つくば市長の五十嵐立青さんが、退職金を22円に減額すると発表し、話題になっていますね。

職金をほぼゼロにするって、なかなかできることではありません。

そんな大胆なことを決めた、つくば市長の五十嵐立青さんとは一体どんな方なのでしょうか。

ここでは、五十嵐立青さんのプロフィールや経歴、家族について調べてみました。

早速、見ていきましょう!



つくば市長・五十嵐立青さんのプロフィール

つくば市長の五十嵐立青さんのプロフィールからご紹介します。

プロフィール

名前:五十嵐立青(いがらし たつお)

生年月日:1978年6月12日(42歳)

出身:茨城県つくば市

趣味特技:サッカー、少林寺憲法

学歴

  • 県立土浦第一高校卒
  • 筑波大学国際総合学類卒
  • ロンドン大学UCL公共政策研究所修士課程修了
  • 筑波大学大学院人文社会科学研究科修了

経歴

  • 1978年 つくば市(桜村)生まれ
  • 2004年 つくば市議(1期目)
  • 2008年 いがらしコーチングオフィス設立、株式会社コーチ・エィ勤務
  • 2008年 つくば市議(2期目)
  • 2010年 NPO法人つくばアグリチャレンジ設立、障害のあるスタッフが働く農場「ごきげんファーム」を経営(現在は代表退任)
  • 2016年 つくば市長

五十嵐立青さんは1978年生まれで、元つくば市長をつとめています。

市長になるのは1期目ですね。

筑波大学大学院に在籍している2004年につくば市議に当選していることからも、強い地元愛が感じられますね!

市長選には一度落選しているのですが、2016年に見事当選を果たしています。


五十嵐立青さんの家族について

五十嵐立青さんのご家族は、どんな方なのでしょうか。

調べてみたところ、五十嵐立青さんは政治家家族の一員だったようです。

父:五十嵐滋さん→筑波大学名誉教授

母:五十嵐弘子さん→元つくば市議

兄:五十嵐朝青さん→2017年東京都千代田区町選挙に出馬(結果は落選)

父親が名誉教授ってすごいですよね!

こうしてみると、五十嵐立青さんがつくば市長を目指したのは、母親の弘子さんの影響が大きかったのではないかと予想できます。

幼い頃からつくば市議として奮闘する母親の姿を見ていたら、自然とそういう気持ちも芽生えてきそうですよね!

ちなみに、現在五十嵐立青さんは結婚していて、奥さまと子供が4人(三男一女)いらっしゃいます。


つくば市長・五十嵐立青さんの退職金は22円?

つくば市長の五十嵐立青さんが注目されたのは、市長(自分)の退職金をわずか22円にすると発表したからです。

つくば市長退職金に関するニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/9bc3dc215b10ec33adf37f273d53d3a6650693e7

もともと五十嵐立青さんは、退職金廃止を公約として掲げていたのですが、制度上ゼロ円にするのは不可能だったため、最少の22円にしたとの事です。

市長の退職金は、月額給料に県市町村総合事務組合が定める支給率を掛けて算出されるのですが、市長を満期まで務めると、支給率は22になるそう。

そこで五十嵐立青さんは月給を1円とし、そこに支給率22を掛けて退職金を22円にするとしたわけです。

五十嵐立青さんの市長任期満了日は2020年11月16日なので、任期満了日までに条例を整備していくそうです。

退職金をほぼゼロにするというのは、実際にはなかなかできないこと。

それを実現させるために公言し、条例を整備していくと言った五十嵐立青さんは本当に凄いと思いました。


退職金22円に対する世間の反応は?

ツイッター上でもつくば市長の退職金について話題になっています。

↓恒久的なものにはできないんだよね。というツイート

↓富山県内にもこんな人がいないかな・・・というツイート

↓日本の制度は融通が利かないというツイート

↓やった人でないと適正価格はわからないというツイート

↓きちんと仕事したなら受け取っても良いのでは?というツイート



つくば市長 五十嵐立青さんのプロフィールは?まとめ

つくば市長の五十嵐立青さんについて、ご紹介しました。

五十嵐立青さんは2016年11月17日からつくば市長を務めており、現在が1期目です。

退職金をほぼゼロに減額することで話題を集めており、本当に実現できるのかにも注目が集まっていますね。

今は新型感染症の影響で、生活が困窮している人も増えています。

そんな世の中だからこそ、今後も五十嵐立青さんには注目していきましょう!