東京オリンピックの聖火リレーのルートが発表されました。
日本各地を回る聖火リレーは、地方にいながらオリンピックに参加できる貴重な体験です。

聖火は、2020年の3月12日にギリシャで採火され、12日~19日までギリシャ国内で聖火リレーが行われ、3月19日にギリシャのアテネ市で聖火引き継ぎ式を済ませた後、日本にやってきます。
2020年3月20日に宮城県、航空自衛隊松島基地に到着した聖火は東北の被災地を巡った後、日本各地に聖火リレーで回ってきます。

兵庫県の聖火リレーは鳥取県から兵庫県の豊岡市に運ばれてスタートします。

前開催地、鳥取県の聖火リレーの記事はこちら

鳥取県の聖火リレーの日程とスケジュールは?ルートの詳細と見どころ、周辺グルメや聖火ランナーなどご紹介

兵庫県を代表する場所にオリンピックの象徴である聖火を聖火ランナーが繋げていきます。
オリンピック聖火は平和と希望の象徴。兵庫県が更に賑わこと間違いなしです。

兵庫県の聖火リレーのルート、スケジュールや見どころ、周辺グルメや観光名所、注目の聖火ランナーをご紹介していきます。



兵庫県の聖火リレーの日程とスケジュールは?

兵庫県の聖火リレーの日程は5月24日(日)・25日(月)になります。

5月24日(日)のスケジュール

市区町村名 出発地点 出発予定時刻 到着地点 到着予定時刻
①豊岡市 六方防災ステーション立野拠点 9:08 市役所前市民広場 9:40
②朝来市 北千畳 10:05 南千畳 10:24
③朝来市 朝来市立竹田小学校グラウンド 11:09 竹田駅 11:31
④宍栗市 音水湖カヌー競技場第2会場 12:50 ダム管理事務所前 13:34
⑤加東市 兵庫県北播磨県民局社総合庁舎前 14:01 加東市役所前 14:30
⑥小野市 小野市役所駐車場出口 15:38 小野希望の丘陸上競技場内 16:12
⑦加古川市 兵庫県加古川総合庁舎前 17:28 鶴林寺 18:17
⑧姫路市 大手前公園 19:29 姫路城三の丸広場 20:07

1日目 セレブレーション会場:姫路市 大手前公園

※④宍粟市では音水湖周辺で、一部カヌーにより聖火リレーの実施します。

5月25日(月)のスケジュール

市区町村名 出発地点 出発予定時刻 到着地点 到着予定時刻
①神戸市 兵庫県庁芝生広場 9:25 BEKOBEモニュメント前 10:23
②明石市 明石市立天文科学館前 11:44 大蔵海岸公園こども広場北側ロータリー 12:16
③南あわじ市 西淡中学校前 12:30 ビーチバレーコート・瓦舞台付近 13:02
④西宮市 甲子園駅前広場 13:56 浜甲子園運動公園東駐車場 14:38
⑤尼崎市 尼崎市記念公園陸上競技場(西側スタンド前) 16:40 尼崎城址公園 17:11
⑥三田市 郷の音ホール駐車場西口 19:17 西対中東交差点 19:56
⑦丹波篠山市 篠山中学校 20:59 篠山城跡三の丸広場 21:36

2日目 セレブレーション会場:丹波篠山市 篠山城跡三の丸広場



5月24日(日)のルートの詳細と見どころ・周辺グルメと観光名所は?

各市町村ごとに、聖火リレーのルートと見どころなどを紹介していこうと思います。
5月23日鳥取県で聖火リレーを終えた聖火は、5月24日に兵庫県豊岡市にやってきます。

①豊岡市

六方防災ステーション立野拠点(9:08)→市役所前市民広場(9:40)

見どころ:
兵庫県の聖火リレーの初日、第一出発地点がここ豊岡市です。
見どころは、やはり出発地点の六方防災ステーション立野拠点です。兵庫県の聖火リレーのスタートです。
豊岡市は「小さな世界都市」としてPRしている街だけあり、とても幻想的な風情を季節毎に持っています。兵庫県を代表する街でもありますので、兵庫県の聖火リレーの幸先に期待が膨らみます。

周辺グルメ:
そば処 天通(てんつう)は豊岡市の人気お蕎麦屋です。
昔ながらの石臼挽き、自家製粉で作るお蕎麦がとても人気を博しています。口コミの満足度も非常に高いです。

観光名所:
城崎マリンワールドが豊岡市の人気観光スポットです。
日本海に面した城崎マリンワールドは、「水族館以上を目指す、見て、さわって、発見できる体験型水族館」とPRしています。
イルカやアシカをはじめ、たくさんの海の生物たちを間近で見られるショーも開催しています。

②朝来市

北千畳(10:05)→南千畳(10:24)

見どころ:
竹田城で有名の朝来市。見どころはもちろん、竹田城を背景に走る聖火です。
日本の情緒、日本のイメージを世界に向けて発信します。国内、国外問わず、注目の的になること間違いなしの朝来市です。

周辺グルメ:
海鮮せんべい但馬は、せんべいの専門店です。
多くの種類のせんべいがあり、試食もできるので、それだけでお腹がふくれるほどです。お子さま連れでいくと大はしゃぎの予感です。ご当地人気店として知られています。

観光名所:
竹田城跡が朝来師の観光スポットとして有名です。
日本100名城にも選ばれています。
廃城から約400年、それでも尚昔の面影を色濃く残しています。石垣がほぼ完全に残っていたりします。
早朝に濃霧が発生するとお城が雲海に浮かんでいるように見え、「天空の城」や「日本のマチュピチュ」とも言われています。

③朝来市

朝来市立竹田小学校グラウンド(11:09)→竹田駅(11:31)

見どころ:
朝来市での聖火リレーは、二カ所あります。一カ所目は竹田城を背景に走る聖火リレーでした。二カ所目のこちらでも見どころは満載です。豊かな自然と数多くある文化遺産が詰まった朝来市と聖火の融合は特に見ろどころです。

周辺グルメ:
海鮮せんべい但馬は、せんべいの専門店です。
多くの種類のせんべいがあり、試食もできるので、それだけでお腹がふくれるほどです。お子さま連れでいくと大はしゃぎの予感です。ご当地人気店として知られています。

観光名所:
竹田城跡が朝来師の観光スポットとして有名です。
日本100名城にも選ばれています。
廃城から約400年、それでも尚昔の面影を色濃く残しています。石垣がほぼ完全に残っていたりします。
早朝に濃霧が発生するとお城が雲海に浮かんでいるように見え、「天空の城」や「日本のマチュピチュ」とも言われています。

④宍栗市

音水湖カヌー競技場第2会場(12:50)→ダム管理事務所前(13:34)

※④宍粟市では音水湖周辺で、一部カヌーにより聖火リレーの実施します。

見どころ:
宍粟市での聖火リレーのコースは特殊コースとなっており、カヌーでの聖火リレーが実施されます。
見どころは多くの自然を背景に兵庫県の情緒を活かしたカヌーでの聖火リレーです。

周辺グルメ:
柊(ひいらぎ)は宍粟市でイチオシのうどん屋さんです。
こちらのうどんは大人気で、値段もとってもお手頃です。
上品な雰囲気があるうどん専門店です。

観光名所:
宍粟市の人気観光スポットは原不動滝です。
ちょうど程良いハイキングにもなります。滝を見に行くまでの課程のコースも人気があり、吊り橋を渡ったりと景観を楽しませてもくれます。避暑地としても良いです。もちろん滝は目に見張るものがあります。

⑤加東市

兵庫県北播磨県民局社総合庁舎前(14:01)→加東市役所前(14:30)

見どころ:
加東市は豊かな自然と共生する活気のある田園都市です。
兵庫県の中でも穏やかな時間を持っています。澄んだ空気の中を聖火が駆け抜けます。

周辺グルメ:
ことぶきは加東市イチオシの人気ラーメン屋さんです。
これぞ播州ブラック!とPRするほど、焦がし醤油を利かせたオリジナルスープが大人気。焦がし醤油と聞くとコッテリを想像してしまいそうですが、とてもあっさりとしたスープです。

観光名所:
加東市の人気観光スポットの播州 清水寺。
境内がとても広く、そして趣のあるお寺です。多くの観光客が足を運び、お参りをしていきます。とても良いお寺です。

東条湖 おもちゃ王国も加東市の人気スポットです。
甲子園球場2個分の大きな面積を持つテーマパークです。
0歳児からご家族みんなで楽しむことができる設計になっているので、ご家族で聖火リレーを見に行った際は是非お立ち寄りください。

⑥小野市

小野市役所駐車場出口(15:38)→小野希望の丘陸上競技場内(16:12)

見どころ:
小野市はかつて城下町として栄えた歴史の街です。風光明媚な小野市の街並み、丘が連なったように見える日本一背の低いアルプスの風景が、聖火と融合します。
ほぼ一直線のコースなので、聖火リレーの観覧はしやすいです。

周辺グルメ:
ぷらっときすみの は小野市で有名な行列のできるお蕎麦屋さんです。
手打ちの二八蕎麦が人気で、コシがあって癖になる美味しさです。
十割蕎麦もありますので、蕎麦好きにはもってこいのお店です。

観光名所:
浄土寺は重要文化財に指定されている厳かな雰囲気をまとっているお寺です。
国宝の阿弥陀三尊立像が安置されている浄土堂が特に人気で、晴れた日の陽光がお堂に照りつけたらお堂に反射した光で仏像が浮かびます。

⑦加古川市

兵庫県加古川総合庁舎前(17:28)→鶴林寺(18:17)

見どころ:
加古川市は、一級河川の「加古川」の水の恵みを受けて発展してきた都市です。水と緑に恵まれたまちで豊かさを感じられるまちでもあります。
ここ加古川市に聖火がやってきます。
見どころは、加古川市の人気観光スポットになっている到着地点の鶴林寺で聖火が到着するところです。

周辺グルメ:
コーヒーハウス ロッキーは、加古川市のイチオシの洋食店です。
豚ではなく牛のかつめしが人気を博しており、加古川名物になっているビーフかつめしを求め他県からも大勢のお客さまが訪れます。昭和44年からコーヒーハウス ロッキーのビーフかつめしの提供が始まり、今も尚、当時の味が残っています。

観光名所:
鶴林寺が加古川市の有名観光スポットです。
大きな仁王門を潜り境内に入ると目の前に国宝になっている本堂が現れます。
鶴林寺は聖徳太子が修学していた場所として知られています。
寺院境内を中心に周囲は鶴林寺公園として整備されており、市民散策の代表地点となっています。

⑧姫路市

大手前公園(19:29)→姫路城三の丸広場(20:07)

24日の最終地点です。
姫路城三の丸広場でセレブレーションが行われます。

見どころ:
兵庫県1日目の最終地点がここ姫路市です。
見どころは、兵庫県聖火リレーの1日を締めくくる到着地点の姫路城三の丸広場です。

周辺グルメ:
姫路 すし一(すしいち)は姫路市で昭和45年から続いている人気寿司屋さんです。姫路市では知らない人がいないというほどの有名店です。
瀬戸内の魚を生かした料理と兵庫の地酒が多くあり、ゆったりとできる店の雰囲気が人気の理由のひとつです。
国産の材料に拘り、新鮮な素材で振る舞われる料理は多くの人を魅了します。

観光名所:
姫路市といえば、世界文化遺産にまで登録されている姫路城が定番です。最も完成されたお城と評されており、昭和26年に国宝に指定され、平成5年に日本で初めてユネスコ世界文化遺産に登録されました。
姫路駅から見える姫路城はまるで絵画のごとく素晴らしく、姫路城の存在感がものすごいです。


5月25日(月)のルートの詳細と見どころ・周辺グルメと観光名所は?

各市町村ごとに、聖火リレーのルートと見どころなどを紹介していこうと思います。
5月24日に姫路城三の丸広場でリレーを終えた聖火は、5月25日に神戸市にやってきます。

①神戸市

兵庫県庁芝生広場(9:25)→BEKOBEモニュメント前(10:23)

見どころ:
兵庫県の聖火リレー2日目初日の出発地点が兵庫県庁芝生広場です。
神戸市は江戸末期に開港されたことをきっかけに発展してきた港町です。
神戸市のシンボルの神戸ポートタワーを背中に聖火リレーが始まります。
見どころは到着地点のBEKOBEモニュメント前です。BEKOBEモニュメントは2017年に神戸開港150年を記念してメリケンパークに新設されました。とても人気のある観光名所のひとつとなっています。
そのBEKOBEモニュメントと聖火の融合は画になること間違いなしです。

周辺グルメ:
チーズ×肉 ちーず屋 元町は神戸市の人気イタリアンカフェです。
自家製ハンバーグチーズが特に人気です。
とてもお洒落なお店で高級な雰囲気がありますが、お値段はとってもお財布に優しいのも魅力のひとつです。

観光名所:
神戸市の観光名所は山のようにありますが、聖火リレーの後に行きやすいおすすめ観光スポットを紹介します。
神戸ポートタワーは神戸市のシンボルで、且つ、人気観光スポットです。
神戸タワーは1963年に建設されました。世界初のパイプ構造となっていて、日本で初めてライトアップされたタワーとして知られています。
神戸市を一望できる神戸ポートタワーは、全面バリアフリーになっているので誰でも安心して展望台を楽しむことができます。

②明石市

明石市立天文科学館前(11:44)→大蔵海岸公園こども広場北側ロータリー(12:16)

見どころ:
出発地点の明石市立天文科学館は、神戸市の観光名所としても有名です。到着地点の大蔵海岸公園こども広場も観光名所として有名です。
明石市の聖火リレーは兵庫県を満喫したい人にとってとってもおすすめです。
明石市の充実した街並と聖火が融合します。

周辺グルメ:
つくしは昭和53年創業の地元で有名なお好み焼き店の老舗です。
特に「スジブタ玉」は大人気で多くの支持者がいます。
メニューバリエーションも豊富で、自分好みのお好み焼きが作れます。

観光名所:
明石公園は明石市で大人気の公園です。史跡明石城跡があることでも有名です。
多くの人が兵庫県の風情を感じながら散策などを楽しんでいます。
明石城の面影が残る石垣が更に明石公園の魅力を引き立てています。

③南あわじ市

西淡中学校前(12:30)→ビーチバレーコート・瓦舞台付近(13:02)

見どころ:
南あわじ市の聖火リレーの見どころは海風に揺れる聖火を見られるところです。
きらめく海を背景に聖火が駆け抜けます。
運が良ければ、鳴門海峡で世界でもめずらしいうず潮を見ることができます。うず潮は、約6時間ごとに起こる潮の干満によって、潮が高い海から低い海へ流れる時に生じる現象です。
聖火リレーの最中に見られることを祈ります。

周辺グルメ:
南あわじ市といえば、あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン本店です。
バンズがふっくら、淡路島ビーフがとっても人気のハンバーガーのお店で、2013年に全国ご当地バーガーグランプリで優勝し、2014年には全国2位に輝きました。
安定した美味しさを誇る淡路島オニオンキッチンを是非ご賞味ください。

観光名所:
淡路ファームパークイングランドの丘は南あわじ市でイチオシの観光スポットです。
まず一番に驚くことはここにコアラがいます。
キレイに整備されたお花畑やかわいい動物たちと戯れたりと全体的に楽しめる名所です。お子さま連れにはもってこいの場所となっております。

④西宮市

甲子園駅前広場(13:56)→浜甲子園運動公園東駐車場(14:38)

見どころ:
日本有数のお洒落タウンとして知られている西宮市に聖火がやってきます。
見どころは、聖火が甲子園球場を回るところです。
今年は甲子園がコロナウィルスの関係で中止になりましたが、聖火がその分、甲子園球場を盛り上げます。

周辺グルメ:
ARROW TREE 西宮店は青果店直営の新鮮フルーツをたっぷり使ったケーキが大人気の人気スイーツカフェです。
特に季節のフルーツタルトが人気で、見た目からもその美味しさが伝わってきます。
カップルからご家族連れまでゆったりとできるカフェです。

観光名所:
西宮市は甲子園球場のある街ですが、それだけではありません。
竹田尾温泉も西宮市のおすすめ観光スポットです。
有馬・宝塚とともに裏六甲三大温泉のひとつです。豊かな自然に包まれた閑静な地に温泉があります。景観が特に素晴らしく、日本の情緒を感じられる名スポットです。

⑤尼崎市

尼崎市記念公園陸上競技場(西側スタンド前)(16:40)→尼崎城址公園(17:11)

見どころ:
尼崎市の特徴として、山や坂道がなく平らな道が多いためジョギングやウォーキング、自転車をしている人が多いです。
尼崎市は「本当に住みたい街大賞2018in関西」で第一位になった人気の街です。
聖火リレーのコースもほぼ一直線なので聖火ランナーも観覧車もお互いに良い環境です。
やさしいまち尼崎市と聖火の融合は画になること間違いなしです。

周辺グルメ:
グリルー平は1974年からある尼崎市の大人気老舗洋食店です。
手作りの自家製デミグラスソースが大人気です。値段もお財布にやさしく、そしてテーブルも広いためご家族連れでも楽しめます。

観光名所:
尼崎城跡が尼崎市でのイチオシ観光スポットです。
尼崎城はもともとあった本来の場所に小学校が建てられてしまい、ここに再建されました。まだ木の匂いが残る癒やされるお城です。
忍者などの衣装など無料貸出もあり、それを着て写真を撮ることもできるのでおすすめです。

⑥三田市

郷の音ホール駐車場西口(19:17)→西対中東交差点(19:56)

見どころ:
三田市は、戦国時代以降、三田城城郭を拠点とする政治都市としてのみならず、流通・経済の中心としても発展してきました。
都会としての顔もあり、緑豊かな自然の顔もあり、活気のある街です。そこに聖火がやってきます。盛り上がること間違いなしです。

周辺グルメ:
蕎麦 いち は、三田市のイチオシ人気蕎麦屋さんです。
築90年以上の古民家を改装したお蕎麦屋さんで、店構えにも味があります。
無農薬栽培の在来種と福井の蕎麦をつかった国産二八蕎麦は、喉ごしも風味も抜群です。
日本一の地鶏を出してくれる蕎麦の名店と口コミで評判です。

観光名所:
有馬富士公園は三田市の人気観光スポットです。
広大な土地に遊具などがあり、家族連れには最適です。
人の多い京都も魅力的ですが、その京都と比べると落ち着いて自然を愉しむことができます。

⑦丹波篠山市

篠山中学校(20:59)→篠山城跡三の丸広場(21:36)

25日の最終地点です。
篠山城跡三の丸広場でセレブレーションが行われます。

見どころ:
兵庫県の聖火リレーの最終地点です。
見どころは、二日間に渡った聖火リレーを締めくくる到着地点の篠山城跡三の丸広場です。篠山城は徳川家康によって築かれた日本の代表をするお城です。世界に自慢のできる兵庫県の観光名所で聖火リレーを締めくくるところは見逃せません。

周辺グルメ:
一会庵(いちえあん)は丹波篠山市のイチオシのお蕎麦屋さんです。
江戸時代の古民家で食べられる篠山の有名蕎麦店で、地元の人から隣県まで知られている蕎麦の名店です。
自家栽培の玄そばを石臼で製粉したこだわりの蕎麦は喉ごしも風味も抜群です。

観光名所:
到着地点の篠山城跡が丹波篠山市で大人気観光名所です。
1609年徳川家康が天下普請で築いた城で、松平康重が初代城主です。名前を並べるだけでもそのすごさが伝わってきますが、名前負けしない見応えに感動します。
日本100名城のひとつです。


兵庫県を走る聖火ランナーは?

兵庫県のPR聖火ランナーをご紹介します。

笑福亭鶴瓶さん 1951年生まれ 西宮市在住

日本人なら誰もが知る大人気落語家です。

朝原宣治さん 1972年生まれ 神戸市出身

北京五輪陸上男子400メートルリレー銀メダリストです。

真鍋政義さん 1963年生まれ 姫路市出身

元バレーボール全日本女子代表監督でヴィクトリーナ姫路オーナーです。

小林祐梨子さん 1988年生まれ 小野市出身

北京五輪陸上女子5000メートル日本代表です。

沢松奈生子さん 1973年生まれ 西宮市出身

バルセロナ、アトランタ五輪テニス女子日本代表です。

陣内智則さん 1974年生まれ 加古川市出身

日本のお笑いタレント、司会者で加古川市の観光大使です。

さかなくん

魚類学者です。

篠原信一さん

シドニーオリンピック柔道銀メダリストです。

聖火リレーを見に行くと何かあるの?

聖火リレーが通過する前には、応援グッズ・サンプリンググッズの配布やパフォーマンスが行われ、聖火リレーを盛り上げます。

聖火リレーは約200m交代で繋いでいきます。
トーチからトーチに火を移す行為を「トーチキス」と呼ぶそうで、そのトーチキスをする時にポーズを各々で決めて良いとの事で、交代地点で待ち構えると良いかもしれません。

また、聖火リレー1日の終了地点(5月24日姫路市は姫路城三の丸広場、5月25日丹波篠山市は篠山城跡三の丸広場)では、セレブレーションが行われ、聖火を聖火皿に移す儀式も行われるとの事です。
聖火リレーのサイトでは、他にも色々な聖火リレーに関する紹介を行っています。
→ 聖火リレーのサイト(https://tokyo2020.org/jp/special/torch/olympic/about/flow/)

遠隔地に聖火が行くのに、時間的に大丈夫なの?

聖火リレーでは、移動時間が限られているので、次の聖火リレー開催地がいきなり遠い所に飛ぶ事があります。

実際にスケジュール通りに聖火リレーを行った場合、時間的に全てを回るのは無理があります。
この様な事態に対応するために、アテネを出た時点から、聖火には「親の火」と「こどもの火」と灯されています。

遠隔地には「こどもの火」で聖火リレーを行い、各所を回れる様に対処しています。
また、「親の火」と同時刻にはリレーを行わないとの決まりがあり、聖火リレーが1つの火で行われているかのような演出をしています。

兵庫県の聖火リレー 大盛り上がりの予感

兵庫県の聖火リレーも見どころがたくさんあります。

PR聖火ランナーも充実しており、多くのファンも訪れることでしょう。

阪神淡路大震災から復興を果たした兵庫県に聖火の平和と希望が注ぎ込まれます。

多くの観光客で普段から賑わいを見せる兵庫県に聖火リレーの盛り上がりが加わり、更に盛り上がりを見せるでしょう。

次の開催地、京都府の聖火リレー記事はこちら

京都府の聖火リレーの日程とスケジュールは?ルートの詳細と見どころ、周辺グルメや聖火ランナーなどご紹介