新潟大学医歯学総合研究科の榛沢和彦特任教授と新潟県長岡市のスポーツアパレルメーカー「オンヨネ」が、ウイルス量を減らす効果が期待される『ハイブリットマスク』を開発しました。

全国マスク不足で困っている中、ウイルス量を減らすマスクが開発されるとは嬉しい話ですね。
ウイルス低減効果が期待される「光触媒」を使っていて、マスクを100回洗濯しても8割が保たれるそうです。

そこで今回は

  • ハイブリットマスクの新潟先行販売の日程は?
  • ハイブリットマスクの新潟先行販売の店舗や場所は?
  • ハイブリットマスクの種類や料金は?

について紹介していきます!

地元新潟大学とオンヨネさんの素晴らしい開発は私自信も嬉しいです。
興味のある方は、ぜひ記事のチェックをしてみて下さい。



ハイブリットマスクの新潟先行販売の日程は?

新潟大学医歯学総合研究科の榛沢和彦特任教授は、ウイルス感染症対策としてアウトドアウェアの開発・生産などを手掛ける・新潟県長岡市にある「オンヨネ」と協力し、ウイルス低減効果がある繰り返し洗って使える布製マスクを開発、販売することができるようになったことを発表しました。

そのマスクを新潟から先行販売していただけるとのことです。

日程は2020年5月16日を目途に新潟県内で先行販売します。
5月23日からは全国で販売開始予定とのことです。



ハイブリットマスクの新潟先行販売の店舗や場所は?

それでは、新潟県内のマスク先行販売の店舗や場所を紹介します。

有限会社 イトウスポーツ
〒950-0861
新潟県新潟市東区中山7丁目29−3
025-275-8586

株式会社 大塚スポーツ
〒950-1222
新潟県新潟市南区白根東町1丁目2−44
025-372-1118

有限会社 サカモト 
〒955-0842
新潟県三条市島田1丁目2−14
0256-32-5348

株式会社 オオミヤ
〒940-0856
新潟県長岡市美沢3丁目469
0258-38-0038

パーマーク
〒940-1162
新潟県長岡市西宮内2丁目97
0258-37-1200



ハイブリットマスクの種類や料金は?

新潟大学医歯学総合研究科の榛沢和彦特任教授と「オンヨネ」の共同企画・開発したマスク4種類を紹介します。

特にハイブリットマスクは、洗濯による機能劣化・繊維劣化を抑制し100回洗濯で80%の機能と耐久性があります。

捕集効率を考慮した2重構造を採用し、一般的な粉石鹸を使用したネット入れ洗濯や手洗いで繰り返し使用できるマスクです。

ハイブリットタイプマスクAT(AATH半導体繊維)

  • 値段:2,200円 +税
  • SIZE:FREE
  • 色:ホワイト/C.グレー(100002)、ホワイト/ブラック(100009)

フェイスマスク

  • 値段:3,300円 +税
  • SIZE:M,L
  • 色:ホワイト/ブラック(100009)、ホワイト/ネイビー(100699)


バンダナマスク

  • 値段:2,500円 +税
  • SIZE:FREE
  • 色:ブラック(009009)、ネイビー(699698)、ホワイト(100002)

インナーマスク

  • 値段:1,200 円 +税
  • SIZE:FREE(W120mm×H100㎜)
  • 色:ブラック(009)、ネイビー(699)、ホワイト(100)

    この4種類のマスクは4月20日午後4時からオンヨネのホームページで確認可能です。
    オンヨネ公式サイト(繋がりにくくなっていました。)
    → https://www.onyone.co.jp/other/mask/

     

    ハイブリットマスクの発売まで待てない方はこちらから ↓
    使い捨てマスクです。

     

    ウレタンの洗えるマスクです。

     

    布マスクです。

     

    まとめ

    ハイブリットマスクの新潟先行販売の日程、店舗や場所、種類や料金についても調査しました!

    • 販売日程
      新潟県内で先行販売 → 2020年5月16日
      全国で販売開始予定 → 5月23日
    • 販売店舗
      有限会社 イトウスポーツ
      株式会社 大塚スポーツ
      有限会社 サカモト
      株式会社 オオミヤ
      パーマーク 長岡市
    • インナーマスク
    • ハイブリットバスク
    • バンダナ
    • フェイスマスク

    お近くのお店をチェックしてみて下さい。