目がくりくりっとしてて表情が豊かでカワイイ❤
ケンタッキーのCMもカワイイね❤


高畑充希の実家はお金持ちで凄い!という噂が、ネットではもちきりのようです。

数々の話題のドマラやCMで活躍中の女優ですから、わからなくもないですが、実家の実情、ご両親、家族について、詳しく調べてみることにしました。
この記事では、

  • 高畑充希の実家は会社経営をしていてお金持ちって本当?
  • 高畑充希の両親はどんな人?
  • 高畑充希に兄弟はいるの?

についてお届けします(*^^*)

井浦新と北村匠海が背が高くて、イケメン!!「つなぎ」似合ってる❤



高畑充希の実家は会社経営をしていてお金持ちって本当?

高畑充希プロフィールについて

まず最初に女優、高畑充希(たかはた みつき)さんのプロフィールをご紹介しましょう。

■高畑充希(たかはた みつき)のプロフィール

生年月日 1991年12月14日年齢:29歳 (2021年03月01日現在)
所属事務所 ホリプロ、ワーナー・ミュージック・ジャパン
最終学歴 法政大学キャリアデザイン学部
出身地 大阪府東大阪市
職業 女優、歌手
結婚歴の有無 なし、独身

高畑充希は、会社経営の父母と祖父母の5人家族の一人っ子です。

親が演劇ファンだったため、小学校時代から女優に憧れを持っていたようです。
親はブロードウェイ・ミュージカルの『オペラ座の怪人』、『レ・ミゼラブル』等が好きだったせいか、子供の頃からこうしたミュージカルのサントラ盤をよく聴いていたそうです。

その憧れから10代の頃は、小学校から中学校までの間、数々の舞台や芸能事務所のオーディションを受けています。
しかしながら10数回受けても落選して、まだ夢は叶いませんでした。そこで猛勉強して早稲田大学受験を目指すようになります。

私立四天王寺中学校という中高校一貫校に合格、中学生時代は軽音部に所属し、産経新聞、三木楽器主催の全国クラブコンテストのグランプリ大会に出場しています。

高畑充希さんは軽音部でボーカル担当だったそうですが、コンテストは軽音楽系の大会で、バンドのボーカルとして出場したようです。

ちなみに、このクラブコンテストは、正式名称『We are Sneaker Ages』という名称で、2011年第32回関西大会では、私立四天王寺中学校 軽音楽部は、大阪芸術大学賞(選考員特別賞)を受賞しています。

高畑充希さんが中学生だとすると、12歳~15歳あたりで出場していると思うので、2003年~2006年までの当大会グランプリ校を早速調べました。
どうも高畑充希さんが所属した軽音部は、決勝ではグランプリではなかったようですね。
第32回関西大会では、2年連続9回目の出場ということで、出場常連校ではあったようです。

元々、早稲田大学の演劇研究会を目指して進学した中学校でしたが、2005年、つまり中学2年生から中学3年生の頃、ホリプロ創業45周年記念『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 〜屋上の天使』の出演者オーディションに応募、10代で女優デビューを果たすことになりました。

大学進学時代は演劇ではなく、写真サークルに所属していたようです。その後は女優としてドラマ、歌手、CMと大活躍して今日に至ります。

参考:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%95%91%E5%85%85%E5%B8%8C
https://www.sneakerages.jp/kansai/
http://www.theater-forum.com/news/2005/50918.htm


実家は会社でお金持ちって本当?

髪がみじかいのもまた良し❤


結論から言えば、裕福なのは間違いないですが、大富豪レベルほどではない実家のお嬢様という感じですね。

兄妹がいない一人っ子の高畑充希さんの実家では、祖父は2014年に他界、お葬式はシェラトン都ホテル大阪の広間でお別れ会が開かれたそうです。
このホテルは東京では港区白金台にあるので、かなりな高級ホテル・リゾートです。

この点からも、高畑充希さんの実家は裕福そうな気配がしていますね。
祖父は椅子資材、自動車シート資材製造・販売の会社、株式会社髙畑を昭和20年9月に創業しています。
会社名は、「株式会社 高畑」で、本社は大阪府東大阪市長田中2丁目に住所があり、他に東京営業所、九州支店もあるなど、中堅企業といった印象です。

株式会社 高畑:所在地

現在は高畑充希さんのお父さんが社長ですね。

特に自動車座席シートの分野では、大阪ではこの会社のブランドはちょっと名が知れているようです。

会社の歴史は古く、明治38年創業の岸川商店を受け継ぎ、現在の地に髙畑商店として創業しています。

元は金属部品のスプリングを作っていたみたいですね。
1969年から事業を拡大、2011年に創業60周年を迎える地元の盟主的企業に成長しています。
インドネシアにも会社があるようですが、上場はしていないようです。

ちょっと気になって調べると、2015年度の年商は12億という話題が上るので、中小企業の標準年商が約1億5,000万円なので、やはり中堅以上の歴史ある会社のようです

ただ詳しいことを言いますと、大企業と呼ばれるには、資本金5億円以上が必要と言われるので、資本金3,000万円の中堅企業を”ものすごい儲けている会社”とするのは、ややオーバーですね。

その意味では、高畑充希さんの実家は大富豪ではないけど、裕福な家庭のお嬢様というのは間違いなさそうです。

参考:
https://www.chair-up.co.jp/
https://employment.en-japan.com/comp-61317/



高畑充希の両親はどんな人?

高畑充希さんのご両親のデーターはいくら調べても、不明な点しか無いのですが、あえて言うなら、”デマが多い”ですね。

まず実家の株式会社 高畑の社長である髙畑雅彦さんという名称は、グーグル画像で検索してもかなりな同姓同名が多いのが事実です。
ネット掲示板の父親のプロフィールも出典がないので、やはりいい加減な情報でしょう。

少し話題がそれますが、父親が現在経営するこの株式会社 高畑は、転職サイトにも求人を出してまして、”ルート営業(残業は月5~6時間程度)”で募集してますね。
一応ノルマはありますが、収入例で30歳で年収350万円としているため、福利厚生の充実度、実働時間も健全なところから、安定した企業ということだけは言えるようです。

九州大分県の部品工場で研修があるようで、それから本社勤務でサポート体制はかなり充実していることは特筆するべきところかもしれません。
お父さんはいい経営者のようですね。

続いて高畑充希さんの母親ですが、名前はわからないものの、こちらはインスタグラムにお母さんと一緒の画像がUPされています。

見て分かる通り、お母さんはパーティーメガネ(眼と鼻がイラスト)をかけて、完全に顔を隠してしまっているので、髪型と体型くらいしか確認できせんが、年齢的にはまだ若い、およそ50代くらいじゃないかと推測できますね。

”ももとソックリ”とか話題になってますが、キチンとみれば本当の目じゃないことはわかるんですけどね。



高畑充希に兄弟はいるの?

にぎやかですね。


最初に解説したように、兄妹はいません。

ただ、インタビューでは高畑充希さんは連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の中で、家族についての思いをちらっと答えています。
それによると、一人っ子の家庭だったけど。両親には比較的なんでも話せる仲の良い家庭であったようです。

ドラマでは姉妹と家族全員で一丸となって行動に移せる雰囲気に比べて、高畑家は、照れが先行して、関西人なので笑いに変えて誤魔化しちゃうことも多々あったと答えています。

ただドラマの中の家族を”第二の家族”と表現するほどで、3人家族だった高畑充希さんは、やっぱり兄妹、兄弟、姉妹に対して憧れもあったのでしょうか。

参考:
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/1041717



まとめ

さて、この記事では、今回の高畑充希さんの実家、本当にお金持ちかどうか、ご両親や兄弟についてなどを解説しました。

案外、高畑充希さんは、裕福な生まれでも頑張りやさんで、女優を目指して小さい頃からの夢を実現したんですね。
これからもご活躍を、大いに期待したいところです。