Web広告やポスターもついにAIを使う時代がやってきました。

イメージナビ株式会社は、実在しない人物画像を提供するサービス「INAI MODEL」を開始。
AIによりバーチャルモデル画像の販売やオリジナルモデル生成の制作依頼を受け付けています。
AIの進化がどこまで行くのか気になりますね。

そこで今回は

  • AIの実在しないモデルをWeb広告に起用する方法は?
  • AIの実在しないモデル「INAI MODEL」の価格や契約期間は?
  • 「INAI MODEL」を使うメリットは?

について紹介します。
どんなバーチャルモデルがいるのか見てみたくないですか?(笑)
とりあえず、記事のチェックをしてみて下さい。



AIの実在しないモデルをWeb広告に起用する方法は?

それでは、AIの実在しないモデルをWeb広告やポスターに使うにはどうすればいいか紹介していきますよ。

こちらがAIの実在しないモデルの画像です ↓

写真を見た限りでは、どこにでも居そうな感じがしますね。

Web広告やポスターに使うには、以下のような種類があります。

imagenaviで取り扱っていない画像を生成するプラン

顧客が持ち込んだ人物画像の顔をAIで加工し、架空のモデルとして仕上げることもしていますよ。
その場合は顧客が被写体と交渉し、顔から下の利用許諾を得る必要があります。
1枚につき約1万円で生成するプランです。

オリジナルモデル制作をオーダーしてから納品まで

  1. 注文
    担当者が詳細などの要望を聞く
  2. サンプルの提案(3営業日ほど)
    要望にそって顔のサンプルを数パターン制作しご提案
  3. 本データの制作(2営業日ほど)
    顔が決定しましたら本データを制作
  4. 納品
    完成した本データをJPGにて納品

思った程作成までに期間がかからない気がします。



AIの実在しないモデルの価格や契約期間は?

さて、気になる「INAI MODEL」の価格は下記のようになります。

AIの実在しないモデル

  • オリジナルモデル制作の費用
    1体¥50,000(税別)
    ポーズ違いのバリエーション制作や複数購入での割引あり
  • モデル画像を生成してAIで加工
    2万900円~3万3000円(税込)

契約期間がないところが、この「INAI MODEL」のいいところですね。

他プランもあるので、詳細はこちらから
→ お問い合わせ・資料請求は公式サイトまで



AIの実在しないモデルサービス「INAI MODEL」のメリットは?

これからの未来は、やはりAIが主流になって行くのでしょうか。

次は実在しないモデル「INAI MODEL」のサービスのメリットを紹介します。

  • 「INAI MODEL」では、モデルを使用した際のクレームリスクを軽減することができる
  • 実在しない人物画像なので契約が不要
  • 使用範囲は「画像使用許諾」として公開
  • 画像生成にはディープラーニングを応用した技術を用う
  • 難しかった高解像度画像(長辺4200ピクセル)の自動生成を可能に
  • 同一人物のポーズの違いが作りやすくバリエーションの量産ができる
  • 撮影コスト削減

以上、AIの実在しないモデルサービスは経費が、あまりかならなくていいです。



まとめ

AIの実在しないモデルをWeb広告に起用する方法、「INAI MODEL」の価格や契約期間・メリットも紹介も紹介しました。

AIの実在しないモデルのプラン・詳細はこちらから
→ お問い合わせ・資料請求は公式サイトまで

Web広告やポスターでは、AIの実在しないモデルを使用した方がメリットが多いと思います。

経費削減には「INAI MODEL」使用してみることをおすすめします。