東京オリンピックの聖火リレーのルートが発表されました。
日本各地を回る聖火リレーは、地方にいながらオリンピックに参加できる貴重な体験です。

聖火は、2020年の3月12日にギリシャで採火され、12日~19日までギリシャ国内で聖火リレーが行われ、3月19日にギリシャのアテネ市で聖火引き継ぎ式を済ませた後、日本にやってきます。
2020年3月20日に宮城県、航空自衛隊松島基地に到着した聖火は東北の被災地を巡った後、日本各地に聖火リレーで回ってきます。

新潟県の聖火リレーは富山県から新潟県の糸魚川市に運ばれてスタートします。
新潟県を代表する場所にオリンピックの象徴である聖火を聖火ランナーが繋げていきます。
オリンピック聖火は平和と希望の象徴。新潟県が更に賑わうこと間違いなしです。

新潟県の聖火リレーのルート、スケジュールや見どころ、周辺グルメや観光名所、注目の聖火ランナーをご紹介していきます。



新潟県の聖火リレーの日程とスケジュールは?

新潟県の聖火リレーの日程は6月5日(金)・6日(土)になります。

6月5日(金)のスケジュール

市区町村名 出発地点 出発予定時間 到着地点 到着予定時間
①糸魚川市 糸魚川市役所 9:05 糸魚川駅日本海口 9:41
②上越市 謙信公大通り西詰 (上越市立春日小学校) 11:15 リージョンプラザ上越 11:48
③柏崎市 柏崎市駅前公園 14:32 みなとまち海浜公園 15:07
④佐渡市 史跡佐渡金山 15:30 北沢浮遊選鉱場跡 16:02
⑤十日町市 越後妻有文化ホール段十ろう 16:49 十日町市博物館 17:42
⑥南魚沼市 南魚沼市役所大和庁舎 19:07 八色の森公園芝大広間 19:40

1日目 セレブレーション会場:南魚沼市 奥只見レクリェーション都市公園「八色の森公園」

6月6日(土)のスケジュール

市区町村名 出発地点 出発予定時刻 到着地点 到着予定時刻
①長岡市 アオーレ長岡 9:35 長岡市陸上競技場メインスタンド前 10:15
②三条市・燕市 燕三条駅三条口 11:33 燕三条地場産業振興センター 12:08
③弥彦村 彌彦神社一の鳥居 13:00 弥彦山ロープウェイ山頂広場 13:41
④新潟市 万代テラス 14:29 新潟市陸上競技場 メインスタンド前 15:08
⑤新発田市 新発田城址公園 16:32 新発田市役所 17:02
⑥阿賀町 住吉神社境内 17:30 阿賀町立阿賀津川中学校 17:52
⑦村上市 村上市スケートパーク 18:35 岩船港港湾緑地 19:10

2日目 セレブレーション会場:村上市 岩船港港湾緑地
※弥彦村では弥彦山においてロープウェイによる聖火リレーが実施されます。

6月5日(金)のルートの詳細と見どころ・周辺グルメと観光名所は?

各市町村ごとに、聖火リレーのルートと見どころなどを紹介していこうと思います。6月4日富山県で聖火リレーを終えた聖火は、6月5日に新潟県の糸魚川市にやってきます。

糸魚川市

糸魚川市役所(9時5分)→糸魚川駅日本海口(9時41分)

見どころ:
出発地点の糸魚川市は、2016年12月22日に糸魚川市大規模火災が発生し、今も尚、復興を進めている地域です。糸魚川市大規模火災が起きてから約3年半、日本各地からの支援、国からの支援もあり、大分復興が進みました。地域住民の積極的な復興活動により、糸魚川市大規模火災が発生する前よりも地域住民の方々に笑顔が戻ったように感じます。

新潟県の聖火リレーはこの糸魚川市から始まります。聖火リレーのコンセプトは平和と希望。聖火が元気になってきた糸魚川市を駆け巡るところが見どころです。この糸魚川市に更なる平和と希望が満ちることを心より願います。

周辺グルメ:
月特飯店は新潟B級グルメの糸魚川グラック焼きそばに定評がある日本海沿岸で横浜優花外の味が楽しめる本格中華料理店です。
すし活は地元で取れた新鮮なネタで握ったお寿司に定評がある人気お寿司屋さんです。糸魚川市の地酒もお寿司と一緒に楽しめます。

観光名所:
糸魚川ジオステーション ジオパルは糸魚川駅直結の博物館で、ジオラマだけではなく、大糸線で活躍したディーゼルカーなどもキレイに保存されています。一部有料の所もありますが、無料の所でも無料とは思えないクオリティーで大人気です。特に鉄道好きの人にとっては最高の場所です。
弁天岩も糸魚川市の大人気スポットです。海辺にあり、とても風情があり行く価値は十分にあります。インスタ映えスポットとしても知られています。

上越市

謙信公大通り西詰 (上越市立春日小学校)(11時15分)→リージョンプラザ上越(11時48分)

見どころ:
新潟県の風情たっぷりの謙信公大通り西詰から出発します。ほぼ、一直線のコースとなっており、聖火リレーはどのポイントでも楽しめます。特に関川の上を通る橋を聖火が駆けるところが見どころです。

周辺グルメ:
龍馬軒は担々麺の人気ラーメン屋さんです。新潟県のラーメンマニアがこぞって訪れるラーメン屋さんで看板メニューの担々麺はただ辛いだけではなく、口いっぱいに広がる旨みに定評があります。
麺屋あごすけも人気ラーメン屋さんです。こちらのラーメン屋さんは上越で行列が出来る佐渡の出汁使ったラーメン屋さんとして有名です。

観光名所:
春日山神社と春日山城跡は上杉謙信公が祀られている神社でとても有名なパワースポットです。歴史や荘厳さを感じられる場所で日本百名城にも数えられる国指定の重要文化財です。
うみてらす名立もとても有名な道の駅です。新鮮な日本海の海鮮料理や海水プール、宿泊施設も兼ね備えている複合施設です。

柏崎市

柏崎市駅前公園(14時32分)→みなとまち海浜公園(15時7分)

見どころ:
到着地点のみなとまち海浜公園は観光スポットとしても有名で沢山の施設もあり、いつも人で賑わっています。新潟県を代表するみなとまち海浜公園と聖火の融合はとっても見どころです。

周辺グルメ:
ガッツリ食堂 ドカメンは口コミの評判も良く、ラーメンもさることながら、大きな唐揚げにも定評があります。
おおはしは柏崎駅から徒歩2分の人気定食店です。地元の方から観光客まで多くのお客様で賑わいを見せています。特に新鮮の刺身定食はイチオシです。価格も満足する低価格です。コスパ抜群です。

観光名所:
柏崎 恋人岬は恋愛成就スポットとして有名な日本海に囲まれた岬です。
柏崎 松雲山荘庭園も新潟県の情緒たっぷりの名所です。
こども自然王国には日帰り温泉もあり、名前の通り、お子さま連れに大人気です。

佐渡市

史跡佐渡金山(15時30分)→北沢浮遊選鉱場跡(16時2分)

見どころ:
出発地点の佐渡金山からの聖火リレーのスタートがイチオシ見どころポイントです。日本最大の金銀山である佐渡金銀山遺跡であり、オリンピック公式ホームページでもおすすめしている場所です。

周辺グルメ:
廻転寿司 弁慶は佐渡で一番評判の高い人気回転寿司店です。こちらのお店は新潟に複数店ありますがここ佐渡のお店が本店です。
とんかつなかぼりも有名なとんかつ屋さんです。タレが決め手のジューシーなカツ丼は地元でも大人気です。

観光名所:
出発地点の佐渡金山遺跡は王道の観光スポットです。佐渡市の観光スポットの代表地点なので聖火リレーのスタート地点に選ばれる理由が分かります。
大野亀も有名観光スポットです。日本海に突出する大野亀の標高は167m、亀の形をした大きな岩です。ミシュラン観光で2つ星を獲得しています。

十日町市

越後妻有文化ホール段十ろう(16時49分)→十日町市博物館(17時42分)

見どころ:
国宝の火焔型土器が出土した十日町。こちらも新潟県の風情や情緒がたっぷりの地域で、新潟県らしい風景を愉しめます。コース自体もほぼ直線なので、聖火が十日町を駆けるところはどの地点からでも見やすいです。

周辺グルメ:
小嶋屋総本店は地元で有名な蕎麦屋さん。巨大な水車と民家風建物がその趣を出しており、新潟名物のへぎ蕎麦が食べられます。
イタリアン食堂 ぺぺロッソも有名です。十日町はお蕎麦屋さんが多いですが、十日町駅から徒歩4分のところにあるイタリアンレストランは目立ちます。自家製生パスタ、窯焼きピザが売りのイタリアンレストランです。

観光名所:
清津峡は新潟県のパワースポットのひとつで、日本三大渓谷のひとつでもあります。口コミの評判も高くおすすめの渓谷です。
越後里山現代美術館 キナーレは現代美術を愉しめる大人の空間です。優雅な一時を過ごすのにおすすめです。

南魚沼市

南魚沼市役所大和庁舎(19時7分)→八色の森公園芝大広間(19時40分)

5日最終地点です。
到着地点の八色の森公園でセレブレーションが行われます。

見どころ:
見どころはやはり到着地点の八色の森公園芝大広間です。新潟県一日目の聖火リレーはここで締めくくられます。19時40分頃に聖火は到着します。セレブレーションが楽しみです。

周辺グルメ:
中野屋 塩沢店はうどん、蕎麦のお店として人気です。特に人気のメニューは新潟名物のへぎ蕎麦のつるっと喉ごしのよいおいしい蕎麦です。
かま炊きめしやこめ太郎も有名です。新潟県のお米を最大限生かしたお店です。お店の見た目も味があり、人気のひとつです。

観光名所:
雲洞庵は歴史の重みを感じさせてくれるお寺です。マイナスイオンに包まれている感じがします。全体的に緑が多く、とても清々しいです。
到着地点の八色の森公園もとてもおすすめです。ゆっくりとした時間が流れ、越後の名峰八海山を望むことができます。緑豊かな八色原の一角に設けられています。

6月6日(土)のルートの詳細と見どころ・周辺グルメと観光名所は?

各市町村ごとに、聖火リレーのルートと見どころなどを紹介していこうと思います。6月5日に八色の森公園芝大広間でリレーを終えた聖火は、6月6日に長岡市にやってきます。

長岡市

アオーレ長岡(9時35分)→長岡市陸上競技場メインスタンド前(10時15分)

見どころ:
長岡市はとても活気のある新潟県の街です。今回のコースの見どころポイントは信濃川を聖火が渡るときです。新潟県を感じさせる風景と聖火の融合は見どころです。

周辺グルメ:
中国食彩 龍圓は地元密着の人気中華料理店です。メニューも豊富でガッツリと食べたい人にとてもおすすめです。口コミの評判も良いです。
割烹食堂 きよ志(かっぽうりょうり きよし)は定食の人気店です。B級グルメの洋風カツ丼がとても有名です。

観光名所:
国営越後丘陵公園は観光名所としてとても有名です。とても広いキレイな公園で、水遊びなども出来てお子さま連れでも十分に楽しめる場所です。
高龍神社も有名な観光スポットです。ここにたどり着くまでに結構長く歩くので少し大変ですが、それに見合うだけのパワースポットでもあります。金運アップに一頑張りするのもありです。

三条市・燕市

燕三条駅三条口(11時33分)→燕三条地場産業振興センター(12時8分)

見どころ:

周辺グルメ:
燕三条駅三条口から徒歩10分ほど歩くと手打そば いちぶんが見えてきます。値段もお手頃のとてもお洒落なお蕎麦屋さんです。特に江戸前の二八蕎麦が有名です。
割烹 木村屋(かっぽう きむらや)も有名です。夜は宴会、昼はランチを営んでおり、豊富なメニューから本格料理を選べます。漁師から直接仕入れる新鮮魚介を使用し提供しています。

観光名所:
道の駅 燕三条地場センターは三条市の観光スポットとして知られています。普通の道の駅とは違い、金属製品の直売所というイメージのある道の駅です。全国的にも珍しいので観光スポットとしておすすめです。
漢学の里 諸橋轍次記念館は大漢和辞典を編纂したとして知られる諸橋轍次博士の生まれ故郷に作られた記念館です。知的な感慨深い一時をここで過ごせます。

弥彦村

彌彦神社一の鳥居(13:00)→弥彦山ロープウェイ山頂広場(13時41分)

※弥彦村では弥彦山においてロープウェイによる聖火リレーが実施されます。

見どころ:
新潟県の聖火リレーの特に注目のポイントはここ弥彦村のロープウェイによる聖火リレーです。

周辺グルメ:
割烹お食事 吉田屋はイチオシの和食料理店です。近隣漁港で水揚げされた新鮮な地魚や珍しい地酒が楽しめます。週替わりランチがおすすめです。
釜めし 弥彦もいつもお客様で賑わうイチオシ釜飯店です。口コミの評判も良く、インスタ映えも狙います。

観光名所:
弥彦山がとても有名です。越後平野と日本海、佐渡を一望できるパワースポットとして知られています。
弥彦神社も王道です。弥彦神社の初詣には毎年20万人以上の参拝者が訪れます。創建から2400年以上の歴史を有する日本最古の万葉集にも詠われている神社です。

新潟市

万代テラス(14時29分)→新潟市陸上競技場 メインスタンド前(15時8分)

見どころ:
新潟県の中枢機能を果たす新潟市。「朱鷺メッセ」や「万代橋」、「レインボータワー」など新潟市を特徴づける構造物も多く、聖火との融合は見どころです。映える聖火リレーとなることでしょう。

周辺グルメ:
ICHIEは一軒家を改装して作ったとてもお洒落なお食事処です。和食と洋食の両方を兼ね備え、口コミでもお洒落でお手頃なお店と評判です。
ネルソンの庭というイタリアンレストランは旧新潟県副知事公舎をリノベーションして出来たとてもお洒落なお店です。多人数にも対応しており、お子さまも連れて行きやすい大人気イタリアンレストランです。

観光名所:
Befco ばかうけ展望室(朱鷲メッセ)は新潟市の王道の観光スポットです。ホテル日航新潟の31階にあり、地上から約125mの場所に位置します。日本海側随一の高さを誇る展望室から新潟の街を望めます。
カーブドッチワイナリーも新潟市で有名な観光スポットです。目の前には広大なぶどう畑が広がり、そのぶどうで自己醸造した上質なワインを提供しています。

新発田市

新発田城址公園(16時32分)→新発田市役所(17時2分)

見どころ:
豊かな自然、歴史ある街並の新発田市。とてもキレイな街でそこに聖火がやってきます。新発田市のメイン道路でのコースとなっているのでどの地点からでも見に行きやすいです。新発田市の街並を駆ける聖火が見どころポイントです。

周辺グルメ:
製麺屋食堂は手打ち麺が売りのラーメン屋さんです。ラーメンだけではなく、定食もあり、新発田市で人気店です。
三方茶楼 新発田店も有名です。三方チェーン店の上級ランクのお店でメニューも接客も品があると定評な中華料理店です。

観光名所:
清水園がおすすめです。小さな金閣寺と評されるほど口コミの評判が良く、風情たっぷりの回遊式庭園です。
新発田城もおすすめです。時代劇に出てくるような佇まいを呈しています。入場料が無料とのことで観光客でとても賑わいます。

阿賀町

住吉神社境内(17時30分)→阿賀町立阿賀津川中学校(17時52分)

見どころ:
住吉神社は歴史ある新潟県の重要な神社です。始まりは西暦580年からになると伝えられています。始まりは別の場所にこの住吉神社がありましたが、巡り巡ってこの阿賀町に収まりました。その歴史の重みを抱いて聖火がスタートします。

周辺グルメ:
塩屋橘は地元で有名な古民家風のお蕎麦屋さんです。中でもかき揚げ蕎麦はボリュームたっぷりの人気メニューです。口コミの評判も良いです。
一心亭は地鶏スープで作ったラーメンが人気の阿賀町でイチオシのラーメン屋さんです。さっぱりした味が特徴で人気があります。

観光名所:
将軍杉は阿賀町で有名な観光スポットです。日本一と言われるくらいのとても大きな杉です。パワースポットとして知られてきています。
更に阿賀町と言えば、狐の嫁入り屋敷です。無料で入れます。入り口湧きに狐の嫁入り像が展示されており、阿賀町の情緒を感じれます。あの有名な狐の嫁入り行列はここ狐の嫁入り屋敷が出発地点です。

村上市

村上市スケートパーク(18時35分)→岩船港港湾緑地(19時10分)

6日の最終地点です。
岩船港港湾緑地でセレブレーションが行われます。

見どころ:
新潟県の聖火リレー、二日目の最終地点です。この村上市は見逃すことが出来ません。村上市は日本海に沈む夕日がとてもキレイに見えることで有名な街です。出発が18時35分なので、出発時間に被るかは微妙ですが、その前の待機時間で素晴らしい夕日が望めるでしょう。

最終地点の岩船港港湾緑地へは19時10分に到着予定です。セレブレーションをしっかりと目に焼き付けることをおすすめします。

周辺グルメ:
荒川ラーメン魂 あしらは行列必至の超人気ラーメン屋さんです。人が集まるのには訳があります。期待を裏切らない味に巡り会えます。
石挽き蕎麦と和食処 悠流里は村上市でとても人気のお蕎麦屋さんです。とても豪華なランチメニューに見えますが、実はお手頃価格も人気の理由。お値段以上の価値が十分にあります。

観光名所:
イヨボヤ会館は実際の川から分流した川の底を見ることが出来、運が良ければ沢山の自然の魚に出会える村上市イチオシの観光名所です。口コミの評判も良く、一見の価値ありです。
村上城跡、別名舞鶴城もとてもおすすめです。趣のある景観の中をマイナスイオンが満ちた散策道を歩き、村上城跡まで行きます。続日本100名城に選ばれた城跡です。

新潟県を走る聖火ランナーは?

新潟県を走る著名人の聖火ランナーを紹介します。

おばたのお兄さん(お笑い芸人)

引用:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=4972

横澤夏子(お笑い芸人)

引用:https://lineblog.me/yokosawa/

小林幸子(歌手)

引用:http://www.sachiko.co.jp/

中村真衣(元水泳選手)

引用:https://ameblo.jp/nakamura-mai/

新潟県全体の聖火リレーで特に見どころ部分をご紹介

新潟県のコースは新潟県の歴史を表に出したコースが多く、新潟県だけではなく日本全体で大事にしていかなければならない重要文化財が目立ちます。

著名人の選抜も他県より早く決まっており、新潟県のオリンピック実行委員会の力の入れ方が伝わってきます。

特に見どころ部分は
・日本最大の金銀山がある佐渡金銀山遺跡
・国宝の火焔型土器が出土した十日町
・越後平野、日本海や佐渡を一望できる弥彦山のロープウェイの聖火リレー
・北前船の寄港地として栄えたみなとまち新潟と大河信濃川
・日本海の夕日が美しい村上市
です。

聖火リレーを見に行くと何かあるの?

聖火リレーが通過する前には、応援グッズ・サンプリンググッズの配布やパフォーマンスが行われ、聖火リレーを盛り上げます。

聖火リレーは約200m交代で繋いでいきます。
トーチからトーチに火を移す行為を「トーチキス」と呼ぶそうで、そのトーチキスをする時にポーズを各々で決めて良いとの事で、交代地点で待ち構えると良いかもしれません。

また、聖火リレー1日の終了地点(6月5日は南魚沼市 奥只見レクリェーション都市公園「八色の森公園」6月6日は村上市 岩船港港湾緑地)では、セレブレーションが行われ、聖火を聖火皿に移す儀式も行われるとの事です。

聖火リレーのサイトでは、他にも色々な聖火リレーに関する紹介を行っています。
聖火リレーのサイト(https://tokyo2020.org/jp/special/torch/olympic/about/flow/)

遠隔地に聖火が行くのに、時間的に大丈夫なの?

聖火リレーでは、移動時間が限られているので、次の聖火リレー開催地がいきなり遠い所に飛ぶ事があります。

実際にスケジュール通りに聖火リレーを行った場合、時間的に全てを回るのは無理があります。
この様な事態に対応するために、アテネを出た時点から、聖火には「親の火」と「こどもの火」と灯されています。

遠隔地には「こどもの火」で聖火リレーを行い、各所を回れる様に対処しています。
また、「親の火」と同時刻にはリレーを行わないとの決まりがあり、聖火リレーが1つの火で行われているかのような演出をしています。



新潟県の聖火リレー大盛り上がりの予感

著名人の聖火ランナーが他県よりも多く、ファンが新潟県に押し寄せます。それに伴い、聖火リレーも相乗効果で大いに盛り上がることが予想できます。

新潟県はお米の県としても知られ、食に関してもとても美味しいと評判が多い県です。

聖火リレーの6月5日、6日に伴い、大混雑になるでしょう。

次の開催地、山形県の聖火リレー記事はこちら

山形県の聖火リレーの日程とスケジュールは?ルートの詳細と見どころ、周辺グルメや聖火ランナーなどご紹介