食事の時に「あっ!」とスープが服についたり、化粧がらみの落ちにくい汚れ、運動の時や外に出かけた時によくあるスニーカーが泥だらけって時にも高い効果を発揮するウタマロ石鹸。

どんな汚れにも対応ができる石鹸として、メディアや雑誌に紹介されているのをしばしば見ます!

ウタマロ石鹸てそんなにすごいんだーと半信半疑になりますね!

特に梅雨の時期って、靴が汚れる事も多く、汚れもなかなか取れなくて困る事ありませんか?

なので、今回は、

  • ウタマロ石鹸で運動靴の汚れは真っ白になる?
  • ウタマロ石鹸の効果的な使い方は?

を紹介していきたいと思います!

 



ウタマロ石鹸で運動靴の汚れは 真っ白になる?

ウタマロ石鹸は運動靴についた、泥の汚れや黒ずみでも真っ白にする効果を発揮します!

普通に洗濯するだけでは、全然落ちない泥系のシミだけではなくシャツの襟そでの黒ずみと、幅広く活躍してくれる万能な石鹸です。
例えば、衣類の汗や泥の汚れ、料理に使用する調味料の汚れ、作業時にうっかりつけてしまうインクの汚れ、と思いつくだけでもけっこうあります^^;

運動靴についた落ちにくい汚れに悩まされているなら、1度使ってみてください。
汚れを落とせず仕方なく、靴箱にしまっていたお気に入りの靴も、再びローテーション入りするかもしれません!
もう捨てようと思っていた運動靴も、びっくりするぐらい真っ白になってしまいます。

ウタマロ石鹸は、販売が開始されてから50年経ち、現在でも人気がある商品です!

その最大のポイントは、2つあります!

とにかく、どんな汚れにも効果が抜群なんです。

ウタマロ石鹸の魅力は、文句なしの傑出した洗浄能力です。

数ある洗濯される組み合わせを全て想定しているかのように、石鹸と生地への相性はよく、水との溶けこみやすさや、汚れ部分には不思議とどんどんなじんでいきます。

これが石鹸なのかと思う程、汚れを落とすために完璧な加工がされています。

白いものも、さらに真っ白になります!

白の衣類系は特により白く洗い上げてしまう事が大人気の1つです。

ウタマロ石鹸には蛍光増白剤という物質が入っており、これがなんでも白くする働きをしているんですね。

しばらくタンスにしまっていて黄色くなったシャツや、履くたびに黒ずんでいってしまうくつ下にも、驚くほど白くなる効果がはっきりと出ます。

購入時とほぼ変わらない状態の白さでずっとキープでき、さらには除菌効果や消臭効果もあるという優れ物です。

白が好きな方には、朗報ですね!

ウタマロ石鹸を使えば汚れだけではなく、匂いも一掃する事ができ、お気に入りの白い運動靴もずっと清潔感を保てるという、素晴らしい特徴の石鹸なんです。

頑固な汚れを落とすには、ウタマロ石鹸が一番!

汚れがきれいに落ちると気持ちいいね!すがすがしくなる。

コスパが良くて、汚れがきれいに落ちるなんて最高すぎる😊😂

ウタマロ石鹸は、なんとびっくり100円程度で購入する事ができます!

 

では、どう使えばウタマロ石鹸を最大に活用できるのか次に紹介します。



ウタマロ石鹸の効果的な使い方は?

基本的な使い方

基本的な使い方を知ってから、汚れの種類(泥、落ちにくいシミなど)により洗い方を工夫する事で、より効果的に使う事ができます。

ウタマロ石鹸は体にやさしく、肌が荒れない成分が使用されていますが、もし体質的に敏感肌の方は手袋を使う事をオススメします。

まずは、基本的な使い方になります。すごくシンプルです。

  1. 汚れている部位を水で濡らしておく。
    下準備になります。石鹸を衣類に塗りやすくする為に、落としたい汚れの部位を水でよく濡らしておいてください。
  2. 落としたい汚れの部分にウタマロ石鹸を塗ります。
    石鹸をこすりながら塗りこんでいきます。汚れとなじませてください。
  3. もみ洗いをしっかりと丁寧にしてください。
    汚れを蛍光増白剤や洗浄成分としっかりとなじませる感じで、あらかじめもみ洗いしておき、汚れを落としやすくします。
  4. 最後は洗濯機で洗濯してください。
    ウタマロ石鹸がついた状態で洗濯機に入れてしまいましょう。
    もうすでに汚れが落ちてしまっていれば、洗濯機には入れなくて大丈夫です。
    そのまますすいでしまえば完了です。

もし、かなり汚れた物を洗う場合に、真っ白にはならない時もありますが、ほぼ汚れは落ちていると思います。

効果的に洗う方法

効果的に洗う方法ですが、基本の洗い方で落ちない場合は少しの工夫をすれば、大体の汚れは解決できると思います。

泥汚れの場合

泥汚れが落ちにくいのは、水には溶けない細かくなった汚れが、繊維に入り込んでいるからです。

汚れをうまく押し出す事ができるウタマロ石鹸で、もみ洗い前に、要らない歯ブラシを使って汚れ部分をゴシゴシとかき出して洗ってみてください。
ただ、強くやりすぎると大切な衣類を傷つけてしまうので、ご注意ください。

落としにくい汚れの場合

つけ置き洗いがオススメです。

すぐに洗えず時間がたった汚れは、ウタマロ石鹸を汚れた部位につけ、もみ洗いでほぐして、お湯を洗面器やバケツに入れて、しばらく時間を置いてから洗濯機で洗ってみてください。

お湯で汚れをジワジワ浮かせる事ができ、綺麗に洗う事ができます。

目立つシミの場合

たたき洗いをオススメします。

醤油やタレ、コーヒーやワインなどのシミができた場合は、ウタマロ石鹸をなじませて、もみ洗いしてみてください。

要らない歯ブラシや使い切りのタオルを使用し、シミができた部分の下に濡れたタオルをひいて、歯ブラシでトントンと叩きながら、シミをタオルへ染み抜きしてみてください。

シミをタオルへ移して、あとは洗濯機で洗えば完了です。



まとめ


では記事内容をまとめます。

  • ウタマロ石鹸で運動靴の汚れは真っ白になる?
    →ウタマロ石鹸は運動靴についた、泥の汚れや黒ずみでも真っ白にする効果を発揮します!
  • ウタマロ石鹸の効果的な使い方は?
    →基本的な使い方を知ってから、汚れの種類(泥、落ちにくいシミなど)により洗い方を工夫する事で、より効果的に使用できます!

運動靴に限らず、外でドロまみれになった子供の洋服を洗ったり、
旦那さんが家族の為に汗水たらして働いて汚れたシャツの襟など、
がんこな汚れの洗濯も、ウタマロ石鹸を使うと、きっと楽しくなりますよ!!

ぜひ、ウタマロ石鹸の効果を体験してみてください(^^)