東京オリンピックの聖火リレーのルートが発表されました。
日本各地を回る聖火リレーは、地方にいながらオリンピックに参加できる貴重な体験です。

聖火は、2020年の3月12日にギリシャで採火され、12日~19日までギリシャ国内で聖火リレーが行われ、3月19日にギリシャのアテネ市で聖火引き継ぎ式を済ませた後、日本にやってきます。
2020年3月20日に宮城県、航空自衛隊松島基地に到着した聖火は東北の被災地を巡った後、日本各地に聖火リレーで回ってきます。

東京オリンピック2020聖火リレー、三重県のルートや見どころ、ランナーなどについて、ご紹介します。

三重県は愛知県から聖火を受け取り、日本で7番目の開催地となります。

前開催地、愛知県の聖火リレー記事はこちら。

愛知県の聖火リレーの日程とスケジュールは?ルートの詳細と見どころ、周辺グルメや聖火ランナーなどご紹介

三重県では、どんなルートを走るのでしょうか。

早速、三重県のルートや見どころなどについて見ていきましょう。



三重県の聖火リレーの日程とスケジュールは?

三重県の聖火リレーは4月8日(水)・9日(木)に開催されます。

4月8日スケジュール

市町村 出発予定地 出発予定時刻 到着予定地 到着予定時刻
①四日市市 四日市公害と環境未来館前 9:15 四日市市役所 9:39
②鈴鹿市 鈴鹿青少年の森 10:40 鈴鹿スポーツガーデン 12:05
③亀山市 関宿(東の追分) 14:20 関宿(西の追分) 14:43
④津市 サオリーナ 15:50 三重県庁 16:56
⑤鳥羽市 佐田浜東公園 17:05 答志海女小屋前 17:59
⑥伊勢市 伊勢神宮外宮前 18:20 三重県営総合競技場 19:25

4月9日のスケジュール

市町村 出発予定地 出発予定時刻 到着予定地 到着予定時刻
①伊賀市 伊賀上野城 9:15 伊賀市役所 10:20
②名張市 赤目四十八滝 不動滝 10:40 赤目四十八滝キャンプ場 11:07
③松阪市 松阪城跡 13:05 松阪駅南口前 13:52
④大紀町 瀧原宮前 15:20 大紀町役場 15:38
⑤紀北町 馬越峠登り口 16:00 馬越峠夜泣き地蔵前 16:30
⑥熊野市 熊野市駅前 17:50 山崎運動公園 18:46


4月8日(水)のルートの詳細と見どころ・周辺グルメなどは?

①四日市市


三重県のスタートは、四日市市。
四日市公害と環境未来館から、市役所までを走ります。

ご当地グルメは、四日市とんてき。
濃いソースと、グローブ状にお肉が繋がっているところが特徴です。

②鈴鹿市


鈴鹿市では、鈴鹿青少年の森を出発し、鈴鹿サーキット、鈴鹿スポーツガーデン周辺の三箇所に別れた特殊なコースとなります。

三箇所の移動をどうするのか疑問が残るところですが、鈴鹿サーキットで聖火リレーがどの様に走るのか見ものです。

③亀山市


亀山市では、関宿東の追分から西の追分までを走ります。

かつての宿場町の町並みが残るこの地区での聖火リレーは見応え抜群です。

ご当地グルメは、味噌焼きうどん。
濃厚な味噌が、あと引くおいしさですよ!

④津市


県庁のある津市では、サオリーナから三重県庁までのルートとなっています。
このサオリーナ、津市のスポーツ施設ですが、津市出身の吉田沙保里選手にちなんで名付けられたとか。

津市のご当地グルメは、津餃子。
あまりイメージがないかもしれませんが、津市は餃子も有名なんです♪
津餃子は、15cmもある大きな揚げ餃子なんですよ!

⑤鳥羽市


鳥羽市は、佐田浜東公園から答志海女小屋前までを走ります。
市営定期船を使った珍しいコースとなります。

鳥羽市といえば真珠養殖が盛んなところで、真珠博物館もあったり、人気の鳥羽水族館もあります。

⑥伊勢市


1日目の最後は、伊勢市。
伊勢市では、伊勢神宮を出発して三重県営総合競技場までを走ります。

パワースポットでもある伊勢神宮と、聖火のコラボレーションは必見ですよね!

また、伊勢市でぜひ食べてほしいのは、スイーツである赤福。
あんこの和スイーツ赤福は、全国各地にファンがいる、三重県の名物スイーツの1つです。

4月9日(木)のルートの詳細と見どころ・周辺グルメなどは?

①伊賀市


2日目のスタートは、忍者で知られる伊賀市。
伊賀上野城から市役所までのルートです。
伊賀上野公園では、伊賀流忍者の体験や忍者ショーが行われています。

②名張市


名張市は、赤目四十八滝から、赤目四十八滝キャンプ場まで。
雄大な自然は、圧巻です。

③松阪市


松阪市は、松坂城跡から駅前までのルート。
江戸商人の街並みが残る松阪市を、聖火が走り抜けますよ!

松阪市といえば、外せないのはやはり松阪牛。
ブランド黒毛和牛の味を、ぜひともご賞味あれ。

④大紀町

大紀町では、瀧原宮前から町役場までを走ります。

大紀町で地元民から愛されているのが、大内山牛乳。
濃厚でほのかな甘味がある大内山牛乳は、一度飲むと他の牛乳は飲めなくなるほどなのだとか。
基本的に、大内山牛乳は大紀町でしか販売されていないそうです。

⑤紀北町


紀北町は、馬越峠登り口から、夜泣き地蔵前までを走ります。

⑥熊野市

そして三重県のラストとなるのが、熊野市。
熊野市では駅前を出発し、セレブレーションの行われる山崎運動公園を目指します。



東京オリンピック2020聖火リレー三重県のランナーは誰?

最後に、三重県を走る聖火ランナーのうち、芸能人・有名人の方をご紹介します。

〈磯野貴理子さん〉

〈小椋久美子さん(元バドミントン代表)〉

〈浅尾美和さん(元ビーチバレー代表)〉

瀬古利彦さん

チャン・カワイさん(芸人)

鳥羽一郎さん(歌手)



聖火リレーを見に行くと何かあるの?

聖火リレーが通過する前には、応援グッズ・サンプリンググッズの配布やパフォーマンスが行われ、聖火リレーを盛り上げます。

聖火リレーは約200m交代で繋いでいきます。
トーチからトーチに火を移す行為を「トーチキス」と呼ぶそうで、そのトーチキスをする時にポーズを各々で決めて良いとの事で、交代地点で待ち構えると良いかもしれません。

また、聖火リレー1日の終了地点(4月8日伊勢市は三重県営総合競技場、4月9日熊野市は山崎運動公園)では、セレブレーションが行われ、聖火を聖火皿に移す儀式も行われるとの事です。

聖火リレーのサイトでは、他にも色々な聖火リレーに関する紹介を行っています。
聖火リレーのサイト(https://tokyo2020.org/jp/special/torch/olympic/about/flow/)

遠隔地に聖火が行くのに、時間的に大丈夫なの?

聖火リレーでは、移動時間が限られているので、次の聖火リレー開催地がいきなり遠い所に飛ぶ事があります。

実際にスケジュール通りに聖火リレーを行った場合、時間的に全てを回るのは無理があります。
この様な事態に対応するために、アテネを出た時点から、聖火には「親の火」と「こどもの火」と灯されています。

遠隔地には「こどもの火」で聖火リレーを行い、各所を回れる様に対処しています。
また、「親の火」と同時刻にはリレーを行わないとの決まりがあり、聖火リレーが1つの火で行われているかのような演出をしています。



まとめ
東京オリンピックの聖火リレー、三重県のルートや見どころ、ランナーをご紹介しました。

日本で7番目に聖火リレーを行う三重県。

聖火ランナーは元アスリートも多く、楽しみですね!

現地へ行ける人は、ぜひ現地でオリンピックに参加してみてください。

次の開催地、和歌山県の記事はこちら

和歌山県の聖火リレーの日程とスケジュールは?ルートの詳細と見どころ、周辺グルメや聖火ランナーなどご紹介