新徳島市長の内藤佐和子さんが美人と評判です。

そんな綺麗な方がいつから徳島市長を務めているの?って思ったら、2020年4月5日に当選したばかりだったんですね。

感染症拡大の予防に県を超えての移動を自粛しましょう!と呼びかけられた事は皆さんご存知の通りですが、その呼びかけに過剰に反応しすぎて、他県ナンバーの車に嫌がらせをする人が出てきているとの事。

その行き過ぎた行動に注意すべく新市長の内藤さんが緊急会見を行っています。

内藤新市長の記者会見ニュース記事

そこから内藤新市長の人気が上った模様です。

そこで、徳島市の新市長、内藤佐和子さんのプロフィールや経歴など紹介していきたいと思います。

関連記事

徳島県・県外ナンバー狩りって何?投石や傷にあおり運転などで『来るな』とイタズラ?対策も紹介!



内藤佐和子さんのプロフィールは?

内藤佐和子(ないとう さわこ)

生年月日:1984年3月28日生まれ(36歳)
出身:徳島県徳島市
最終学歴:東京大学法学部政治コース
趣味:スポーツ、読書、街づくり、挑戦
党派:無所属

女性目線、母親目線での、誰一人取り残さない、子供が育てやすい街づくりを目指していらっしゃるとのこと。



内藤佐和子さんの経歴

学歴

生光学園幼稚園

徳島市立応神小学校

徳島文理中学校

徳島文理高等学校を卒業

東京大学文科三類入学

東京大学文科一類受験

東京大学法学部第3類(政治コース)卒業

現在、徳島大学工学部機械工学科の学生(休学中)

2005年、家業の機械製造会社、株式会社応神鉄工の役員に就任。

2009年、著書「難病東大生できないなんて、言わないで」発売。
その後もベンチャー企業数社の経営に参加したり、日米学生会議のプレ会議にも参加したりと、幅広く活動

 

2010年、地元徳島をもっと良くしたい。という思いから、帰郷。

2013年から約7年間四国放送(JRT)の情報ワイド番組「ゴジカル!」の月曜日コメンテーターを務める。

2019年、徳島県が制作し、三好市出身の蔦哲一朗が監督した短編映画「AWA TURN(仮)」に同名の主人公「サワコ」役で出演。息子の内藤大世も同名の「タイセイ」役で出演している。

「AWA TURN(仮)」の動画はこちら

2020年、4月18日徳島市市長就任。


内藤佐和子さんの家族は?

情報源はネットしかないのですが、結論から言えばはっきりとした情報はわかりませんでした。

ネット情報を整理してみると・・・

  • 父親は応神鉄鋼社長の内藤節雄氏とみられる
  • 3人兄弟の一番上で弟と妹がいる
  • 内藤さんは2度離婚されている?(情報源は5チャンネルなので信憑性は低い?)
  • 内藤さんの夫(元夫?)はIT系企業の社長で12歳年上で現在は一緒には生活していない
  • 大世くんという一人息子がいる

という感じですが、息子さんの事以外は情報元が定かでなくわかりません。

東大生の頃の難病のこと。

まさに働く女性の鏡のような内藤佐和子さんですが、東大に在学中の20歳の時に難病の「多発性硬化症」が発症します。

「多発性硬化症」とは、神経を覆う髄鞘が壊れて剥き出しになる難病(特定疾患)です。

その時、文学部から法学部に再受験し、入り直した矢先だったため、かなりショックを受けたそうです。

しかし、ここで挫折せず、「難病東大生できないなんて、言わないで」を発売して注目を集めました。

難病で市長職は厳しいのでは?との見方もありますが、現在は5~7週に1回点滴を打てば良いとの事で、政務に支障は無いようです。


内藤佐和子さんの著書

内藤佐和子さんの著書「難病東大生できないなんて、言わないで」を2009年、サンマーク出版で発売しました。

SNSサイト「GREE」のアクセスランキング1位

ビジネスプランコンテスト「TRIGGER」で優勝

など果敢に挑戦し、周囲の方を驚かせてきました。

趣味が「挑戦」というのも頷けます。

著書「難病東大生できないなんて、言わないで」は、現在新刊で見つけるのは困難のようです。
内藤さんが市長になった事もあり、今後新刊を発行することもあるかもしれませんが、現時点では中古書籍を探すのが現実的のようです。

まとめ

今回は、徳島市長内藤佐和子さんについて、ご紹介しました。

東大生の頃に難病を克服し、故郷である徳島をよりよくしようと、市長になった内藤佐和子さん。

今後の活躍に期待を寄せています!