SNSなどで「電気代が5倍」になったと話題になっています。

2016年に電力が自由化して登場した「市場連動型プラン」により、毎月、株価のように市場価格と連動して変わる電気代。

その仕組みにより、2021年に入り、寒波やコロナ禍、燃料不足などが原因でかなり電気代が上がるようです。

もちろん期間によっては市場平均の半分ほどで電気を使える時期もあり、契約者もその辺のリスクを理解した上で契約しているとは言え、上がり幅が大きく予想外だったのではないでしょうか。

電気料金の市場連動型について調査した結果をお伝えしていきます!



【電気料金】市場連動型を採用しているのはどの会社?

それでは、市場連動型電気料金を採用している会社をリストアップしてみましょう。

従来料金が市場と連動する”市場連動型プラン”を採用している電力会社

  • 自然電力
  • エルピオ(市場連動型プランのみ)
  • ダイレクトパワー
  • テラエナジー
  • ハチドリ電力 など。

電源調達など電気料金の一部が市場と連動するプランを採用している電力会社

  • ハルエネでんき
  • エフエネ
  • ジニーエナジー
  • みんな電力
  • めぐるでんき
  • おトクでんき
  • アスエネ など。

などが上げられます。

ただ、すべての電力会社が影響を受けるわけではないとのことです。



電気料金が市場連動型かどうか確認するには

まずはご自身の契約が市場連動型プランかどうかを知る必要がありますね。

こちらではその確認方法をご紹介いたします。

確認方法としては、

  • 毎月の請求書
  • 電力会社のマイページ

から確認することができます。

その中で

  • 市場連動型
  • 燃料調整型

などの言葉があれば該当する可能性があります。

あくまで可能性なので詳しく知りたい方は直接問い合わせることをオススメします。

該当する電力会社によっては今回の高騰に対する対策をホームページなどで発表している会社もあるようです。

以上の電力会社がホームページで電気代高騰に対する対策を発表しています。

また、エネチェンジでは現在の契約内容についての特徴やメリット、デメリットを説明する相談を受け付けているようです。

エネチェンジ 市場連動型プラン契約者向け相談窓口

電話番号:0800-333-7107(年中無休・10:00~18:00)

WEBでのお問い合わせ

CONTACT -お問い合わせ- | ENECHANGE株式会社


世間の反応を紹介

ツイッターなど、世間の反応を紹介します。

市場連動型プランは極一部で採用されているようで 、該当する人は少なそうです。

普段は若干電気料金が安い分、値上がりした時の跳ね上がり方が半端なかった感じですね。



【電気料金】市場連動型 まとめ

今回は市場連動型電気料金についてお伝えしました!

まずはご自身の契約会社、プランについて確認されることをオススメいたします。

今後のことも考えて、じっくりプランを見極める必要がありそうですね。

電気料金に限らずですが、より良い世の中になることを祈るばかりです。