東京オリンピックの聖火リレーのルートが発表されました。
日本各地を回る聖火リレーは、地方にいながらオリンピックに参加できる貴重な体験です。

聖火は、2020年の3月12日にギリシャで採火され、12日~19日までギリシャ国内で聖火リレーが行われ、3月19日にギリシャのアテネ市で聖火引き継ぎ式を済ませた後、日本にやってきます。
2020年3月20日に宮城県、航空自衛隊松島基地に到着した聖火は東北の被災地を巡った後、日本各地に聖火リレーで回ってきます。

鳥取県の聖火リレーは岡山県から鳥取県の境港市に運ばれてスタートします。

前開催地、岡山県の聖火リレーの記事はこちら

 

鳥取県は、全国で27番目に聖火リレーが行われます。

ルートや見どころについて、見ていきましょう。





鳥取県の聖火リレーの日程とスケジュールは?

鳥取県の聖火リレーは5月21日(金)・22日(土)に開催されます

5月21日のスケジュール

市町村 出発予定地 出発時間 到着予定地 到着時間
境港市 水木しげる記念館 9:00 境港市役所前 9:21
米子市 皆生プレイパーク 9:40 こども園多目的グラウンド 10:14
日吉津村 日吉津小学校 10:24 村道今吉中線交差点北 10:53
南部町 赤猪岩神社前駐車場 13:16 国道180号線南部バイパス待避所 13:39
日南町 日南町役場 13:50 道の駅にちなん日野川の郷 14:05
日野町 根雨小学校グラウンド 14:44 鳥取県日野振興センター 14:58
伯耆町 伯耆町役場 16:00 大殿交差点 16:14
江府町 江尾駅 16:30 江府町役場 16:42
大山町 道の駅大山恵みの里入口 17:20 大山町役場 17:38
倉吉市 山根 19:00 セレブレーション会場 19:35

5月22日のスケジュール

市町村 出発予定地 出発時間 到着予定地 到着時間
琴浦町 道の駅ポート赤碕東側 9:00 八橋1区バス停 9:26
北栄町 由良駅 10:13 ふるさと館駐車場 10:29
三朝町 かじか橋 10:45 キュリー広場前 11:00
湯梨浜町 東郷湖羽合臨海公園長和田地区駐車場 11:22 燕鞘園前 11:43
鳥取市 鳥取砂丘(1) 13:30 鳥取砂丘ゴール 13:49
岩美町 岩美町役場 14:36 浦富海岸駐車場 15:02
八頭町 郡家駅 16:26 八頭高校 16:40
智頭町 とうだん広場 17:10 智頭中学校グラウンド 17:34
若桜町 地域福祉センター ドリーミー 17:46 若桜町役場 18:01
鳥取市 鳥取県庁 19:23 鳥取駅前花時計周辺 19:41
鳥取市 布勢総合運動公園(1) 19:46 セレブレーション会場 19:58


5月22日(土)のルートの詳細と見どころ・周辺グルメと観光名所は?

①境港市

ルートの詳細

鳥取市の聖火リレーは、境港市から始まります。

境港市のルートは、水木しげる記念館から市役所前まで。

水木しげる記念館のある「水木しげるロード」は、水木しげるさんの描いたキャラクターはもちろん、関連グッズもたくさん売っている名所の1つです。

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

②米子市

ルートの詳細

米子市は、皆生プレイパークから、こども園多目的グラウンドまで。

名所は、名水百選にも選ばれた天の真名井。

大山の湧き水の名所としても知られ、癒しとリラックスのできる場所となっています。

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

③日吉津村

ルートの詳細

日吉津村は、日吉津小から村道今吉中線交差点北までを走ります。

日吉津村と言えば「ひとのえがおづくりができる村」がキャッチコピーです♪

米子市に三方を囲まれ、2004年に県内唯一の村となりました。

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

④南部町

ルートの詳細

南部町は、赤猪岩神社前駐車場から、国道180号線南部バイパス横町道までを走ります。

南部町にある県立フラワーパーク鳥取花回廊は、1年を通して季節の花が出迎えてくれます。

中でも、入口付近の花時計は、圧巻ですよ。

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

⑤日南町

ルートの詳細

日南町は、日南町役場から道の駅にちなん日野川の郷までのルートです。

日南町の観光スポットと言えば、花見山。

山頂からは大山を遠望できます。

冬は西日本屈指のロングコースを備えるスキー場に、春から秋には水仙・桜・石楠花が咲き誇るお花畑にと、四季を通じて楽しむことができますよ(^^)

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

⑥日野町

ルートの詳細

日野町は、根雨小グラウンドから鳥取県日野振興センターまでを走ります。

日野町には「金持神社」という、全国に1ヵ所だけの縁起の良い名前の神社があります。

一度は行ってみたいですね♪

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

⑦伯耆町

ルートの詳細

伯耆町は、伯耆町役場から大殿交差点までのルートです。

伯耆町には、「大山まきばみるくの里」というレストランやバーベキューキャビン、体験工房などがある複合施設があります。

芝生広場で食べる名物ソフトクリームの味は格別だそうですよ♪

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

⑧江府町

ルートの詳細

江府町は、江尾駅から江府町役場までを走ります。

2015年4月にオープンした「道の駅 奥大山」。

合言葉は”奥大山と山陰のいいもん集めたけん、寄ってごなしい!”。

天然水・ブルーベリー・地酒といった特産品や大山どりや出雲そばを使った名産品なども揃っているようです♪

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

⑨大山町

ルートの詳細

大山町は、道の駅大山恵みの里入口から大山町役場まで。

大山町の郷土料理の「大山おこわ」は、もちもちであっさりした味が絶品!と評判なんですよ。

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

⑩倉吉市

ルートの詳細

1日目のラストとなるのは、倉吉市。

倉吉市では、山根からセレブレーション会場までを走ります。

倉吉市にある満正寺は、九曜占星盤があるため自分で生年月日を用いて占いをすることができます。

運勢や相性などを占ってみるのも、おもしろいですね。

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。



5月23日(日)のルートの詳細と見どころ・周辺グルメと観光名所は?

①琴浦町

ルートの詳細

2日目のスタートは、琴浦町。

琴浦町は道の駅ポート赤碕から八橋1区バス停までを走ります。

このあたりで有名なのは、琴浦あごカツカレー。

「あご」とはトビウオのことで、トビウオのすり身で作ったカツが乗ったカレーです。

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

②北栄町

ルートの詳細

北栄町は、由良駅からふるさと館駐車場までを走ります。

北栄町と言えば「コナン」ですね♪

由良駅からコナン通りを行き、青山剛昌ふるさと館への道。

ふるさと館ではコナン好きにはたまらない時間を過ごすことができますよ(^^)

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

③三朝町

ルートの詳細

三朝町は、かじか橋からキュリー広場までのルートです。

三佛寺投入堂は、日本とは思えないような景色の場所に建つお寺。

けわしい道のり後の景色は、圧巻です。

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

④湯梨浜町

ルートの詳細

湯梨浜町は、東郷湖羽合臨海公園長和田地区駐車場から、燕鞘園前まで。

湯梨浜町にある羽衣石城は、室町時代に建築されました。

標高372mの場所にあり、絶景が広がります。

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

⑤鳥取市

ルートの詳細

鳥取市は、鳥取砂丘を走ります。

鳥取と言えば、鳥取砂丘ですよね!

日本一大きい砂丘は、まるで砂漠のよう。

鳥取砂丘では、パラグライダーやサンドボード、らくだ遊覧などでも楽しめますよ。

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

⑥岩美町

ルートの詳細

岩美町は、岩美町役場から浦富海岸駐車場までのルートです。

岩美町の名物といえば、かにめし。

味のついたご飯に茹でたカニを混ぜていただく、郷土料理です。

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

⑦八頭町

ルートの詳細

八頭町では、郡家駅から八頭高校までを走ります。

八頭町と言えば「十二世紀梨」が有名です(^^)

梨のタワーが見れますよ!

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

⑧智頭町

ルートの詳細

智頭町は、どうだん広場から智頭中学グラウンドまでを走ります。

智頭町には諏訪神社があります。

古来軍神・鎮火の神として信仰されてきました。

紅葉の名所でもあります(^^)

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

⑨若桜町

ルートの詳細

若桜町は、地域福祉センタードリーミーから若桜町役場までのルートです。

若桜城とも呼ばれる「若桜鬼ヶ城跡」は春秋のハイキングコースにもなっています(^^)

本丸、二ノ丸、三ノ丸、ホウズキ段などの曲輪が石垣とともに残っていて、中でも「行き止まり虎口」、「廊下橋」などは全国的にも珍しく、国指定史跡に指定されています。

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

⑩鳥取市

ルートの詳細

鳥取市は、鳥取県庁から駅前花時計周辺まで。

日本の滝百選にも選ばれた「雨滝」は、古くから修行の場としても有名です。

鳥取カレーや素ラーメンなどのご当地グルメも多いので、ぜひ食べてみてくださいね。

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。

⑪鳥取市

ルートの詳細

鳥取県のラストとなる鳥取市では、布勢総合運動公園からセレブレーション会場までを走ります。

「白兎神社」は、うさぎ好きにはたまらない神社で、神話「困幡の白うさぎ」の舞台にもなった場所。

うさぎをモチーフにしたお守りなども、たくさん売られています。

実際の様子

聖火リレー通過後に追記します。



鳥取県を走るランナーは誰?

最後に、鳥取県を走る聖火ランナーのうち、芸能人有名人の方をご紹介します。

イモトアヤコさん    県からの要請により聖火ランナーを辞退されています。

 

森下広一さん      県からの要請により聖火ランナーを辞退されています。



聖火リレーを見に行くと何かあるの?

聖火リレーが通過する前には、応援グッズ・サンプリンググッズの配布やパフォーマンスが行われ、聖火リレーを盛り上げます。

聖火リレーは約200m交代で繋いでいきます。
トーチからトーチに火を移す行為を「トーチキス」と呼ぶそうで、そのトーチキスをする時にポーズを各々で決めて良いとの事で、交代地点で待ち構えると良いかもしれません。

また、聖火リレー1日の終了地点(5月22日倉吉市は倉吉市営ラグビー場、5月23日鳥取市は布勢総合運動公園・球技場)では、セレブレーションが行われ、聖火を聖火皿に移す儀式も行われるとの事です。
聖火リレーのサイトでは、他にも色々な聖火リレーに関する紹介を行っています。
→ 聖火リレーのサイト(https://tokyo2020.org/jp/special/torch/olympic/about/flow/)



遠隔地に聖火が行くのに、時間的に大丈夫なの?

聖火リレーでは、移動時間が限られているので、次の聖火リレー開催地がいきなり遠い所に飛ぶ事があります。

実際にスケジュール通りに聖火リレーを行った場合、時間的に全てを回るのは無理があります。
この様な事態に対応するために、アテネを出た時点から、聖火には「親の火」と「こどもの火」と灯されています。

遠隔地には「こどもの火」で聖火リレーを行い、各所を回れる様に対処しています。
また、「親の火」と同時刻にはリレーを行わないとの決まりがあり、聖火リレーが1つの火で行われているかのような演出をしています。



まとめ

鳥取県の聖火リレー、ルート・見所・ランナーについてご紹介しました。

鳥取県は鳥取砂丘を始め、自然の見所がとても多い場所。

観光名所もたくさんありますので、ぜひ鳥取県を満喫してみてくださいね!

次の開催地 兵庫県の聖火リレー記事はこちら