東京オリンピックの聖火リレーのルートが発表されました。
日本各地を回る聖火リレーは、地方にいながらオリンピックに参加できる貴重な体験です。

聖火は、2020年の3月12日にギリシャで採火され、12日~19日までギリシャ国内で聖火リレーが行われ、3月19日にギリシャのアテネ市で聖火引き継ぎ式を済ませた後、日本にやってきます。
2020年3月20日に宮城県、航空自衛隊松島基地に到着した聖火は東北の被災地を巡った後、日本各地に聖火リレーで回ってきます。

滋賀県の聖火リレーは京都府から滋賀県の高島市に運ばれてスタートします。

前開催地、京都府の聖火リレーの記事はこちら

京都府の聖火リレーの日程とスケジュールは?ルートの詳細と見どころ、周辺グルメや聖火ランナーなどご紹介

滋賀県を代表する場所にオリンピックの象徴である聖火を聖火ランナーが繋げていきます。
オリンピック聖火は平和と希望の象徴。滋賀県が更に賑わうこと間違いなしです。

滋賀県の聖火リレーのルート、スケジュールや見どころ、周辺グルメや観光名所、注目の聖火ランナーをご紹介していきます。



滋賀県の聖火リレーの日程とスケジュールは?

滋賀県の聖火リレーの日程は5月28日(木)・30日(金)になります。

5月28日(木)のスケジュール

市区町村名 出発地点 出発予定時刻 到着地点 到着予定時刻
①高島市 マキノピックランド 9:15 メタセコイア並木 9:31
②守山市 琵琶湖大橋(びわ湖大橋米プラザ) 10:13 琵琶湖サイクリストの聖地碑 10:57
③野洲市 コミュニティセンターきたの前 11:51 野洲市総合体育館前 12:12
④近江八幡市 日弁禮八幡宮前 14:02 近江八幡市役所 14:29
⑤竜王町 竜王中学校 15:16 苗村神社 15:34
⑥湖南市 菩提寺新町交差点 16:29 菩提寺鵜ヶ下交差点 16:44
⑦栗東市 栗東市民体育館 17:28 手原駅前 17:49
⑧草津市 草津駅東口周辺 18:03 草津市役所 18:32
⑨大津市 市民プラザ 18:50 大津港業務用地 19:27

1日目 セレブレーション会場:大津市 大津港業務用地

5月29日(金)のスケジュール

市区町村名 出発地点 出発予定時刻 到着地点 到着予定時刻
①甲賀市 水口スポーツの森陸上競技場 9:20 甲賀市役所 9:58
②日野町 松尾中央交差点付近 10:56 日野町村井地先 11:15
③東近江市 東近江市役所前 12:19 八日市駅前 12:36
④愛荘町 愛荘町中央スポーツ公園 14:25 ゆうがくの郷 14:48
⑤豊郷町 豊郷町役場 15:00 先人を偲ぶ館 15:15
⑥甲良町 甲良町公民館前 15:36 道の駅こうら 15:54
⑦多賀町 多賀大社前駅 16:30 多賀町役場 16:44
⑧彦根市 夢京橋キャッスルロード(本町1丁目交差点) 16:52 いろは松駐車場 17:22
⑨米原市 米原駅西口(ロータリー広場) 18:06 中多良南交差点付近 18:25
⑩長浜市 長浜水道企業団前 19:17 豊公園 19:41

2日目 セレブレーション会場:長浜市 豊公園

5月28日(木)のルートの詳細と見どころ・周辺グルメと観光名所は?

各市町村ごとに、聖火リレーのルートと見どころなどを紹介していこうと思います。
5月27日京都府で聖火リレーを終えた聖火は、5月28日に滋賀県高島市にやってきます。

①高島市

マキノピックランド(9:15)→メタセコイア並木(9:31)

見どころ:
高島市の聖火リレーは高島市イチオシのメタセコイア並木をコースにしたマキノピックランドから始まります。メタセコイア並木は新緑の並木道として有名で新・日本の街路樹百景に選ばれている道です。
高島市の聖火リレーはさっそく見どころ満載です。

周辺グルメ:
ソラノネ食堂が有名です。かまどご飯が特に人気を博しており、自然の仲で美味しい日本料理が味わえるお店として評判です。大自然のど真ん中で佇むお店ということで分かりやすいと思います。口コミの評判もとても良いです。

観光名所:
高島市の観光スポットとして有名なのが、聖火リレーのコースであるメタセコイア並木です。メタセコイア並木は1年を通して四季折々の顔を見せ、多くの観光客で賑わいます。高島市イチオシの観光スポットです。

②守山市

琵琶湖大橋(びわ湖大橋米プラザ)(10:13)→琵琶湖サイクリストの聖地碑(10:57)

見どころ:
日本一の湖の琵琶湖を横に聖火が駆けます。特に見どころが出発地点の琵琶湖大橋です。雄大な琵琶湖を景観に包まれながらスタートを切る聖火は見どころです。

周辺グルメ:
クラブバリエ 守山玻璃絵館は守山市でとっても人気のスイーツ店。開店前から行列必至の超人気店として知られているスイーツ・ケーキバイキングのお店です。特に人気のバームクーヘンは誰もが口を揃えて美味しいの一言。ここまで混むスイーツ店は珍しいです。

観光名所:
日本一の湖、琵琶湖をサイクリングで一周するビワイチが有名です。ビワイチの仲でも一番の名所となっているところが守山市の聖火リレーの出発地点、琵琶湖大橋です。雄大な琵琶湖の景色に包まれていられることができるのはここ守山市の他にありません。

③野洲市

コミュニティセンターきたの前(11:57)→野洲市総合体育館前(12:12)

見どころ:
野洲市は滋賀県の情緒を感じられる自然に囲まれたとても穏やかな街です。野洲市の聖火リレーの一直線のコースは左右に田植えの終わった近江米の稲があり、山々に囲まれた日本の良い文化、風情を感じられます。

周辺グルメ:
ラーメン 奏が野洲市エリアでイチオシのお店です。濃厚な魚介スープにリピーターが続出している人気ラーメン店です。2017年にオープンしたラーメン 奏はまだ老舗とは言えませんが、実力は老舗と同じ。地元の人から既に愛されているラーメン店です。

観光名所:
希望が丘文化公園が野洲市の観光スポットです。広々とした緑の多い公園として知られています。口コミの評判も高く、お子さま連れに最適です。一日を通して満喫できるスポットです。

④近江八幡市

日弁禮八幡宮前(14:02)→近江八幡市役所(14:29)

見どころ:
近江八幡市の聖火リレーのコースは近江八幡市の人気観光スポットの八幡堀を駆け抜けます。八幡堀は四季折々の色鮮やかな顔を見せてくれる有名スポット。聖火と八幡堀の融合は画になること間違いなしです。

周辺グルメ:
特選近江牛レストラン ティファニーがとても有名です。近江牛が色々な食べ方で食せる近江八幡市一の人気お肉屋さんです。口コミの評判もとても良いです。

観光名所:
聖火リレーのコースでもある八幡堀がここ近江八幡市での人気観光スポットです。四季折々の色鮮やかな八幡堀の表情は訪れる観光客をいつも魅了します。

⑤竜王町

竜王中学校(15:16)→苗村神社(15:34)

見どころ:
到着地点の苗村神社が見どころポイントです。苗村神社は古くからこの地の守り神として崇められていました。その苗村神社が聖火ランナーの到着を待っています。聖火は平和と希望の象徴です。ここ苗村神社にぴったりです。

周辺グルメ:
竜王塩元帥(りゅうおうしおげんすい)は竜王町で有名なラーメン屋さんです。特に梅塩ラーメンが有名で人気です。塩ラーメン推しのお店です。

観光名所:
竜王町の観光名所といえば苗村神社です。聖火リレー到着地点の苗村神社は国宝の西本殿と重要文化財の東本殿に分かれています。歴史の趣を感じられる竜王町のおすすめスポットです。

⑥湖南市

菩提寺新町交差点(16:29)→菩提寺鵜ヶ下交差点(16:44)

見どころ:
湖南市は水と緑のまちです。滋賀県らしい情緒豊かな風貌があり、湖南市の澄んだ空気は都会と比べて格別です。聖火リレー後半のコースには寺宝の古絵図が壁面に施されており、湖南市の趣をより感じられます。

周辺グルメ:
みくりやうどんは湖南市でイチオシのお店です。ボリューム満点のエビフライと海老天カレーうどんが名物のお店です。多くの口コミがネット上に入っていますが、どれも高評価の文句なしのうどん屋さんです。

観光名所:
善水寺が湖南市の有名スポットです。本堂横には地下深くから汲み上げたお水を飲むことができます。このお水は桓武天皇の病気を治癒したお水として知られています。そこから「善水寺」と名付けられたとのことです。

⑦栗東市

栗東市民体育館(17:28)→手原駅前(17:49)

見どころ:
自然と都市的機能が調和するまちとPRされている栗東市。椿山古墳を横に聖火が駆け抜けます。キレイに整備されている街ですので、気持ちよく聖火リレーの観覧ができます。

周辺グルメ:
地鶏料理 味千両 栗東本店が有名です。こちらのお店の売りはリーズナブルでボリューム満点です。ランチもディナーもやっています。江戸風親子丼が特に人気を博しています。

観光名所:
栗東市は馬のまちです。観光スポットとしては栗東トレーニングセンターという日本中央競馬協会のサラブレット育成所があります。競馬好きには聖地と化しているここ栗東トレーニングセンターは競馬好きには堪りません。
金勝山も有名です。巨岩の絶景が堪能できます。歴史的遺産も数多く、見応え十分です。

⑧草津市

草津駅東口周辺(18:03)→草津市役所(18:32)

見どころ:
草津市は琵琶湖をはじめとした豊かな自然に囲まれた街です。聖火リレーのコースは宿場まちの面影を色濃く感じる旧街道を通ります。草津市の聖火リレーも画になること間違いなしです。目が離せません。

周辺グルメ:
滋味 康月(じみ こうげつ)が草津市でとても有名です。ランチの予約が1年先と言われるほど、常に予約が埋まっている人気店です。滋味 康月の日本料理はランチとしてはお高いですが、その金額を支払う価値は十分にあります。ランチは大体2,000円~4,000円の間です。

観光名所:
琵琶湖博物館がとても有名です。琵琶湖に住む生物を知ることができます。お子さまと一緒に行っても飽きることはありません。家族向けのおすすめ観光スポットです。

⑨大津市

市民プラザ(18:50)→大津港業務用地(19:27)

28日の最終地点です。
大津港業務用地でセレブレーションが行われます。

見どころ:
日本一の湖、琵琶湖の湿った風に吹かれながら聖火は一日目の最終地点、大津市を駆け抜けます。一日目の最後を飾るにふさわしい、滋賀県の情緒がたっぷり詰まったここ大津市は湖岸の景色のみならず、なぎさ公園内の源氏の庭などがより聖火を映えさせます。

周辺グルメ:
比良山荘(ひらさんそう)が特に有名です。月の輪熊と猪の鍋が食べられるお店です。美味しい熊肉や猪の肉を食べる機会はそうそうありません。ここ比良山荘ではお腹いっぱいに良質な熊肉や猪の肉を食べられます。

観光名所:
大津市の人気観光スポットとしてなぎさ公園が有名です。沢山の人で賑わいをみせ、景色も文句のつけどころがありません。個性豊かな4店のカフェ・レストランが並ぶなぎさのテラスもあり、なぎさ公園だけで一日を満喫できます。

5月29日(金)のルートの詳細と見どころ・周辺グルメと観光名所は?

各市町村ごとに、聖火リレーのルートと見どころなどを紹介していこうと思います。
5月28日に大津港業務用地でリレーを終えた聖火は、5月29日に甲賀市にやってきます。

①甲賀市

水口スポーツの森陸上競技場(9:20)→甲賀市役所(9:58)

見どころ:
滋賀県の聖火リレーの二日目の始まりはここ甲賀市から始まります。出発地点の水口スポーツの森で出発式が開催されます。自然に囲まれたコース、人通りが多いコースを織り交ぜて滋賀県聖火リレーの二日目の出発をアピールします。

周辺グルメ:
黒田園は甲賀市で有名な人気お蕎麦屋さんです。古い民家を改装して和の雰囲気を出しています。こちらの黒田園も行列のできるお店として知られています。

観光名所:
甲賀流忍術屋敷が有名です。一昔前は口コミに悪評を書かれていることもありましたが、最近では良いコメントばかりです。日本にしかいない忍者。その貴重な体験をここ甲賀流忍術屋敷ですることができます。

②日野町

松尾中央交差点付近(10:56)→日野町村井地先(11:15)

見どころ:
日野市の自然は日本の情緒を表すと言っても過言ではありません。田んぼ、山、緑、花の4拍子が揃っています。日本の温かみを感じられる景色がここ日野市には詰まっています。

周辺グルメ:
レストラン岡崎が有名です。近江日野牛が味わえるレストランです。口コミも大満足の嵐です。定食は1,000円~あります。ハンバーグ定食は1,600円です。一人3,000円の予算で行くと近江日野牛贅沢ランチになります。

観光名所:
大見日野商人館が有名です。ここは日野商人の山中兵右衛門の邸宅でした。昭和11年に建築された歴史的建造物です。口コミの評判も良いです。

③東近江市

東近江市役所前(12:19)→八日市駅前(12:36)

見どころ:
出発地点の東近江市役所庁舎本館は公共建築100選に選ばれた東近江市の名所のひとつ。聖火リレーコースも新・日本街路樹100景に選ばれたグリーンロード。東近江市のほぼ一直線のコースはどこも見逃せません。

周辺グルメ:
焼肉 竹が有名です。近江牛を備長炭で贅沢に楽しめる焼き肉屋さんです。セット「極(6980円)」は近江牛最高峰の稀少部位8~13種類を少しずつ楽しめる人気のメニュー。口コミの評判も申し分なしです。

観光名所:
東近江市の有名観光スポットとして、太郎坊宮が知られています。ここ太郎坊宮は勝運の神として知られています。多くのプロスポーツ選手の参拝場所としても知られています。太郎坊宮は聖火リレーの到着地点の直ぐそばにあります。

④愛荘町

愛荘町中央スポーツ公園(14:25)→ゆうがくの郷(14:48)

見どころ:
この季節の愛荘町は琵琶湖から流れてくる穏やかな風が気持ちよく、まぶしい太陽光を受けて深緑のみどりが生い茂ってくるころです。日本の風情を強く感じられる愛荘町に聖火がやってきます。

周辺グルメ:
ラーメン藤 愛知川店は昔ながらの正当な醤油ラーメンで人気を博しているお店です。口コミの評判も良いものが多く、あっさりとしたラーメンは本当におすすめです。

観光名所:
金剛輪寺は愛荘町の人気観光スポットです。本堂へ登る石段は千体地蔵と林に囲まれており、厳かな雰囲気、静寂とした雰囲気を堪能できます。

⑤豊郷町

豊郷町役場(15:00)→先人を偲ぶ館(15:15)

見どころ:
ここ豊郷町の聖火リレーのコースは近江商人の遺徳を感じられるコースとなっています。時代が令和になりましたが、温故知新という四字熟語の通り、古くを温め、新しい知識を得ていくという趣を感じられる豊郷町に聖火がやってきます。

周辺グルメ:
天下一品 豊郷店は直営店ならではの美味しさ、コクのあるスープが自慢の人気ラーメン店です。豚トロチャーシュアーメンこってりスープ大でも880円とお手事価格なのも魅力のひとつです。

観光名所:
豊郷小学校旧校舎群は豊郷町の人気観光スポットです。あの人気アニメ「けいおん!」の舞台ともなりました。案内所にはファンから送られてきたグッツが盛りだくさん。永遠に忘れることができない京都アニメーションの作品の「けいおん!」の聖地です。

⑥甲良町

甲良町公民館前(15:36)→道の駅こうら(15:54)

見どころ:
甲良町の聖火リレーのコースは甲良町の優しい田園風景を背景にコースが設定されています。到着地点の道の駅こうらは多くの人で賑わいをみせる人気の道の駅です。ほぼ一直線のコースとなっているのでどの地点からも聖火を観覧できます。

周辺グルメ:
聖火リレーの到着地点である道の駅こうらの中に、道の駅 せせらぎの里 こうらという定食屋さんがあります。店構えもお洒落でお蕎麦や定食を提供しています。中でも人気なのが食後のデザートです。食事した後のソフトクリームやクレープを道の駅で食べるのも一興です。

観光名所:
西明寺は甲良町の人気観光スポットです。本堂は国宝に指定されています。日本庭園などもあり、厳かな、そして静寂な時間が流れています。

⑦多賀町

多賀大社前駅(16:30)→多賀町役場(16:44)

見どころ:
大賀町の見どころポイントは何といっても大賀大社です。年間170万人もの参拝者が訪れる大賀大社を横目に聖火が駆けるコースとなっています。

周辺グルメ:
多賀やは多賀町イチオシの人気スイーツ店です。米粉100%で作る多賀大社表参道の由緒ある糸切り餅の名店として知られています。口コミではコスパ抜群とも評されています。

観光名所:
大賀町の有名観光スポットはやはり大賀大社です。滋賀県内屈指の観光スポットです。
河内風穴も有名です。河内風穴から流れてくる風はとても冷たく、新鮮です。全長は10kmにまで至り、一説には三重県の篠立風穴にまで通じているとさえ言われています。しかし、観光客に開放されている範囲は入り口から200mに限定されています。

⑧彦根市

夢京橋キャッスルロード(本町1丁目交差点)(16:52)→いろは松駐車場(17:22)

見どころ:
彦根市は国宝5城のひとつである彦根城がとても有名です。その彦根城を眺めながらの聖火リレーコースとなっています。出発地点の夢京橋キャッスルロードは城下町をイメージして作られています。彦根市の歴史情緒あふれるコースは一時も目が離せません。

周辺グルメ:
たねや美濠の舎は国宝彦根城のすぐ側にある行列のできる人気菓子店です。季節ごとの和洋菓子や地元彦根にちなんだ店舗限定菓子などもあり、地元の方々や観光客を飽きさせることはありません。

観光名所:
彦根城が有名観光名所となっています。国宝5城に選ばれた重要文化財です。国宝になるほどのお城です。その言葉だけでも見応え十分を想像できますが、実際に行ってみるとそれはそれはとても立派なお城に圧倒されます。

⑨米原市

米原駅西口(ロータリー広場)(18:06)→中多良南交差点付近(18:25)

見どころ:
米原市には日本百名山のひとつ滋賀県内最高峰の伊吹山があります。伊吹山地の森林に蓄えられた水は醒井峡谷や姉川や天野川を流れ琵琶湖へ注ぐ、 水と緑に包まれた自然豊かな街です。そこに聖火がやってきます。風情溢れる米原市と聖火の融合が見どころです。

周辺グルメ:
たち季は地元の素材にこだわり、丁寧に作ったメニューが自慢のフル民家を改装したカフェです。滋賀県らしい厳かな雰囲気を残しつつ、地元の素材を使ったお洒落なスイーツは来る人すべてを魅了しています。かき氷が特に人気です。

観光名所:
醒井宿が米原市の人気観光スポットです。米原市の町歩きに最適な場所で、町の中を流れる湧水がとてもキレイです。中山道の宿場街で、当時の町並みが残っている情緒ある場所です。

⑩長浜市

長浜水道企業団前(19:17)→豊公園(19:41)

29日の最終地点です。
長浜市の豊公園でセレブレーションが行われます。

見どころ:
滋賀県の聖火リレーの最終地点、豊公園が見どころです。豊公園から見える長浜城は鮮やかにライトアップされ、滋賀県の聖火リレーの最後を盛り上げます。

周辺グルメ:
翼果楼(よかろう)は滋賀の長浜名物、焼鯖そうめんが有名な和食料理店です。古民家をそのままお店へと改装した趣のある店構え。ゆったりと食事できる空間も魅力のひとつです。

観光名所:
長浜市の人気観光スポットは竹生島(ちくぶしま)です。竹生島は、琵琶湖に浮かぶ周囲2キロメートルの小さな島で国宝や重要文化財も数多く残されています。島全体も神秘的なオーラに包まれており、パワースポットとしても有名です。船でのアクセスになります。

滋賀県を走る聖火ランナーは?

滋賀県を走る著名人のPR聖火ランナーをご紹介します。

伊藤みきさん(1987年生まれ)日野町出身

引用:https://www.sports-biz.co.jp/athlete/index.cgi?actmode=AthleteDetail&id=47

2006年トリノオリンピックのフリースタイルモーグルのスキー選手です。
2010年バンクーバーオリンピックで決勝12位、2014年ソチオリンピック(予選破棄)のオリンピアンです。

垣岩令佳さん(1989年生まれ)大津市出身

引用:https://www.saishunkan-badminton.jp/archives/member/314

バトミントン日本代表ナショナルチームに選出され、2012年ロンドンオリンピックにおいて藤井瑞希さんとダブルスで銀メダルを獲得したオリンピアンです。

SHIHO(しほ)さん(1976年生まれ)草津市出身 滋賀国際親善大使

引用:https://www.instagram.com/shiho_style/?hl=ja

有名ファッションモデルのshihoさんです。滋賀国際親善大使に選ばれています。

武豊さん(1969年生まれ)栗東町出身

引用:http://www.yutaka-take.com/profile/

日本騎手クラブ会長で、「うますぎる栗東大使」に選ばれています。

西川貴教さん(1970年生まれ)彦根市出身 滋賀ふるさと観光大使

引用:https://twitter.com/TMR15?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

ミュージシャンの西川貴教さんです。滋賀ふるさと観光大使に選ばれています。

聖火リレーを見に行くと何かあるの?

聖火リレーが通過する前には、応援グッズ・サンプリンググッズの配布やパフォーマンスが行われ、聖火リレーを盛り上げます。

聖火リレーは約200m交代で繋いでいきます。
トーチからトーチに火を移す行為を「トーチキス」と呼ぶそうで、そのトーチキスをする時にポーズを各々で決めて良いとの事で、交代地点で待ち構えると良いかもしれません。

また、聖火リレー1日の終了地点(5月28日大津市は大津港業務用地、5月29日長浜市は豊公園)では、セレブレーションが行われ、聖火を聖火皿に移す儀式も行われるとの事です。

聖火リレーのサイトでは、他にも色々な聖火リレーに関する紹介を行っています。
→ 聖火リレーのサイト(https://tokyo2020.org/jp/special/torch/olympic/about/flow/)

遠隔地に聖火が行くのに、時間的に大丈夫なの?

聖火リレーでは、移動時間が限られているので、次の聖火リレー開催地がいきなり遠い所に飛ぶ事があります。

実際にスケジュール通りに聖火リレーを行った場合、時間的に全てを回るのは無理があります。
この様な事態に対応するために、アテネを出た時点から、聖火には「親の火」と「こどもの火」と灯されています。

遠隔地には「こどもの火」で聖火リレーを行い、各所を回れる様に対処しています。
また、「親の火」と同時刻にはリレーを行わないとの決まりがあり、聖火リレーが1つの火で行われているかのような演出をしています。

滋賀県の聖火リレー 大盛り上がりの予感

滋賀県の聖火リレーは見どころが盛りだくさんです。国宝や重要文化財も多く、世界にPRします。

滋賀県のPR聖火ランナーも国民ならば誰でも知っている著名人ばかりです。PR聖火ランナーの聖火リレーの熱き思いも各々で発信しております。

歴史の趣や滋賀県ならではの自然、琵琶湖に囲まれた滋賀県の聖火リレーは一時も見逃せません。

次の開催地、福井県の記事はこちら

福井県の聖火リレーの日程とスケジュールは?ルートの詳細と見どころ、周辺グルメや聖火ランナーなどご紹介