今セーリング界で注目されているイケメンの岡田奎樹選手って知ってますか?

セーリング日本代表のイケメン選手『岡田奎樹(おかだけいじゅ)』さんについて、まだ知らない人も多いと思うので日本代表の素敵な選手を日本中にもっと知ってほしい!!と思い、岡田奎樹(おかだけいじゅ)選手の

  • 出身高校や大学は?
  • 身長や体重、プロフィールは?
  • これまでの戦績は?
  • コーチは誰?

について紹介したいと思います。

岡田・外薗ペアのニュース番組の特集です。外薗選手の腕の筋肉がすごいです!



岡田奎樹選手の出身高校は?大学は?

岡田奎樹(おかだけいじゅ)選手の出身高校や出身大学を調べました。

  • 出身高校:佐賀県の唐津西高等学校
  • 出身大学:早稲田大学

岡田奎樹(おかだけいじゅ)選手がセーリングに出会ったのは5歳の時で、お父さんと『B&G別府海洋クラブ』でセーリング競技を始めたことがキッカケでした。
そこから小学校3年生の時には全日本OP級選手権大会にて小学校の部で優勝を飾りました。

優勝トロフィーを受け取る小学生時代の岡田奎樹選手。この頃からスゴイですね!


くねくねアートでヨットを作っています。
心からヨットが大好きなのが伝わってきますよね!

その後 OP級世界選手権(15歳までしか乗れないヨットの選手権)、国体、インターハイの各大会で優勝を飾るなどセーリング界の若手選手をけん引する存在として注目を集めます。

唐津西高等学校で国体優勝した時の岡田奎樹選手(右)。笑顔がかわいくてイケメンですね!


もうこの時点で才能が溢れてますね !!

ちなみに、5歳~小学2年と中学3年時にB&G別府海洋クラブに所属し、小3~中2の間はお父さんの転勤をキッカケにB&G福岡ジュニアヨット海洋クラブに所属していました。

B&G財団のHP:https://www.bgf.or.jp/shisetu/kizaihaibi.html

 

岡田奎樹選手が通っていた唐津西高等学校はヨット部・ボート部などが盛んな中堅校だそうです。

唐津西高等学校はアトランタオリンピック銀メダリスト(日本人初)の重由美子さんの出身校でもあります。
当時コーチを務めていたのが重さんで、重さんの指導はOP級の時とは比べ物にならないくらいとても厳しかったそうですが様々なヨットに乗せてもらったり楽しかったこともたくさんあったそうです。

【日本を代表するトップヨット選手だった重由美子さん】


また、中学時代に志望していたシングルハンド(一人乗り)から身長・体重の関係でダブルハンド(二人乗り)へと種目を変更していったのもこの頃です。

唐津西高等学校を卒業後は早稲田大学スポーツ科学部へ入学します。
早稲田大学に進学する前は大学に進学するか、またはオリンピックを目指して競技の道へ進むのか・・・進路にとても悩んだそうです。

そんな時、ご両親から「ヨット一本やりではなく社会に適応する能力も育んで、しっかりした大人になってほしい」と諭され、考え抜いた結果として

  • 次の段階へ進みたい。
  • 自分の能力をより厳しく高めていきたい。
  • オリンピックロンドン大会のコーチだった小松監督と選手で出場した原田さんが”早稲田大学のヨット部を指導するというので指導を受けたい。

などいろいろ考え抜いた結果、早稲田大学に進んだと岡田奎樹(おかだけいじゅ)選手は語っています。

大学時代は入部直後からレギュラーを任されたり、4年の時には主将に就任したりといろいろ悩みながらも前に進み充実した大学生活を送っていたようです。



岡田奎樹選手の身長や体重などプロフィールを調査!

  • 名前  :岡田奎樹(けいじゅ)
  • 生年月日:1995年12月2日
  • 年齢  :24歳 (2020年08月11日現在)
  • 出身地 :福岡県
  • 身長  :170
  • 体重  :64kg
  • 趣味  :ゲーム、山を見る、ドライブ
  • 好きな食べ物:和菓子、肉
  • 家族構成:父、母、弟の4人家族
  • 所属  :トヨタ自動車
  • 種目  :セーリング男子470級
  • ペア  :外薗潤平(ほかぞのじゅんぺい)

 

岡田奎樹選手の頼もしいペアの外薗潤平選手。
笑顔がかわいくて魅力的です!

余談ですが、
岡田奎樹(おかだけいじゅ)選手には、高校の時から6年ほどお付き合いしている彼女がいて、
女優の『榮倉奈々』さんに似ているそうです。

好きな女性のタイプは、外見よりも、
一緒にいてしっくりくる、無理なく素でいることができる女性が好きらしいですよ。



岡田奎樹選手の戦績は?

ワールドカップシリーズ江ノ島大会で見事優勝された時の岡田奎樹選手と外薗潤平選手!
努力が報われて歓喜の瞬間です!

岡田奎樹(おかだけいじゅ)選手の主な戦績について見ていきましょう。

主な戦績
  • 2007年:全日本OP級選手権大会OP級優勝(小学生の部)
  • 2008年:全日本OP級選手権大会OP級2位
  • 2009年:全日本OP級選手権大会OP級2位
  • 2011年:OP級世界選手権 OP級3位
  • 2016年:470級ジュニア世界選手権優勝
  • 2018年:W杯江の島大会優勝、世界選手権6位

小学生の時から優勝したり常に優秀な成績を残してきた岡田奎樹(おかだけいじゅ)選手ですが、強さの秘訣は予測能力(イメージ能力)が高いことです。

所属していたクラブチームの人や僕の周りにいた人たちが本気で勝つために取り組んでいたため、その人たちの中で勝つための技を学びこうしたら負けそうだ、こうしたら勝ちそうだという予測能力を常に磨いてきました。
なので、いつも本気で練習ができ成長できる恵まれた環境で練習を重ねてきたことで正確性のある予測ができるようになったそうです。

試合の前は携帯のアプリゲームのブロック崩しとかで心も体もリラックス状態を作るように心掛けているそうですよ。



岡田奎樹選手のコーチは誰?

岡田奎樹(おかだけいじゅ)選手の過去のコーチは、

  • 幼少期:父
  • 高校:重由美子コーチ
  • 大学:小松監督、原田コーチ
  • 現在:関一人コーチ

関一人(せきかずと)コーチは静岡県出身で、2004年にアテネオリンピックセーリング 男子470級銅メダリストです。
※ ちなみにこの時、日本男子初のメダルを獲得しました。

2012年10月6、7日、宮城県松島で開催された「ジュニアヨット復興ジャンボリー」に参加された関コーチ(左)とOP級全日本4連覇(97〜00年)を遂げた神谷航路さん(右)

関一人コーチが現在の岡田奎樹(おかだけいじゅ)選手のペアを組んでいる『外薗潤平(ほかぞのじゅんぺい)』さんを紹介しました。

関一人コーチは「世界一を目指したアプローチを続けたい」と語っているほど岡田・外薗(オカホカ)ペアに期待を寄せています。
そして、金メダルも「現実的に考えられるチャンスはある」と話しています。

東京オリンピックが楽しみですね。



まとめ

セーリング日本代表のイケメン選手『岡田奎樹(おかだけいじゅ)』選手について特集しましたがいかがだったでしょうか。
ここまで、岡田奎樹(おかだけいじゅ)選手の経歴やプライベートな部分、強さの秘訣などまとめました。

そして、岡田奎樹(おかだけいじゅ)選手がここまでこれたのは5歳からヨットを教えてくれた「父のお陰」だと言っています。
小さい時からコーチでもあったお父様は寡黙な人ですが、ヨットへの情熱はすごくてお父様がずっとサポートしてくれたからここまでこれたと岡田奎樹(おかだけいじゅ)選手は言っています。
お父様のためにも自分自身のためにも『金メダル』を目指して前に突き進んで欲しいですね!
セーリング日本代表の岡田奎樹(おかだけいじゅ)選手をぜひ応援しましょう !