「映画えんとつ町のプペル」の公開が2020年12月に決まりました!

ユーチューブでは主題歌のカバー曲がたくさん公開されています。
キングコングの2人が歌うものから有名無名の歌手や素人まで。
多くの方に支持されて歌われています。

私が個人的に好きなのは、歌手のロザリーナさんが歌う「映画えんとつ町のプペル」の主題歌です。
西野亮廣さんも大絶賛していて、ファーストアルバムのジャケットを西野さんが手掛けたほどです。

ロザリーナさんの声の響きがとても心地よく、プベルの世界観にとってマッチしていると私は感じています。
映画館でロザリーナさんの歌声が聞けたら本当に最高です。

今回は、
「映画えんとつ町のプペル」の主題歌はロザリーナが歌うの?
「映画えんとつ町のプペル」のカバー曲の動画
「映画えんとつ町のプペル」の歌詞
この内容について紹介します!



「映画えんとつ町のプペル」の主題歌はロザリーナが歌うの?

「映画えんとつ町のプペル」の主題歌はロザリーナが歌うのかは、2020年7月現時点では決まっていません。
公開まで半年を切っているのに主題歌が決まっていないのは、西野亮廣にしては遅いですね。
何か理由があるのでしょうか?

主題歌をロザリーナさんが歌う可能性は大いにあると思います。
西野さんは、ロザリーナさんのことを「天才」と称して、その才能に嫉妬していると語っています!

大ファンです。
ときどき彼女の歌の世界に逃げ込んでは、救われ、そして、その圧倒的な才能に嫉妬しています。
引用:https://www.m-on-music.jp/0000164949/

西野亮廣(キングコング)の絵本『えんとつ町のプぺル』のテーマソングを歌い、同氏に“天才”と言わしめたロザリーナ。期待の新人の今後の活躍に注目だ。
引用:https://www.m-on-music.jp/0000257163/

西野さんの企画した「天才万博2018」にも呼ばれて、「えんとつ町のプペル」の主題歌を熱唱しています。
ホントロザリーナさんのこの歌声は、引き込まれるような温もりを感じます。

 

「ルビッチと絵本で星を見に行った船」のCDジャケットです。
ファーストアルバムで西野さんからイラストをプレゼントされるなんて、認められている証拠ですね!

 

ファーストシングルでお西野さんのイラストを使用しています。
西野さんがロザリーナさんの大ファンというのも頷けます。

 

ロザリーナさんは「えんとつ町のプペル」の主題歌を歌うことで、世に知られることができメジャーデビューを果たしました。
あとは、劇場でロザリーナの歌う「えんとつ町のプペル」の主題歌が聞けるのを願うばかりです!



「映画えんとつ町のプペル」のカバー曲の動画をまとめてみた!

他の方も「映画えんとつ町のプペル」の主題歌をカバーしています。

もしかして、この中から選ばれる可能性もあるかもしれませんね!
みなさん、素敵な歌声です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キングコングの2人が歌う主題歌も好きです。
どのカバー曲も良くて、聞き入ってしまいます!



「映画えんとつ町のプペル」の主題歌の歌詞を紹介します!

もともとは、絵本「えんとつ町のプペル」のプロモーションとして楽曲が作られたそうです。
でも絵本が「映画えんとつ町のプペル」の広告として作られたと西野さんもいっておられるので、そのまま映画の主題歌になったのでしょうね。

では、「映画えんとつ町のプペル」の主題歌の歌詞を紹介します!

『えんとつ町のプペル』

作詞・作曲:西野亮廣
編曲:渡邊崇

ハロウィンの夜にやってきた
体がゴミのゴミ人間
えんとつ町は大騒ぎ ひどいニオイさ
「臭い 臭い」と囃されて
キミは外にハジかれる
一人ぼっちのゴミ人間
だけどどうだ?

ゴミの体のその奥には
綺麗なハートがある
ごらん、体の汚れなんて洗えばこのとおり
見た目なんてどうだっていいのさ
キミはとても素敵

ハロハロハロハロウィン
プペプップープペル
心優しいゴミ人間
ハロハロハロハロウィン
プペプップープペル
キミはボクの友達

嘘つき呼ばわりされたパパが言ってたよ
「えんとつ町の煙の上には星がある」って
聞いてよプペル
ボクのパパは嘘つきなんかじゃない
いつか煙の上にボクを連れていってよ
星の海にプカプカ浮かぶ
そんな夜は素敵

ハロハロハロハロウィン
プペプップープペル
奇跡が近づいてる
ハロハロハロハロウィン
プペプップープペル
えんとつ町の物語

油の涙を拭いてホラ
その顔、見せておくれ
きっとまた遠くに行ってしまうんだろう?
だからその日までたくさん遊ぼうよ二人で

ハロハロハロハロウィン
プペプップープペル
心優しいゴミ人間
ハロハロハロハロウィン
プペプップープペル
キミはボクの友達

ハロハロハロハロウィン
プペプップープペル
奇跡が近づいてる
ハロハロハロハロウィン
プペプップープペル
えんとつ町の物語

 

この夢に向かって頑張っている人への応援歌です。
夢を語って笑われる人が「ゴミ人間」、
閉鎖的な現代社会は「えんとつ町」、
笑われても馬鹿にされても、「夢に向かっている人を応援したい」という西野亮廣さんの思いが詰まった楽曲です!

この作品の存在を一人でも多くの方に知ってもらう為のプロモーションの一環として、絵本の楽曲を制作したのである。

黒い煙に包まれた『えんとつ町』というのは、閉塞感のある『現代社会』のことで、
煙の上の星を目指すゴミ人間というのは、
『まわりから笑われながらも、挑戦する人』のことである。
『えんとつ町のプペル』という絵本のメッセージ、と言っちゃうと少し照れ臭いが、まぁ、そういうことだ。

 

いつだって未来を切り開くのはゴミのように扱われているその人(ボケの人)で、
僕は未来を見たいので、
その人が、
芸人であろうが、
音楽家であろうが、
作家であろうが、
スポーツ選手であろうが、
起業家であろうが、
政治家であろうが、
学校の先生であろうが、
スナックのママであろうが…

肩書きなんて何でもいいから、迫害を受けながらも、それでも挑戦する人を絶対に見捨てないし、最後の最後まで肯定する。

そんな人に向けた応援歌を作りました。

是非、聴いてください。
著作権もヘッタクレもございません。
勝手にダウンロードして、好きに使ってくださいな。

夢を見て、夢を語って、バカにされて、夜な夜な涙している人。
頑張って。

 

引用:https://lineblog.me/nishino/archives/5009196.html



まとめ

今回は、
「映画えんとつ町のプペル」の主題歌はロザリーナが歌うの?
「映画えんとつ町のプペル」のカバー曲の動画
「映画えんとつ町のプペル」の歌詞
この内容について紹介しました。

映画公開までもう少し、ストーリーも主題歌が誰が歌うのかもとっても楽しみです!

主題歌がロザリーナさんでも違ったとしても
ロザリーナさんが歌う「えんとつ町のプペル」の主題歌は私のお気に入りの楽曲です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。