今回は、実写化でも有名になっている「思い、思われ、ふり、ふられ」のあらすじや、最終回のご紹介になります!

まず、ファンの方々は「ふりふら」と呼ぶので、下記では使わせていただきます。

「ふりふら」は別冊マーガレットで2015年7月号から2019年6月号まで掲載されていた。

作者は「ストロボ・エッジ」や「アオハライド」の咲坂伊緒で、言わずも知れた超有名恋愛作家。

作品は長く愛されており、特に上記2つと「ふりふら」は青春三部作と言われています。

実写映画も公開があり、メイン4名は浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤添衛二の豪華若手になります。

浜辺さんと北村さんは近年の恋愛映画「君膵」(キミスイ)でも共演されていた通り、とても仲もよく、目が離せない2人です!

「思い、思われ、ふり、ふられ」の実写版映画のノベライズがAmazonや楽天で販売中です。

楽天はこちら。

 

 



全体のネタバレ

最終回のネタバレに行く前に結末を知る上で必要なネタバレを紹介いたします。

 

主役の由奈が恋したのは友人朱里の弟の理央です。

理央と朱里は両親の再婚で血がつながっていません。それを知っている理央は朱里が好きでした。

朱里は和臣が好きで、理央に不意にキスをされ激怒、その理央は自己嫌悪に落ちます。

文化祭を機に理央と由奈は付き合い、朱里と和臣も付き合います。しかし、ここは単行本でも5巻をまたぐほどのお話なので、深いです!



「思い、思われ、ふり、ふられ」最終話の結末は!

 

ここからは最終話の結末に関するネタバレになります。

 

問題点は朱里と理央の父親が海外赴任することになり、離れたくない理央と由奈、将来通訳になりたい朱里と夢を応援したい和臣達は揺れ続けているのがクライマックスです。

最終話は由奈と理央が朱里のアメリカ行きの決断を和臣に伝えていると話しながら、由奈は涙を流しています。

一方で朱里は離れても別れたくないと和臣のまえで涙し、それを見て抱きしめながら「別れない!」とはっきり断言します

そして、実は夢を応援するという気持ちで別れそうになっていた和臣も、それはなかったと謝ります。

その際に、もう二度と別れない!と伝え、「どういう意味かわかる?」と朱里をみつめ、朱里は顔を真っ赤にします。

その後、4人は合流します。

由奈と朱里は抱き合って友情を確かめあいます

ここで理央が由奈と和臣を、「姉貴」の彼氏と友人は悲しませないからと伝えます。

ここは血のつながっていない姉弟だからこその「姉貴」発言はぐっときます!

そして、理央と由奈の2人のカフェのシーンです。ここで友情を心配する由奈に対し、将来義理の姉妹になるから平気だと伝える理央の言葉はプロポーズを予感させます!

最後は映画関係の仕事をしたいと想いを持っていた和臣もアメリカに留学することになり、アメリカの空港で「catch me」の看板を持った和臣を朱里が抱きしめるところで終わります



映画「思い、思われ、ふり、ふられ」あらすじ

 


正反対の考えを持つ2人の女の子が恋愛について悩みつつも、成長していく物語です。

作品の魅力は多く語られていますが、ここでは3点を勧めます!

①恋愛の胸キュン

1つはしっかりと恋愛の胸キュンがあることです。

胸キュンの中でもしっかりと共感できるポイントを含みつつも、こんなのがあったらいいなぁ!という理想も描かれているのが特徴です。

②主人公たちの成長

2つ目に主人公たちの成長です。

この漫画はマーガレットで連載されていたこともあり、読者は常に学生や若い人たちと共に漫画の中の主人公も成長していきます。

③個性豊かなキャラクター

3つ目に魅力的なキャラクターです。

メインなキャラクターは4人になりますが、一人一人の個性や生い立ちがしっかりとしており、感情移入しやすことが、作者咲坂の特徴です!

恋愛には積極的な山本朱里(浜辺美波)と恋愛に消極的な市原由奈(福本莉子)、朱里の義理の弟理央(北村匠海)とその幼馴染の和臣(赤楚衛二)。

4人は同じ高校の1年生であり、4人とも同じマンションで生活をしていきます。

この4人を中心に様々な思いがすれ違い物語は進んでいきます。

原作となるコミックス12巻はAmazonと楽天で購入できます。

楽天はこちら。

 

原作漫画と、小説、実写映画にアニメ映画とそれぞれの「ふりふら」が楽しめます。



映画「思い、思われ、ふり、ふられ」の概要

 

原作は咲坂伊緒による大人気漫画「思い、思われ、ふり、ふられ」で、コミックスは全12巻。

2018年には第63回小学館漫画賞少女向け部門を受賞するなど、幅広い層から支持を受けています。

今回の映画化にあたっては、「アオハライド」や「坂道のアポロン」といった恋愛映画に定評のある三木孝浩が監督をつとめました。

主演は浜辺美波、北村匠海の「君の膵臓をたべたい」でも恋人役を演じたコンビで、福本莉子、赤楚衛二といった旬なキャストも参加しています。

また、2020年9月18日から公開されるアニメ映画の「思い、思われ、ふり、ふられ」でもこの4名がカメオ出演をします。

アニメ版の予告編はこちら。

© 2020 アニメ映画 「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 © 咲坂伊緒/集英社

Amazonと楽天ではオリジナルサウンドトラックも9月9日に発売します。

楽天はこちら。

 

 

実写の方の予告編はこちら。

ⓒ2020 「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 ⓒ咲坂伊緒/集英社

概要はこちら。

タイトル 思い、思われ、ふり、ふられ
制作年 2020年
製作国 日本
上映時間 124分

今回の映画「思い、思われ、ふり、ふられ」の主題は今一番勢いのあるバンドと言っても過言では無い、Official髭男dismの「115万キロのフィルム」です。

それぞれのキャストの主題歌動画が公開しているのでこちらも楽しめます。

ⓒ2020 「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 ⓒ咲坂伊緒/集英社

ⓒ2020 「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 ⓒ咲坂伊緒/集英社

ⓒ2020 「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 ⓒ咲坂伊緒/集英社

ⓒ2020 「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 ⓒ咲坂伊緒/集英社

 

Official髭男dismの「115万キロのフィルム」が入ったアルバム「」はAmazonと楽天で購入できます。

楽天はこちら。

 

 

 

HMVでは「ふりふら」のフィルム風しおりが予約受付中です。

 

主演の浜辺美波さんが出演しているドラマ「私たちはどうかしている」に関しての記事もあるので、こちらもご覧ください。