こんにちは。

柔道経験者のはっしーと申します。
実は柔道二段を持っています。

とは言うものの、最近道場に顔を出していないので、かなり鈍っていると思います^^;

最近気になるのは、やはり東京オリンピックの柔道競技です。

東京オリンピックが目前に迫る中、柔道競技各階級の代表争いが激しくなってきています。
先日行われた世界選手権とグランドスラム・大阪大会の両大会で優勝した選手には、強化委員会の3分の2の賛成を貰えると東京オリンピック代表内定が決まるとあって注目されましたが、世界選手権優勝の丸山城志郎、阿部詩両選手は優勝できずに内定を逃し、大野将平選手も怪我で欠場し代表決定に至っていません。

唯一、女子78㎏超級で出場した素根輝選手のみ両大会で優勝し、代表内定に決まっています。

東京オリンピック柔道競技代表になるためには、次の段階では

  • ワールドマスターズ青島(2019年12月12日~12月14日開催)
  • グランドスラム・パリ(2020年2月開催)
  • グランドスラム・デュッセルドルフ(2020年2月開催)

の試合成績を考慮し代表が決まりますが、3大会でなお代表を決めきらなかった場合には4月の選抜体重別選手権で代表が決まることになります。



目次

ワールドマスターズ柔道2019の試合日程は?

ここで、東京オリンピック代表選考にも重要な大会になってくる、2019年ワールドマスターズ大会の概要を紹介したいと思います。

日時    2019年12月12日~14日
開催場所  中国・青島(青島体育中心国信体育館)

試合日程 12月12日   男子60㎏級・66㎏級
女子48㎏級・52㎏級・57㎏級

12月13日   男子73㎏級・81㎏級
女子63㎏級・70㎏級

12月14日   男子90㎏級・100㎏級・100㎏超級
女子78㎏級・78㎏超級

ワールドマスターズ柔道2019出場選手は?

男子

階級 選手 所属
60kg級 永山 竜樹 了徳寺大学職員
73kg級 海老沼 匡 パーク24
橋本 壮市 パーク24
81kg級 藤原 崇太郎 日本体育大学3年
90kg級 長澤 憲大 パーク24
ベイカー 茉秋 日本中央競馬会
村尾 三四郎 東海大学1年
100kg級 ウルフ アロン 了徳寺大学職員
100kg超級 影浦 心 日本中央競馬会
原沢 久喜 百五銀行

女子

階級 選手 所属
52kg級 志々目 愛 了徳寺大学職員
57kg級 玉置 桃 三井住友海上
芳田 司 コマツ
63kg級 田代 未来 コマツ
土井 雅子 JR東日本
鍋倉 那美 三井住友海上
70kg級 新井 千鶴 三井住友海上
大野 陽子 コマツ
新添 左季 自衛隊体育学校
78kg級 梅木 真美 綜合警備保障:ALSOK

大会の見どころは?

2019年ワールドマスターズ大会の見どころを階級ごとに紹介したいと思います。

男子60㎏級

男子60㎏級は、今大会出場の永山竜樹選手、高藤直寿選手の一騎打ちといっても間違いのない階級です。
直近の直接対決は、世界選手権では永山選手、グランドスラム・大阪では高藤選手が優勝しており、今大会高藤選手が出場していない文、永山選手がどれだけアピールできるかが重要なポイントになりそうです。

柔道60キロ級永山竜樹の経歴は?ヤバイ筋肉で東京オリンピックの切符を奪い取れるか?

男子66㎏級

日本では、阿部一二三選手、丸山城志郎選手が活躍する階級ですが、日本人選手の参加はありません。

男子73㎏級

世界選手権では、大野将平選手が優勝し、グランドスラム・大阪でも優勝すると東京オリンピック内定確実と言われていましたが、グランドスラム・大阪には、大野選手は怪我のため欠場。

本命の欠場により、2番手と言われていた橋本壮市選手と、リオデジャネイロオリンピック66㎏級銅メダリストの海老沼匡選手が勝ち上がり、決勝で対決。
海老沼選手は73㎏級では実績があまり無かったものの、見事に橋本選手を破り優勝。
今大会も海老沼、橋本両選手出場しているので、どの様な結果になるか見ものです。

両選手ともに、大野選手に勝ちオリンピックを目指しているので、ここでのアピールが重要になってくるでしょう。

橋本壮市はまだ東京オリンピック柔道代表を狙えるか?プロフィールや戦績、彼女は?

男子81㎏級

世界選手権では、2回戦敗退、グランドスラム・大阪では長瀬選手に破れた藤原崇太郎選手。今回ライバルの長瀬選手は出場していませんが、どれだけ好成績を残してアピールできるかが、藤原選手にとってこれからのポイントになりそうです。

藤原崇太郎は東京オリンピック柔道代表に内定か?プロフィールや戦績、家族を紹介

男子90㎏級

この階級では、世界選手権、グランドスラム大阪で好成績を残した向翔一郎選手オリンピック代表争いに一歩リードしている感が強いです。

ただ、向選手も両大会で優勝したわけではないので、代表内定まではもらっていません。
グランドスラム大阪で5位だった長澤選手、世界選手権では団体戦に出場し、グランドスラム大阪で7位だった村尾選手、リオデジャネイロオリンピック金メダリストを獲得しているベイカー 茉秋選手が、どれだけアピールできるかがポイントになりそうです。
12月10日、ベイカー茉秋選手は右肘関節脱臼の為欠場することになりました。

村尾三四郎は東京オリンピックに出場できるか?両親や兄弟、経歴をチェック

男子100㎏級

世界選手権、グランドスラム大阪両大会で3位だったウルフ アロン選手。
ウルフ選手がオリンピック代表争いで一歩リードしているかに見えますが、グランドスラム大阪での羽賀龍之介選手の優勝は大きかったのではないでしょうか?
ここでウルフ選手も良いところを見せておかないと代表になれないかもしれません。

ウルフ アロンは東京オリンピック柔道100㎏級代表で決まりか?父母や妻などプロフィールも紹介!

男子100㎏超級

この階級、原沢選手がオリンピック代表候補トップのイメージですが、影浦選手が2番手争いで代表の座を狙っている感じの100㎏超級。
世界選手権2位の原沢選手、世界選手権では団体戦出場の影浦選手。
グランドスラム大阪では、原沢選手は怪我のため欠場、影浦選手は3位ながらも東海大学4年の太田選手が2位となり、影浦選手にとっては不本意な結果だったのではないでしょうか?
ここで影浦選手がどれだけアピールできるかがこの階級の見どころではないでしょうか?
もちろん、原沢選手がオリンピックに向けて好成績を残せるかも見どころです。

原沢久喜で東京オリンピック柔道代表は決まりか?経歴や退社・移籍の経緯を紹介

影浦心は東京オリンピック柔道代表になれるか?プロフィールや戦績・家族を紹介

女子48㎏級

この階級は、渡名喜風南選手が世界選手権、グランドスラム大阪でも好成績を上げ、オリンピック代表に一番近い存在であることは間違いないと思います。
ただ、52㎏級から階級を下げてきた角田選手が不気味な存在であることは間違いないと思います。

ただ、今大会女子48㎏級は日本人のエントリーがなく、オリンピック代表争いは他の大会で決まりそうです。

女子52㎏級

世界選手権では阿部詩選手が優勝し、グランドスラム大阪でも優勝すればオリンピック代表内定と言われていましたが、結果2位で終わってしまい、代表確定にはなりませんでした。

志々目愛選手は、阿部詩選手とは長年のライバルであり、阿部選手が出場しない今大会でアピールしておかないとオリンピック代表はかなり厳しいものになりそうです。

女子柔道52㎏級志々目愛選手は東京オリンピック代表に選ばれるか?戦績やプロフィールを紹介

女子57㎏級

世界選手権で2位だった芳田司選手。グランドスラム大阪ではライバルの玉置桃選手に破れ、さらに3位にもなれずに調子を落としています。
ここで玉木選手が勝ち上がって行くのか?または芳田選手が復活するか見ものです。

また、カナダの出口クリスタ選手も出場するので、こちらの対決も見ものです。

関連記事

芳田司は東京オリンピク柔道代表に決定か?プロフィールや戦績・家族を紹介

女子63㎏級

世界選手権で2位だった田代未来選手が東京オリンピック代表に近いと思われてきましたが、グランドスラム大阪では土井雅子選手が優勝し、田代選手は3位で終わります。
グランドスラム大阪で同じく3位だった鍋倉選手も出場しており、誰が勝ち残るか注目のクラスです。

関連記事

田代未来は東京オリンピック代表に内定か?プロフィールや家族や彼氏を調べてみた

女子70㎏級

世界選手権では新井千鶴選手が3回戦敗退してしまい、グランドスラム大阪でも3位で終わっています。
今回、グランドスラム大阪で優勝の大野陽子選手も出場しており、誰が上位に上がるかによって今後の女子70㎏級代表争いが変わってくると思います。

女子78㎏級

世界選手権、グランドスラム大阪共に2位だった濵田尚里選手が今回は怪我のため欠場となり、グランドスラム大阪で優勝した梅木選手がどこまで勝ち進むか見ものです。
梅木選手の活躍によっては、オリンピック代表争いもわからなくなってきます。

女子78㎏超級

素根輝選手が世界選手権、グランドスラム大阪共に優勝し、オリンピック代表に内定した階級です。

この階級に今回日本人の出場はありません。

柔道ワールドマスターズ2019の試合速報は?

男子60㎏級

永山竜樹 優勝

1位 永山竜樹 日本
2位 ガリゴスフランシスコ スペイン
3位 ロベルト・ムシビドバゼ ロシア
3位 シャラフディン・ルトフィラエフ ウズベキスタン
5位 エルドス・スメトフ  カザフスタン
5位 ガスマン・キルギスバエフ  カザフスタン
7位 ユドカ・ウノボルド・ルクバジャムツ  モンゴル
7位 アシュリー・マッケンジー  イギリス

柔道60キロ級永山竜樹の経歴は?ヤバイ筋肉で東京オリンピックの切符を奪い取れるか?

男子66㎏級

日本人選手出場無し

1位 ロンバルド・マヌエル  イタリア
2位 ガンボルド・ヘルレン  モンゴル
3位 バジャ・マルグベラシビリ  ジョージア
3位 バス​​フー・ヨンドンペレンレイ  モンゴル
5位 バルフ・シュマイロフ  イスラエル
5位 アドリアン・ゴムボッチ  スロベニア
7位 ゲオルグリー・ザンタラヤ  ジョージア
7位 金琳煥  韓国

男子73㎏級

橋本壮市  優勝
海老沼匡  3位

1位 橋本壮市  日本
2位 トハル・ブタブル  イスラエル
3位 ルスタム・オルジョフ  アゼルバイジャン
3位 海老沼匡  日本
5位 アキル・ジャコヴァ  コソボ
5位 ビクトル・スクボルトフ  アラブ首長国連邦
7位 アーサー・マーゲリドン  カナダ
7位 サイインジリガラ  中国

橋本壮市はまだ東京オリンピック柔道代表を狙えるか?プロフィールや戦績、彼女は?

男子81㎏級

藤原崇太郎  2回戦敗退

1位 マティアス・カス  ベルギー
2位 サギ・ムキ  イスラエル
3位 アラン・フベツォフ  ロシア
3位 ヴェダト・アルバイラク  トルコ
5位 ドミニク・レッセル  ドイツ
5位 クリスチャン・パルラティ  イタリア
7位 ハサン・ハルムルザエフ  ロシア
7位 カモリディン・ラスロフ  ウズベキスタン

藤原崇太郎は東京オリンピック柔道代表に内定か?プロフィールや戦績、家族を紹介

男子90㎏級

長澤 憲大  5位
村尾三四郎 7位

1位 ラシャ・ベカウリ  ジョージア
2位 ニコロス・シェラザディシビリ  スペイン
3位 ミハエル・ジュガンク  スロベニア
3位 ネマニャ・マイドフ  セルビア
5位 長澤憲大  日本
5位 コムロンショフ・ウストピリヨン  タジキスタン
7位 クエジュー・ナーバリ  ウクライナ
7位 村尾三四郎  日本

村尾三四郎は東京オリンピックに出場できるか?両親や兄弟、経歴をチェック

男子100㎏級

ウルフ・アロン 2位

1位 ミハエル・コレル  オランダ
2位 ウルフ・アロン  日本
3位 ニヤス・イリアソフ  ロシア
3位 ヴァーラム・リパルテリアーニ  ジョージア
5位 ピーター・パルチク  イスラエル
5位 アルマン・アダミアン  ロシア
7位 オトゴンバートル・ルクヴァスレン  モンゴル
7位 シェイディーエルナハス  カナダ

ウルフ アロンは東京オリンピック柔道100㎏級代表で決まりか?父母や妻などプロフィールも紹介!

男子100㎏超級

原沢久喜  優勝
影浦心   3位

1位 原沢久喜  日本
2位 ルカシュ・クルパレク  チェコ
3位 影浦心  日本
3位 ヘンク・フロル  オランダ
5位 イナル・タソエフ  ロシア
5位 ダビド・モウラ  ブラジル
7位 ロイ・メイヤー  オランダ
7位 オル・サッソン  イスラエル

原沢久喜で東京オリンピック柔道代表は決まりか?経歴や退社・移籍の経緯を紹介

影浦心は東京オリンピック柔道代表になれるか?プロフィールや戦績・家族を紹介

女子48㎏級

日本人選手出場無し

1位 ディストリア・クラスニキ  コソボ
2位 ジュドカナランテツェセグガンバートル  モンゴル
3位 メラニー・クレマン  フランス
3位 イリーナ・ドルゴワ  ロシア
5位 ムンフバット・ウランツェツェグ  モンゴル
5位 マルサ・スタンガー  スロベニア
7位 フリア・フィゲロア  スペイン
7位 オトゴンツェツェグ・ガルバドラフ  カザフスタン

女子52㎏級

優勝 志々目愛

 

1位 志々目愛 日本
2位 アマンディーヌ・ブシャール=ノルドメイエ  フランス
3位 ディヨラ・ケルディヨロワ  ウズベキスタン
3位 アストリッド・グネト  フランス
5位 ナタリア・クジュティナ  ロシア
5位 オデッテ・ジュフリーダ  イタリア
7位 エヴェリン・チョップ  スイス
7位 アナ・ペレス・ボックス  スペイン

女子柔道52㎏級志々目愛選手は東京オリンピック代表に選ばれるか?戦績やプロフィールを紹介

女子57㎏級

玉置桃 2位
芳田司 5位

出口クリスタ  2回戦敗退

1位 キム・ジナ  北朝鮮
2位 玉置桃  日本
3位 ジュドカジェシカクリムカイト  カナダ
3位 テルマ・アレサンドラ・ピント・モンテイロ  ポルトガル
5位 芳田司  日本
5位 連珍羚  台湾
7位 サイケサラ・レオニー  フランス
7位 キム・ジス  韓国

芳田司は東京オリンピク柔道代表に決定か?プロフィールや戦績・家族を紹介

女子63㎏級

鍋倉那美  優勝
田代未来  3位
土井雅子  3位

1位 鍋倉那美  日本
2位 クラリス・アグベニュー  フランス
3位 田代未来  日本
3位 土井雅子  日本
5位 ジン・タン  中国
5位 ティナ・トルステニャク  スロベニア
7位 マリア・セントラッチオ  イタリア
7位 ルブジャナ・ピオベサナ  イギリス

田代未来は東京オリンピック代表に内定か?プロフィールや家族や彼氏を調べてみた

女子70㎏級

新井千鶴  3位
新添左季  2回戦敗退
大野陽子  1回戦敗退

1位 キム・ポリング  オランダ
2位 サンネ・ファンデイケ  オランダ
3位 マリー=イヴ・ガイェ  フランス
3位 新井千鶴  日本
5位 マルゴー・ピノ  フランス
5位 ミカエラ・ポレレス  オーストリア
7位 マリア・ベルナベウ  スペイン
7位 ミーガン・フレッチャー アイルランド

女子78㎏級

梅木 真美  2回戦敗退

1位 ファニー=エステル・ポスビト  フランス
2位 オドレー・チュメオ  フランス
3位 チェン・フェイ   中国
3位 アンナ・マリア・ワーグナー  ドイツ
5位 ヒョンジ・ユン  韓国
5位 イ・ジョンユン  韓国
7位 フーシェ・ステーンハイス  オランダ
7位 ナタリー・パウエル  イギリス

女子78㎏超級

日本人出場選手なし

1位 テシー・ザフエルコウルス  オランダ
2位 イリーナ・キンゼルスカ  アゼルバイジャン
3位 マリナ・スルツカヤ  ベラルーシ
3位 キム・ヒョンジュン  韓国
5位 シヤン・シュ  中国
5位 マリア・アルテマン  ブラジル
7位 エリザベータ・カラニナ  ウクライナ

柔道ワールドマスターズ2019を見るには

現在2019年ワールドマスターズはTV放映の予定はありません。
「J SPORTS」で視聴可能です。
「J SPORTS」はスカイパーフェクトTVでどうぞ
今なら初めての加入月は0円で視聴可能です。

柔道ワールドマスターズ2019の試合日程と出場選手は?まとめ

東京オリンピック代表選考にも影響が大きいこの大会、見逃さないわけにはいかないでしょう。
試合結果は随時追記していきます。