セーリングのイケメン注目選手、南里研二(なんりけんじ)を知っていますか?

オーストラリアの世界選手権で日本代表を内定した、セーリングのイケメン注目選手、南里研二(なんりけんじ)選手ですが、レーザー級の東京オリンピックでメダル獲得を狙っています。

東京オリンピック セーリングレーザー級日本代表 南里研二選手

出典:https://www.joc.or.jp/photo/photo_detail.html?vol_id=12408&photo_no=photo1_1
 

この記事では、

    1. 南里 研二選手の出身高校は唐津西高?大学は?
    2. 南里 研二選手の身長や体重などプロフィールを調査!
    3. 南里 研二選手の経歴は?

について書いています。



南里 研二選手の出身高校は唐津西高?大学は?

南里研二(なんりけんじ)選手の出身高校と大学について見ていきましょう。

  • 高校:佐賀県立唐津西高校
  • 大学:進学していません

まず高校ですが、南里研二(なんりけんじ)選手は、佐賀県佐賀県立唐津西高校出身です。

佐賀県立唐津西高校はセーリング競技の有名校で、今回オリンピックに出場するセーリング男子470級の岡田奎樹(おかだけいじゅ)選手も卒業生です。

【関連記事】

東京オリンピックのセーリング選手を2人も輩出している学校です。凄いですね。

今回の日本代表選手の2人以外にもセーリングではロンドン五輪代表の吉田雄悟(よしだゆうご)選手も佐賀県立唐津西高校の卒業生です。

高校時代は、多数の国内外の大会に出場し活躍されていたそうです。
具体的な高校時代のエピソードなどを探したのですが、情報が見つかりませんでした。
情報がわかり次第追記していきます。

そして大学ですが、南里研二(なんりけんじ)選手は、大学は通わずに高校卒業後に県のヨットハーバーで働き、国際大会や国体で活躍していました。

2014年頃は、千葉県我孫子市にあるNPO法人アルバトロスヨットクラブに所属していました。
NOP法人アルバトロスヨットクラブ所属時の南里研二選手
NPO法人アルバトロスヨットクラブの頃の南里研二(なんりけんじ)選手です。

2015年から、公益財団法人三重県体育協会のスポーツ指導員として南里研二(なんりけんじ)選手は招聘(しょうへい)されます。
※招聘とは、礼を尽くして人を招くという意味。

三重県体育協会に指導員として呼ばれたということになります。

2018年から百五銀行が企業の社会貢献事業の一環としてトップアスリート採用が始まり、百五銀行に採用が決まり勤務が始まります。

そこから、津市を拠点に日々練習に取り組むようになっていきます。

南里研二選手の拠点 三重県津市

南里研二(なんりけんじ)選手は、津市は「ずっと良い風が吹いてくれるのでいい活動拠点」と伊勢新聞のインタビューで答えていました。

そして、何よりも「津市は、過ごしやすい」とも言っています。

調べたところによりますと、三重県津市は、比較的温暖な気候で、自然も多く適度に飲食店などのお店もあるので、とても住みやすいようです。

名古屋、大阪といった都市にも日帰りで行くことができ、田舎過ぎず都会過ぎない、ちょうど良い街みたいですね。

ちなみに、南里研二(なんりけんじ)選手の津市のおすすめグルメは、「うなぎ」だそうです。
南里研二選手オススメ津市銘産 うなぎ

津市は、日本屈指のうなぎが有名な街で、平成18年の市町村合併まで、津市はうなぎの消費量、店舗数とも全国一の街でした。

うなぎと言えば、やっぱりうな重と思って写真を載せてしまいましたが、うな重だけではなくうなぎ料理は他にも色々あります。

うなぎの有名な三重県津市に訪れたら、美味しいうなぎを食べてみたいですね。



南里 研二選手の身長や体重などプロフィールを調査!

  • 名前:南里研二(なんりけんじ)
  • 生年月日:1992年6月8日
  • 出身地:佐賀県
  • 血液型:O型
  • 現在住所:三重県津市在
  • 卒業中学校:佐賀市立城南中学校
  • 卒業高校:佐賀県立唐津西高校
  • 勤務先:百五銀行
  • 身長:190cm
  • 体重:81kg
  • 種目:男子レーザー級

 

 

※レーザー級は、艇長4m23cmの1枚帆ヨットで東京オリンピック採用の一人乗りのクラスです。

背が高く身体が大きな南里研二(なんりけんじ)選手ですので、1人でヨットを操るレーザー級では有利なのかもしれませんね。

南里研二(なんりけんじ)選手の「好きな食べ物」や「家族構成」など、プライベートな情報は探しても情報が出てきませんでしたので、わかり次第追記していきます。



南里 研二選手の経歴は?

南里研二(なんりけんじ)選手の経歴について見ていきましょう。

《南里研二選手の経歴》
経歴 及び 戦績
2002年 ●小学校3年生
佐賀県の玄海セーリングクラブで、OPディンギーを始める。
※OPディンギーとは、国際的に15歳までの子供達にだけ許されたヨットのこと
2008年 ●高校1年生
セーリングを始める
シーホッパーSR級にて大分国体少年男子で優勝
2009年 ●高校2年生
レーザーラジアル級Jr.ワールドに参加
四型国体優勝を飾る
江ノ島開催全日本ラジアル級でも優勝を収める
2010年 ●高校3年生
イギリス開催レーザーラジアル級Jr.ワールドに参加、15位
イギリスで開催された第一回Jr.スタンダード級ワールドに参加
千葉国体少年の部で優勝!(少年男子として初の三連覇)
2011年 山口国体準優勝を始め、複数の大会に出場
2012年 ドイツ開催レーザー級オリンピック予選出場し、日本人最高となるが五輪出場叶わず
岐阜国体成年男子シングルハンダーで準優勝
2013年 東京国体男子シングルハンダー級で優勝
11月オマーン開催レーザー級ワールドに出場
ナショナルチーム選考レース2位
2014年 五輪選手を育てたルロコーチの指導を受けるため、ドミニカ共和国にてトレーニング開始。
カリビアンミッドウィンターレガッタ優勝
マイアミOCR(オリンピッククラブレー)出場
クロアチアで開催されるヨーロッパ選手権に参加
ブラジルで開催されるオリンピックテストイベトに参加
スペインのサンタンデールで開催されたOCRに参加、国枠取れず
長崎国体成年男子シングルハンダー級優勝
レザーラジアル級全日本選手権 3位
和歌山開催JSAFオリンピックナショナルチーム選考会で優勝
2015年 ナショナルチーム2名枠の1名としてリオ五輪向け強化選手となる
和歌山で開催のナショナルチーム選考会でレーザー級1位獲得
2016年 リオ五輪日本代表選考で権利を獲得するも、リオ五輪に出場できず
2018年 レーザー級世界選手権74位、レーザー級全日本3位を獲得
2019年 レーザー級世界選手権71位
2020年 オーストラリア開催のセーリング世界選手権で日本勢トップの63位を飾る
東京オリンピックの日本代表に内定

南里研二(なんりけんじ)選手は、佐賀県佐賀市出身で、小学3年からセーリングを始めます。

佐賀県立唐津西高校時代に多数の国内外の大会に出場し活躍します。

ロンドン五輪、リオデジャネイロ五輪前には日本人1位となったのですが、惜しくも五輪出場枠が取れませんでした。

今回は、オリンピック3度目の挑戦で、見事にオリンピック出場を決めました。

これまでの頑張りが実になり喜びもひとしおではないかと思います。

南里研二東京オリンピックセーリングレーザー級日本代表内定確定

日本オリンピック委員会からの内定発表のツイートです。

オリンピック内定後に県知事へご挨拶に行かれたようですね。

出身地の佐賀県の佐賀新聞も歓びのツイート

三重県津市の市長へ表敬訪問のニュース動画です。

そして、2015年に招聘された三重県体育協会にも、南里研二(なんりけんじ)選手は東京オリンピックのセーリングレーザー級男子の日本代表の内定報告に行かれました。

三重県スポーツ協会へ東京オリンピックセーリングレーザー級日本代表内定の挨拶

ご挨拶に行かれ、その時に初の?南里 研二選手のサインを書いて置いて来られたようですね。
これがサインです。

東京オリンピック セーリングレーザー級日本代表南里研二選手サイン

「NANRI」という文字にヨットの絵までついていますね。



南里 研二選手のコーチは誰?

南里研二(なんりけんじ)選手のコーチは、唯一2014年海外へ指導を受けに行った、ドミニカ共和国のルロコーチですね。

コーチとは言わず指導者になるかもしれませんが、2014年1~2月と 6月のクロアチアで開催ヨーロッパ選手権参加以後3ヶ月間指導を受けています。

日本での専属コーチは探してみましたが情報が出てきませんでした。

こちらもわかり次第追記していきたいと思います。

まとめ

以上、この記事では、

  1. 南里 研二選手の出身高校は唐津西高?大学は?
  2. 南里 研二選手の身長や体重などプロフィールを調査!
  3. 南里 研二選手の経歴は?

南里研二(なんりけんじ)選手について特集してきました。

ロンドン五輪、リオデジャネイロ五輪では、惜しくもあと少し…というところで、出場を逃してしまったので、とても悔しい思いをしたと思います。

前回の悔しさをバネに、見事に3回目の五輪挑戦で出場を勝ち取りました!

南里研二選手本人も、「なんとか3回目にしてオリンピックに出ることができ、本当によかったです。まだまだ速くならないといけないので、オリンピックまでにトップと走れるように頑張っていきます。」とコメントしています。

見事に、自国開催の東京五輪出場を決めた南里研二(なんりけんじ)選手をぜひ応援していきましょう。

【関連記事】