選手にとって、一流のスポーツメーカーのサポートはとても心強くて頼りになる存在になっていることでしょう。

東京オリンピックを本来のパフォーマンスが発揮できるように万全の状態で迎えて欲しいですね。